デジタルカメラ情報サイト

写真表現に注力した新ハイエンド機 その実力は?――LUMIX G9 PRO(デジカメWatch)

【新製品レビュー(実写編)】
by 藤井智弘

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (84)

    • じじかめ
    • 2018年 1月 23日

    いくら頑張っても、マイクロフォーサーズはメインカメラにはなり得ない。

      • 匿名
      • 2018年 1月 23日

      サブでもいいじゃん。
      俺、フルサイズ一眼レフとの併用でE-M1II使ってるけど、マイクロフォーサーズの方が出番多いよ。

      • 匿名
      • 2018年 1月 23日

      それは人それぞれ

      • 匿名
      • 2018年 1月 23日

      かつて自分もそう思ってたのだが、つい気楽に持ち出す事が増えるうちマイクロフォーサーズメインになってしまったよ。

      • 匿名
      • 2018年 1月 23日

      旅行には防塵防滴のマイクロフォーサーズ機を持っていく。
      散歩のお供はフルサイズミラーレス機だ。
      使い分けている。

      特定のフォーマットをけなすやつが居るが きっと心が歪なんだろうな(笑)

      • 匿名
      • 2018年 1月 23日

      何をもって「メインカメラ」と言うか、定義を共通にしなければ全くかみ合いませんぜ!

      森山大道のメインカメラは一時期リコーGRだったような覚えがある。これもある意味メインカメラでしょ!

      • 匿名
      • 2018年 1月 23日

      フォーマットサイズに合わせた適所適材の使い分けが上級者の使い方。
      ニコン好き見ればわかるだろ。フルサイズ使っても女子高生のスマホ写真以下のしか撮れないわけだから。

        • ニコン好き
        • 2018年 1月 23日

        ふん!そりゃ技術も知識もないけどね。
        写真は道楽で撮ってるだけ
        旅行に出番が多いのは、ソニーDSC-RX100M3が多いなあ~
        1インチ機だけどヨーロッパに持って行った。

          • 匿名
          • 2018年 1月 23日

          海外旅行は一眼レフ禁止だもんねw

          • 匿名
          • 2018年 1月 23日

          道楽で撮ってても上手い人は大勢いる。
          そもそも、ちょっと記念に写真撮るならスマホで済むところを専用のカメラを使う時点で、スマホで済ます層より通常はましな写真を撮るもの。
          ニコン好きの場合は、写真を撮るとは言わない。単なるカメラいじりというのだよ。

          • 匿名
          • 2018年 1月 24日

          脳内旅行に脳内所有のカメラを持っていく!
          素敵な人生だなぁ \(^_^)/

      • 匿名
      • 2018年 1月 23日

      バイクの世界のCBR250RRみたいな存在だな。。。

        • 匿名
        • 2018年 1月 23日

        上手い事言うなぁ。
        フォーサーズが250ccなら
        APS-Cは400cc、35フルはリッターバイク
        1インチは125cc、ニコワンはギア付きの原二だね。

          • 匿名
          • 2018年 1月 23日

          私は最後に選ぶのはセローだね。

            • M-KEY
            • 2018年 1月 24日

            理想はトリッカーにセローのタンク、シェルパのエンジンですが
            どれも新車で買えなくなったのが・・・

            • 匿名
            • 2018年 1月 24日

            歳取ってセローはないな。
            近所の散歩ならいいけど、ツーリングをオフでやるのは若くて体力ある時だけ。

            まともに走るなら大型が一番いいよ。
            自分は50近いが一週間程ツーリングに出ることもあるから今は大型以外の選択肢はなくなった。

            • 匿名
            • 2018年 1月 24日

            高速ツーだと大型以外は考えられない

            しかしタイヤ代が。。。

            下道なら150で十分、っていうか軽い方が楽

            • 匿名
            • 2018年 1月 24日

            >まともに走るなら大型が一番いいよ。

            バイクも色々で、そんな長距離ツーリングの用途ばかりじゃないですよね。
            例えば高速なんかも滅多に乗らない、基本近場への日帰りツーリングを趣味にしている人からしたら大型バイクは過剰性能でしょう。
            カメラでも同じですけど、自分の使い方は皆の使い方と言う決めつけはしない方がいいですよ。

