デジタルカメラ情報サイト

超広角レンズ「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM」専用リアフィルターホルダー活用術(デジカメWatch)

【デジカメアイテム丼】
換装サービスを利用してND・赤外線・ソフトに挑戦
フィルターホルダーが必要な理由
リアフィルターホルダー換装サービスの概要
フィルターの装着方法
NDフィルターを試す
赤外線フィルターを試す
ソフトフィルターを試す
by 茂手木秀行

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • 匿名
    • 2017年 12月 05日

    昔の魚眼レンズのようにターレットのビルドインにし
    濃度の異なるNDやIRをBTOを選べるようにしたらいい

    • 匿名
    • 2017年 12月 05日

    光学的にはフィルターを置く場所が、レンズで集光された後で、且つ、焦点面に近い程、フィルターにはより高い精度が要求されるから、カラーバランスが悪くてボケが汚いのを解像度だけで押し切っているシグマのレンズの唯一の美点を相殺する結果になってしまうのだが。

      • 匿名
      • 2017年 12月 05日

      であれば、最後部にシートを入れるよりも、5枚目と6枚目の間にビルドインがいいのでは?

      • M-KEY
      • 2017年 12月 06日

      ミラーレス機用ならともかく、一眼レフ用のレンズですから、
      最後面にフィルターを装着しても、センサー面からは40mm以上の
      クリアランスがあるので画質への悪影響は少ない気がします。
      でも、利便性の観点でいえば、後部差し込みでなくビルドイン方式や
      最後部に小径のガラスフィルターが優位でしょう。
      この方式でのフィールドでのフィルターワークは現実的と言えません。

      そのフィルターの位置も気になりますが、型枠が平面で油性マジックで
      なぞるのでなく、クッキーの型抜きのようなカッターにすれば、
      もっと便利になると思います。

        • 匿名
        • 2017年 12月 06日

        > クッキーの型抜きのようなカッターにすれば

        偶にはいい事を言う

      • 匿名
      • 2017年 12月 06日

      >カラーバランスが悪くてボケが汚いのを解像度だけで押し切っているシグマのレンズの唯一の美点を相殺する結果になってしまうのだが。

      ↑ と、使ったことがない人がシグマのレンズをけなしておりますが…

        • 匿名
        • 2017年 12月 11日

        DP Previewとかの評価を総合するとそんあものなのだが。
        英語読めなきゃ、海外の評価はきにせず、自己満足して使ってれば。

      • nroff
      • 2017年 12月 06日

      > クッキーの型抜きのようなカッターにすれば、

      だと本当に助かります。

      Panaの7-14mmを使っていますが、出目金レンズはフィルターがつけられなくて困っています。
      画質的にはベストではないのかもしれませんが、このような機構があるとないとでは大違いです。

    • 匿名
    • 2017年 12月 07日

    後ろにフィルターを付けるとピントに影響があると思うんですが、この程度なら問題ないんでしょうか?

      • 匿名
      • 2017年 12月 11日

      光路の途中に置く光学エレメントは、例え平行平面で光学的な度数はなくても表面精度は光路の前に置く場合より、4倍の精度が要求されるね。
      例えば、天体撮影だとレンズの前玉の前だと表面精度は1/2λで良くても、光路の途中で入れる場合は表面精度は1/8λが推奨だね。天体撮影ではシートフィルターは表面精度の維持が難しいからレンズの前に置くことが推奨だね。
      限界までの解像度や観測精度を要求しない見た目の主観が大事な鑑賞用なら、そこまで神経質でなくてよいという発想なんだろうけど。

        • 匿名
        • 2017年 12月 11日

        絞り込みで回折の影響が出るのとリアにNDフィルターを貼るのと
        どっちが画質に影響するのか?

        • M-KEY
        • 2017年 12月 11日

        フロントフィルターでも光学的には使わないのが理想なんでしょうけど
        限界までの解像度や観測精度よりもフィルター使用によるメリットを
        優先したい時のみに使うのでしょう。
        超広角レンズの場合、最前面が突出していなくて平面フィルターが付けられる場合でも
        周辺部は斜めに入射するので、フィルター内の光路が長くなり解像度が落ちます。
        それなら、前面よりは垂直に近い角度で通過するリアの方がマシかもしれません。
        ターレットのビルドインフィルターとし、メーカーオプションで選択できるのが
        妥協点だと思います。

      • 匿名
      • 2017年 12月 12日

      ピント位置の話なら、シグマはもともとピンずれしてるから大丈夫

    • 匿名
    • 2017年 12月 07日

    http://www.newsshooter.com/2017/12/07/revolva-built-filtration-red-dscm2/
    フィルターといえばこんなネタも

コメントは利用できません。

風景写真家・中西敏貴さんの「プリントを1,000倍楽しむ! with Canon PIXUS XKシリーズ セミナー・体験会」(デジカメWatch)

塀の上の猫は撮るアングルが悩ましい(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