デジタルカメラ情報サイト

純正スクエア用紙にプリント!「はじめてプリントを楽しむワークショップ with Canon PIXUS XKプリントセミナー・体験会」レポート(デジカメWatch)

【イベントレポート】
女子限定セミナーに筆者も参加 テーブルフォトを撮ってみた
撮る写真はスクエア限定で
女子に混じって筆者も挑戦
スクエアプリントが新鮮! 簡単操作で高画質プリントのXK70/XK50
by 関根慎一

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • 匿名
    • 2017年 12月 11日

    >これまでプリントをしたことがない、あるいはプリント経験が少ないビギナーレべルの女性カメラユーザーを対象として、
    しめしめ、これでまたぼろ儲け出来る。と笑ってるキヤノン

    • ニコン好き
    • 2017年 12月 11日

    LEDライトを内蔵したレンズ ちょっと欲しい気がする。

    • ken
    • 2017年 12月 11日

    【テーブルフォトはボケ味が大事なのでレンズの絞りは絞り解放(3.5)を基準に】
    マクロと言えどもAPS、28mmで3.5でボケ味か。。。
    自然光がいいのでストロボ禁止だけどLEDライトは推奨か。。。
    スクエアサイズのペーパーを用意して1:1指定はインスタを意識してでしょうね。
    四つ切、少なくとも六つ切くらいの方がモニターだけとプリントの違いがわかるような気もしますが。。。
    (そんなプリントサイズはもう存在しないか)
    ちょっとずつですが違和感を感じる爺です。

      • 匿名
      • 2017年 12月 12日

      「絞り解放」なんて書いてると やれやれ初心者か….と思われるよKenじいちゃん。
      「絞り開放」が正しい。原文にはちゃんと「開放」と書いてあるし。

        • ken
        • 2017年 12月 12日

        すみません!タブレット初心者です!

    • M-KEY
    • 2017年 12月 12日

    これはカメラでなくプリンター,それもスクエア用紙主体のキャンペーンですね。
    近接域では28mmF3.5でも充分にボケを楽しむ事は可能、というか
    ボケ過ぎて「肝心な部分がピンボケ」とか「何が写っているかわからない」
    という失敗を防ぐ意味もありそう。
    「EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM」をアピールする場でもあるので
    補助光としてレンズ内蔵のLEDを推奨するのは「アタリマエ」
    しかも、室内照明がメインライトになると色温度の差が問題になるので
    窓際から差し込む「自然光」をつかうという配慮。
    いい企画だと思います。

    • nroff
    • 2017年 12月 12日

    白いボディに黒いマクロレンズに「ええっ?」と思ってしまった。黒ボディ用意できなかったの?
    あるいは白ボディに銀のズームや単焦点でそこそこ寄れるはずだし、キヤノンのブランディングとしてどうなのよ。
    それとも主催がプリンタ事業部で、カメラ事業部のことなんかどうでもいい、ということなのか。

      • 匿名
      • 2017年 12月 12日

      黒いボディも銀のボディもあるが?

      • M-KEY
      • 2017年 12月 13日

      https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1095/105/html/11_o.jpg.html
      にはブラックもシルバーも写っていますね。
      プロ向けのセミナーならマクロにホワイトボディは言語道断でしょうけど
      「ビギナーレべルの女性カメラユーザーを対象」なので
      ホワイトボディはアリというか、むしろ必須なのでは?
      たしかにホワイトのM100にEF-M28mm F3.5マクロは似合っているとは思えませんが・・・

      • nroff
      • 2017年 12月 13日

      逆ですよ。白ボディに銀レンズできっちりコーディネートしたモデルを使ってもらわないと。
      チグハグな色の組み合わせで良しとするイベント企画者のセンスを疑います。

        • M-KEY
        • 2017年 12月 13日

        それなら、イベント企画者でなく、28mmマクロにブラックしか
        ラインナップしない商品企画の方に問題があるのでは?