            • 匿名
            • 2018年 1月 24日

            近場なら小型でもいいと前置きは書いてるんだけど
            バイクは小型が良いって話をする人の多くは昔のイメージだけが多く
            実際に今の大型乗ってみた事ない人が多いからこの手は気になるから書いたまで。
            ずっとバイクに乗ってての実感だけど年寄りが言うほど年取ったセロー乗りなんて見ないからね

            • 匿名
            • 2018年 1月 24日

            おじさんライダーはハーレーなど大型バイクというイメージだが
            イーハトーブやハンターカブに乗っているジジイも多い
            というか、若い奴でバイク乗りが滅法少ない

            • 匿名
            • 2018年 1月 24日

            >年取ったセロー乗りなんて見ない

            先入観が過ぎやしませんかね?
            まあこれはセローに限った話じゃないですが、ああいうタイプは大型軍団のように群れてるのあまり見ないから目立たないだけでは?

            • 匿名
            • 2018年 1月 24日

            先入観もなにも20年以上乗ってきてる実際の印象だけど
            ツーリングも高速ばかり走るわけでもなくキャンプ場とか含めての感想だけど

            逆に大型は過剰とかそういう意見は先入観ない意見なのかね?

            • M-KEY
            • 2018年 1月 24日

            私の場合、バイクはあくまで小回りを優先したい時や
            クルマで行けない(かもしれない)場所への移動手段です。
            そういった用途なら軽量なデュアルパーパスモデルが最適で
            若い頃はTLM200Rを持っていましたが、さすがに居住性が皆無で
            舗装路だと一時間走るのも少し辛く、10年ほどで手放しました。

            最近の車種では、トリッカーが一番希望に近いのです。

            • 匿名
            • 2018年 1月 24日

            まぁ確かに趣味の乗り物なんだから例え近場でも大型は過剰という言い方は正しくなかったので訂正します。
            ただ、私のバイク選びはカメラ背負って被写体探しという使い途で、悪路でも躊躇しない軽快なバイクを選択するスタイル続けてきたので、そういったスタイルを否定的に書かれていると感じて反応してしまいました。
            完全にスレ違いですのでこの辺にしておきます。

            • 匿名
            • 2018年 1月 24日

            ワシは1300のロードと250のオフ車乗ってるけど、例えば狭い道で、ん!?何だ今のは?てものに遭遇しても大型じゃUターンする気にもなれんわ。
            高速移動が楽なのは間違いないがあの図体だからな。
            撮影の相棒にするならちょこまか出来る軽い奴に限るよ。

          • 匿名
          • 2018年 1月 24日

          スマホはスクーター、タブレットはビクスク

          • 匿名
          • 2018年 1月 25日

          昔の大型は重たいエンジン積んで小回り効かない取り回し大変というのイメージがあると思うんだけど、今の大型は中型とそれほど大きさは変わらず多軸ジャイロ、アシストスリッパークラッチ、電子制御に加えて極太ハイグリップタイヤで安全を担保するというスタイルが主流。つまりハイパワーなのに安全、安定、快適。

          唯一の欠点は維持費が高い事!バイクの性能を活かすような乗り方をすると年に何度もタイヤ交換が必要になる。しかもタイヤが高い。。。

            • M-KEY
            • 2018年 1月 25日

            私が若い頃の400ccよりも軽量な200kgそこそこのリッター級バイクも多いですが
            さすがに250cc車(100kg台前半)の大型バイクはないのでは?
            自分の体重の2倍を越えると、降車時の取り回しはキツくなります。
            TLM200Rを買ったのは整備重量が100kg切りと、125cc車よりも軽量というのが理由でした。

