デジタルカメラ情報サイト

ソニー、APS-C高倍率ズーム「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」を国内発売(デジカメWatch)

高速追従連写や動画撮影にも対応するAF機能

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 1月 16日

    Fujinon 18-135/F3.5-5.6は4枚もの非球面レンズを使っている。それに比べこのソニーは非球面は1枚。

    おなじ性能だったらソニーを褒めねばならないが、Fujinonがずっとよかったら、Fujiを賞賛しなければならない。
    どうなんだろう?

    まあ、希望小売価格はFujinonが124,000円に対し、ソニーは80,000円なので、同列に比べるべきではないでしょう。

      • 匿名
      • 2018年 1月 16日

      非球面レンズの枚数で性能が決まると思っているのは初心者 w

        • 匿名
        • 2018年 1月 16日

        特殊硝材や非球面レンズを使わない方が生産性がいいから
        それらを使わず同じ性能が出せるにこしたことはない。

        • 匿名
        • 2018年 1月 17日

        だって、非球面レンズの方が高価なんでしょう。それを採用する理由があるはずですよね。

        だから、「おなじ性能だったら….」と言っているじゃないですか。非球面レンズの枚数で性能が決まると思っている初心者だったら、「おなじ性能だったら….」とは言わないはずでしょ。よく読み解いてください。

    • 匿名
    • 2018年 1月 18日

    http://asobinet.com/info-review-e-18-135mm-f3-5-5-6-oss/
    ソニーE 18-135mm F3.5-5.6 OSSは広角側のRAWで四隅にケラレが発生する【海外の評価】

    18mmで撮影したRAWファイルを確認するとAPS-Cのイメージサークルをカバーしてないことが分かる。これは後処理により完全にケラレが無くなるものの、ディテールは犠牲になっている。

    いくら安価で小型軽量でもこれはやっちゃいかんと思うの。
    デフォでケラレとかwww

      • 匿名
      • 2018年 1月 18日

      Jpegと比べればわかると思うけど、これのRAWだと16mmくらいの範囲で写ってる。
      これを画像処理で18mmにおさめてるわけで、湾曲補正もオフにできないし対応した
      RAWエディターなら補正された画像で18mmとして処理ができる。
      ディティールに関してそう極端に犠牲になってるように見えないし、場合によっては他の収差は
      軽減されている可能性もある。
      ということでデジタルのミラーレスなんだからこれはこれでいいのでは?

        • 匿名
        • 2018年 1月 18日

        RAWで16mmの範囲写っててJPEGで18mmってことは、トリミングと引き延ばしでJPEGが作られてるってことだぞ?
        基本的にRAWとJPEGの画素数がほぼ同じってことは、これは画像が劣化することを意味する。
        光学機器メーカーとしての自負心のかけらもない所業だろこれは。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

富士フイルム、デジカメ用ACアダプターの一部を無償交換(デジカメWatch)

AF対応マウントアダプター「LM-EA7」がソニーα9・α7 IIIで使用可能に(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