        • nroff
        • 2017年 12月 14日

        この企画のメインで推したい商品がどれだったのはわかりませんが、
        このイベント程度のテーブルフォトであれば、わざわざマクロレンズを使うまでもないと思います。
        プリンタをアピールしたいのか、M100をアピールしたいのか、交換レンズをアピールしたいのか。

        欲張りすぎて一番大事な「おしゃれなカメラで写真を撮るワタシの素敵なライフスタイル」のアピールがおろそかになったと感じたのでしつこくコメントしています。

          • M-KEY
          • 2017年 12月 14日

          「はじめてプリントを楽しむワークショップ with Canon PIXUS XKプリントセミナー・体験会」
          なのでメインで推したい商品がプリンターなのは明らかです。
          インタグラムによって注目度の高い「スクエア写真」用の用紙と
          EOS M100を便乗させたのでしょう。
          で、EOS M100はレンズ交換式なので、キットレンズの次に売りたいレンズとして
          28mmマクロに白羽の矢という図式で、テーブルフォトがテーマになった。
          こう推測すると納得できます。

コメントは利用できません。

ニコン、MF一眼レフ&レンズのメンテナンスを期間限定で受付(デジカメWatch)

27型4Kという絶妙スペックのフォトグラファー向けディスプレイ「BenQ SW271」(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatarバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 22:15)
    →GSはGWの間違い、645とごちゃってた ところでGX680用のデジパックって一般発売されてた?
  • User Avatarバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 19:34)
    →まさにX使っててサブにAだけどレンズキットしか買わないですよ まさかレンズの使い回しとか考えてるのかな? Kiss に白レンズの大砲付けるような感覚だけど AのキットレンズはXに使おうとは思わないし富士の絵が好きなだけ キャノンやニコンんでも売れ筋はダブルズームでしょう
  • User AvatarM-KEYバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 19:14)
    →もし、Z6よりも安価なFX機が出るなら、24-85mmF3.5-5.6的な軽量コンパクトな キットのみでの発売でも激怒はしません。 不要なら、買った時に店でそのままバラしてレンズのみ売れば良いです。 最低でも3000円くらいで買い取ってくれるハズ。 そうする事で結果的に安価に供給されるなら歓迎です。 D40やD3100はボディのみで買うよりも18-55mm付きで買う方が安く 退役したD100やD200に付けて譲渡した後も、4本の18-55mmを所有しています。 (歴代の18-55mmは通算で7本買っています) これは、子どもたちを対象にした写真教室の教材としてD3100で活用しています。
  • User AvatarM-KEY2億4000万画素の衝撃! ソニー「α7R IV」で最先端核融合炉を激写した結果(ITmedia NEWS)へのコメント(09/15 18:56)
    →駅貼りだと鑑賞距離が近いので、企画段階で高精細を要求される事があります。 撮り下ろしなら、要求解像度に合わせた撮影も検討しますが、 景勝地などで季節の先取りのためにストックを使う場合は拡大補完しており 多くのポスターで細部が潰れているのが現状ですが、経験上は16Mのカメラで 撮影したデータであれば、A1サイズで肉眼で細部が潰れるということはありません。 おそらく150dpiで出力していると思います。 デジタルサイネージでも現状で普及しているのは2K以下でしょうから 長辺が2000ピクセル程度、これは現行のレンズ交換式デジタルカメラで あれば問題ないでしょう。 4Kモニターでも30M級機なら十分ですが、8Kになったら一億画素オーバーが 必要になっていくんでしょうね。
  • User Avatarnroff2億4000万画素の衝撃! ソニー「α7R IV」で最先端核融合炉を激写した結果(ITmedia NEWS)へのコメント(09/15 14:52)
    →> 駅貼りだと300dpiを求められることもあり、 求めているのが広告代理店なのか印刷会社なのかはわかりませんが、 街の大きなポスターに顔を近づけて、300dpi確保してそうな写真なんて見たことないですよ。 ぬるくなった粒子(ピクセル)が普通に見えたり、粗い線数で済ませているのしか見かけません。サイネージも同様です。 > 通常なら96dpiでも実用上の問題はない のですから、なんならPhotoshopで目伸ばしして納品してしまえばいいんですよ。
  • User Avatar雇われ息子@待機任務中2億4000万画素の衝撃! ソニー「α7R IV」で最先端核融合炉を激写した結果(ITmedia NEWS)へのコメント(09/15 14:01)
    →M-KEYさん >駅貼りだと300dpiを求められることもあり、それを一枚写真で必要な場合は超多画素の機材が必要でしょうね。 それが出力できる撮影機材としてはコストは圧倒的に低いですね。 多分一番の売りはトータルコストでしょうか。 撮影時の問題は記事中にもありましたし、ワンショット2億画素も 発売されれば昔のデジバック並みの値段でも買う人はいるのでしょう。 ニーズが少し理解できました。ご返答感謝します。