            で、ハナシをG9 PROに戻すと、250ccなのに200kgを越えたフォルツァやマグザムみたいです。
            どっしりした乗り心地や見栄えは求めるが、免許や維持費の関係で250cc以下にしたいなら
            他に選択肢はないんですけど、取り回しの良さは期待できません。
            G9 PROもいいカメラなんでしょうけど、MFTならではの取り回しの良さは無さそうです。

            • オイオイ
            • 2018年 1月 25日

            はじめに
            >CBR250RRみたいな存在だな。。。
            とあるんだが?

            • 匿名
            • 2018年 1月 25日

            そうなんですよね。
            大型=重くて扱いにくい なんてイメージはCB750とかせいぜい忍者くらいまでの印象だけで語ってる感じ。
            大型乗った事もなく、昔乗ってた250のレプリカやオフのイメージそのままって人が多いですね。

            維持費もトータルで見るとそこまで変わらないのでは?
            燃費や消耗品はさすがにかかりますが、10年乗っても劣化が少ないので乗り換えが減って自分の場合は逆に安く上がってます。

            取り回しも実際やってみるとそこまで重くはない。
            当然重いバイクは軽いのに比べると押し出しは重いけど、持ち上げるわけじゃないんで平地で動き出せば片手でもいける程度。
            ツーリング時400kg近くなる1300ツアラーに乗ってるけど、70kg程の自分で取りまわしに苦労したことはないからね。

            • M-KEY
            • 2018年 1月 26日

            >>CBR250RRみたいな存在だな。。。
            >とあるんだが?

            すみません、具体的な車種でなく「250ccクラス」と脳内変換していました。
            CB250RRの重量が165kg、これくらいの重量なら平地での取り回しは問題ないのですが、
            ガレージの入り口がスロープだと厳しいかも?
            若い時は200kg超でも、ひき起すのは簡単でしたが、
            最近は150kgくらいでもツラいし、センタースタンドも気合が要ります。
            立ちゴケしそうになっても200kg級だと挽回できる自信がありません。
            それならバイクに乗るな!って言われそうですけど・・・

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            取り回しも引き起こしも力だけでやるんじゃなくて半分以上は要領でやるもの。
            昔の技術も知識もない記憶だけで間違えるリターンライダーによくあるパターン。

            乗るなと言わないどころか自分の思い込みだけで語るならちゃんと乗って理解してから語ってくれと逆に思うよ。

            • M-KEY
            • 2018年 1月 26日

            >取り回しも引き起こしも力だけでやるんじゃなくて半分以上は要領でやる

            そんなことは三十年くらい前に理解しています。
            20代の頃は200kg超のバイクを転がしていました。
            加齢による身体能力の低下もあるのですが、
            若い頃でも、軽量なバイクの方が扱いやすく気軽に乗れました。
            バイクしか移動手段がなければ別ですが、200km以上の距離だったり、
            暑かったり、寒かったり、荷物が多かったら迷わずクルマを使います。
            バイクの方が便利だと思える場合にバイクを使う=クルマとの相互補完です。
            これはカメラと同じです。
            なんどきでも35mmフルの一眼レフを使うのでなく、撮影対象に合わせて
            適材適所で使い分けをする方が得策だということです。

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            平行線だから言っても仕方ないと思うけど、それは理解してるつもりだとおもうんだけどね。
            昔軽いバイクを選んで実際に大型乗ったのか?今の大型乗ってみたのかって全然別の話しでしょう。
            言ってみれば原付でそこらを走ってるからバイクは十分理解出来てると言ってる様なもんで、自分で言うように機材によって乗り方も違えば用途も変わる。

            そもそも近場なら小型でもいいと最初に書いてるし、足代わりじゃなくてちゃんと乗るなら大型がいいと書いたのだけど。

            • M-KEY
            • 2018年 1月 26日

            >私は最後に選ぶのはセローだね。
            に対して
            >理想はトリッカーにセローのタンク、シェルパのエンジン
            と、この時点で「一週間のツーリング」なんて条件外です。

            限定解除を目指して、あえて重量級の400ccの乗っていたけど
            クルマを持ったら、大型バイクの必要性を感じなくなって
            クルマでまかなえない部分をバイクで補完するようになりました。
            そのクルマも、人によっては「4000ccV8以上がいいよ」
            なんていう人が居そうですが、遵法運用で取り回しも含めた
            トータルバランスでは、BC〜Cセグメントがベストだと考えています。
            (そのクラスの国産車の選択肢が減っているのが不満です)

            個人的には
            「歳取ってバイクでのツ−リングはないな。
             近所の散歩ならいいけど、バイクでツーリングに行くのは若くて体力ある時だけ。
             まともに走るならクルマが一番いいよ。
             自分は50越えたが、200km以上走るときはクルマ以外の選択肢はなくなった。」

            という感じですね。

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            大型に乗ってから自分の用途とか、必要性とか色々気付いて250以下の軽快バイクに回帰してる人も結構いるぞ。

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            高速道路料金、もう少し二輪が優遇されても良いと思うは俺だけか?あと高速走れるバイクはETCを綺麗に車載できるように設計してくれ!今のETCは不恰好で嵩張るし値段も高すぎる。

        • 匿名
        • 2018年 1月 25日

        排気ガス汚いし 騒音ははた迷惑。なんでこんな乗り物に夢中になる輩がいるんだろうね。
        自分さえ気持ちよければ….という種類の迷惑族だ。

          • 匿名
          • 2018年 1月 26日

          通行の邪魔になるしどこにでもカメラ向けてはた迷惑。なんでそんな事で夢中になる輩がいるんだろうね。
          自分さえ気持ちよければ….という種類の迷惑族だ。

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            そのうち珍撮団とかいう言葉ができるかもねっっっf

    • 匿名
    • 2018年 1月 23日

    フルサイズだろうがフォーサーズだろうが、自分で撮って自分の目で確かめてみれば、画質=イメージャーのサイズ、ではないことぐらいすぐに分かる。それを、ヒエラルキー付けたがるヤツはクズのクソ、存在を許してはならない、早く死んでもらいたい。

      • 匿名
      • 2018年 1月 23日

      心酔してるとこに悪いけど、世代が同じなら、画質=イメージャーのサイズはおおむねあってるだろ。いい写真=イメージャーのサイズじゃないってならまだわかるけど。

        • たで
        • 2018年 1月 24日

        ま、鑑賞サイズという制限を取っ払えば、そうかもしれませんね。
        しかし、鑑賞のサイズと画面の解像度、および人間の目の分解能で
        フィルターされている状況で素子サイズで生じる差は有意ですかね。

          • 匿名
          • 2018年 1月 24日

          何もとっぱらわなくても、高感度画質の差はかなり小さい観賞サイズから一目瞭然、有意の差だろ。高感度はいまや特殊撮影じゃないしね。

          • nroff
          • 2018年 1月 24日

          夜景はあまり撮影しませんが、m4/3はシャドウ部のノイズ・階調について、それなりに気をつかわなければならないのは事実ですね。

          最新機種はかなり良くなりましたけどね。

          • たで
          • 2018年 1月 25日

          ご丁寧な指摘ありがとう。画面出力での解像度の制限もあることだし、
          指摘の事項を注意すれば画面鑑賞で差は顕著にならないということで。

          勿論、見えない部分の解像度他のオーバースペックが写欲に繋がったり、
          差がどうしても現れ易い被写体を狙っているので、m4/3はちょっとね、
          というのは機材選びとしてはありでしょう。