  • User Avatar雇われ息子@待機任務中2億4000万画素の衝撃! ソニー「α7R IV」で最先端核融合炉を激写した結果(ITmedia NEWS)へのコメント(09/15 13:17)
    →>違う。スタッキングとタイリングの区別がつてないな。 なぜにタイリングというワードが出るのか理解できなかったのですが、 たぶん中判を合成という私の書き方に曖昧な部分があったと思いますので もっと書くと、35ミリフルサイズベースの6100万画素を16枚も使うより 1カット50MP〜80MPの中判、機種は限られてくるでしょうが 80MPでも1ピクセルサイズは中判の方が大きいので、1枚ごとのRAW画像の クオリティはきちんと撮影できていれば中判の方が良いはず。 それを従来の方法、例えばスタッキングソフトで数枚合成を行えば 良いのでは?ということです。 さらに質の良い1枚を作るという意味での話だけになりますが。 >手法も目的も違う。 仰る通り。 このSONYのソフトウェア合成は、単純にスタッキングと画素補完を同時に 行って鮮鋭度の高い2億画素を生成するものだと思ってます。 撮影時にピクセルシフトでずらしたものを合成して画素数を上げる方法は 他のメーカーにもありますし。 私は個人では天体や星景を撮影するような趣味もなく、そのような 仕事の依頼もなかったので、軽く調べて勉強にはなりました。 PhotoShopを使っての複数枚合成の知識ぐらいしかなかったので。 やったこともないのに知ったかぶってんじゃねぇ!と言われれば その通りでございます。ソフトに関してはド素人なもんで。
  • User Avatarバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 13:11)
    →全く同意です。このカメラをサブ用にボディーだけ買うユーザはほとんどゼロに近いでしょう。エントリー専用と思います。 強いて考えれば、子供や奥さんに自分のカメラが欲しいと相談された富士ユーザのお父ちゃんが、ボディーだけ買ってあげて、彼らには既に持っている自分のレンズを使わせるケース。でもまあそれもあまりないでしょうね、高価なレンズを雑に扱われたくないだろうし、やはりその場合もレンズキットを買うんじゃないかな。 ちなみに私はXーT一桁のサブはX-100シリーズにしてます。遠征した時に本番ではT3と画角換算35mmのレンズとしてX100F。夜食事に行く時にはX100Fのみとか。荷物は一眼レフ時代の半分になりました。三脚もジッツオで言えば1型で十分だし。
  • User AvatarネガティブD800ユーザーバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 12:40)
    →>Zの廉価版がレンズキットのみの発売になったら激怒します 自分もニコンユーザーでもありますが、全く共感できないです。 むしろミラーレス化のこの機会にかつてのフィルム時代にあった28-100のような廉価で小型軽量な標準ズームや、DX18-55のフルサイズミラーレス版をキットレンズとして出すべきだと思います。 せっかくカメラ本体は小さく作れるのに、レンズが馬鹿みたいにでかくなっていくのはニーズに合わないと思います。 今後出るであろう廉価モデルにこそ、新しい小型軽量を突き詰めたレンズキットのみで発売し、そのレンズを上位機でも楽しめるようにするべきだと思います。
  • User AvatarネガティブD800ユーザーバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 12:26)
    →これはあくまで僕個人の考えですが、XのT一桁ユーザーとAシリーズユーザーとの間にはある種の壁というか隔たりがあり、行き来は無いように思います。 Aシリーズはあくまでエントリー用の廉価モデルであり、実用のサブ機には成り得ない。 あるいは、そもそも上位機でも十分小型軽量なので、メイン機の他に小型軽量なサブ機を持とうという気が起きにくい、というのもあるように思います。 昔のニコンF3のように、X-T3バッテリーグリップ付きをメイン機として、素のT3やT2をサブにぶら下げる、というような使い方になるのではないかと。 あと、フジの標準ズームはXC16-50を除き基本的にずっしりしておりフロントヘビーになりやすいので、軽量なX-A系は軽量なキットレンズと組み合わせてこそ個性が光るのではないかと思います。 EOS-kissなんて持ったらびっくりしますよ、キットレンズを含めてあまりの軽さに。 あの軽さはキットレンズでなければできないわけですから、「まずはキットレンズで使って」とメーカーが主張するのは理解できますし、そういうセグメントの商品ということです。 上位機と併用する場合でも、例えば18-135付きのT3のお供に15mm(換算22mm)から使える潰しの利く小型軽量ズームレンズ付きって、かなり魅力的だと思いますよ。 僕は仕事で使うならボディはサブでも同じT3にしますけど。
  • User AvatarキヤノンEFレンズをEOS Mに装着 画角もほぼ再現(デジカメWatch)へのコメント(09/15 10:53)
    →単にα7が出たからだと思う。
  • User Avatarトリプルカメラになった「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 10:13)
    →1200万画素に抑えてきた理由。 多眼カメラの今後の可能性。 しかし古い人たちだなあ。。 きっと「フィルムが絶対」って言ってた人たちじゃないかな。
  • User Avatarエレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品なカメラ(デジカメWatch)へのコメント(09/15 05:51)
    →2016年のボジョレー・ヌーボーのキャッチコピーですね。
  • User Avatarkenバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 05:02)
    →【kenさんが想定する「今までの富士ユーザー」ってどんなのなんでしょう?】 例えばxシリーズ持っててサブにX-A7を買おうユーザーです。 逆にフジユーザーがこの件に寛容なのにびっくりしてます。 僕はZの廉価版がレンズキットのみの発売になったら激怒しますよ。
  • User AvatarネガティブD800ユーザーバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 03:43)
    →自分はこのクラスの機種はまず買わないけど、買うとしてもボディのみでは買わないと思います。 X用の標準ズームはこのキットレンズ以外全部持ってるし今度出る16-80も買うつもりですが、このキットレンズも欲しいと思います。 パワーズームだし、従来の普及版標準ズームのXC16-50やXF18-55とは違う世界があると思います。 kenさんが想定する「今までの富士ユーザー」ってどんなのなんでしょう? H1やT一桁シリーズのユーザーなら、この機種とキットレンズの組み合わせは従来とは違う用途になると思われ、このキットレンズはそれに対して従来のレンズよりも効果的な存在になりうると思います。 前モデルのA5ユーザーの買い替え需要の心配をされているのであれば、このクラスのユーザーが新型が出るたびにホイホイ買い換えをするとは考えにくいので、余計な心配かと。
  • User Avatarkenバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 01:04)
    →【このXーA7の場合も、そうした矛盾を防ぐ意味合いもあるでしょうし、 新しいキットズームも使ってほしいというメーカーのメッセージだと思います。】 そんな意味合いないし(逆にキットレンズの価値を下げる?) 現ユーザーに不必要な買い物(ボディのみの差は少ないにしても)を強いる販売方法はあまり感心できません。 家庭の大蔵省に『また同じようなレンズ増やして!』と叱られる可能性も。。。
  • User Avatarkenバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 00:56)
    →失礼! GX680です。GSってググッても出てこなかったけど。。。不勉強で申し訳ない。 フジのデジタルは使ったことないと書いたのでJXは除外して考慮していただけると助かります。 JXだとあんまり稼げないし。 もっと言うとカルディアじゃもっと不十分。 トラベルミニです。 トラベルミニでも物凄い機種があるのでその特定はご勘弁を! (そっちを突っ込まれると思ってました) 情報としては0点どころかマイナスですね。 あんまり意味にない情報だし。
  • User AvatarM-KEYバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 00:52)
    →匿名 : ボディのみを買うよりもキットを買って不要なレンズを売りゃ得するよ ボディ単体よりもキットの方が安い機種もありましたね。 キットとボディ単体を分けるよりも一本化した方が流通や管理のコストが省けるとはいえ 流通在庫ならともかく、それが恒常化なんて、キットズームの原価ってどうなっているんだろう? って疑問でした。 このXーA7の場合も、そうした矛盾を防ぐ意味合いもあるでしょうし、 新しいキットズームも使ってほしいというメーカーのメッセージだと思います。
  • User AvatarM-KEYバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/15 00:45)
    →20世紀の終わり頃にデジタルカメラを使い始めました。 もちろん当時はレンズ一体型機で、アテにならない光学ファインダーは あったものの、通常は背面モニターでフレーミングしていました。 その頃の背面モニターは1.5型態度の小さいモノでしたが、 まだ老眼が始まっていなかったので、特に不自由はありませんでした。 でも、晴天屋外では見づらいのでクールピクスには純正のルーペフッドを使っていました。 今は老眼で、暗所でもEVFなしでの運用は考えられなくなりました。
  • User Avatarバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/14 23:54)
    →680ってGSなのかGXななのか? それともJX? キミのコメントは情報としては0点だね
  • User Avatarkenバリアングル式モニターのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A7」(デジカメWatch)へのコメント(09/14 22:48)
    →いえ、フジのデジタルは使ったことがありません。 680やカルディア、ティアラの愛用者でした。 680では稼がせていただきました。 デジタルパックやめちゃったのはハシゴをはずされた? あんまり高いと買えないけど。

アーカイブ