      • 匿名
      • 2018年 1月 24日

      おれ、自分の目で確かめて、イメージャーサイズで画質の差があると思ってるんだけど、グズのクソと言われて早く死にきゃならんのかね? フォーサーズ好きなひとって、なんか攻撃的な人多いよね。

        • 匿名
        • 2018年 1月 24日

        いやいや ニコン好きほどでは….w

          • 匿名
          • 2018年 1月 24日

          ニコン好きはアレだけど、死ねとかグズとか言うような攻撃性はないだろ。

        • 匿名
        • 2018年 1月 24日

        軽自動車乗りが、やたらムキになりやすいのと似てるよね、
        マイクロ4/3ユーザーって。

          • 匿名
          • 2018年 1月 25日

          Lexus RC350に乗っているが、セカンドカーの鈴木ジムニーも遊びで良く乗ってるけどな。遠出をするときはLexusだが、都内をちょこまか走ったり一昨日の様な大雪とかの時はジムニーだな。適所適材だよ。

      • 匿名
      • 2018年 1月 24日

      違いあるだろ。
      分からないなら、それはそれとも構わないが。

      • 匿名
      • 2018年 1月 24日

      これは無理がある。
      イメージャーサイズなりの性能差は確実に存在する。
      だが、本当に言いたい事はそれがどうしたって話なんだろ?
      差はあっても自分の作品作りには何の問題もないと感じるならば、センサーサイズなりのメリットを最大限活かす使い方を探っていけば良いのだ。

        • 匿名
        • 2018年 1月 24日

        その好意的解釈も無理すぎだろ。
        あんたも確実に差があると言ってる以上、彼にとっては存在を許してはならないグズのクソなんだよw

          • 匿名
          • 2018年 1月 24日

          じゃあ全てのデジカメブランドはおしなべてクズのクソって事だね。
          イメージャーサイズなりのメリット、デメリットを謳ってるから。

    • 匿名
    • 2018年 1月 25日

    フルサイズは銀塩時代にアマチュアにはほぼ万能用途的な存在だった35mm判一眼レフの流れをくむから、比較的手の出る範囲で最大の画面サイズだから、何でもフルサイズがいいというものではない。
    用途によっては、マイクロフォーサーズの方が画質も含めて優位に立つ場合がある。
    一つは接写。画面が小さいから容易に等倍の接写倍率が得られ、且つ、同じ接写倍率ではフルサイズよりもワーキングディスタンスを取れるので、ライティングや三脚やスタンドの使用でも有利になる。オリ、パナ用のストロボのTTL調光はニコンと並んで優秀なので、純正マクロストロボで何も考えずにTTL調光任せでも殆ど失敗なくとれる。被写界深度が深いので、フルサイズよりも絞りをあけられるので、環境光で撮る場合でもブレの影響が少ない。
    顕微鏡撮影や天体望遠鏡に接続して使う用途では、元々被写体が小さく画面上に数ミリ程度の大きさにしか写せない場合は、フルサイズ使ってもトリミング必須なので、最初からトリミングが少なくて済むマイクロ4/3にメリットがある。例えば、ミニBORG55FLにオリのE-PLやパナのGMと接続したものは、ケンコースカイメモTに楽勝で載せられるから、これでオリオン大星雲を撮ると簡単にフルサイズに400mmの望遠でがっしりした赤道義に載せて撮った物に匹敵する物が撮れる。特に赤道義で追尾する場合は感度をあまりあげる必要もないからマイクロ4/3の高感度の弱さもあまり問題にならない。銀塩時代だってこういう小さくしか写せない場合には、科学的な観測用途でもオリの銀塩Pen
    Fとかフィルム送りをフルとハーフに切り替えられるミラックスラボレックとかが使われてた。
    一方、フルサイズというか画面が大きい方がいいのは、風景での遠景描写。同じ画角で相対的に長い焦点距離=口径の大きいレンズを使うから遠景分解能で有利。それと高感度特性の良さを生かした暗所撮影。更には、ポートレートで浅い被写界深度を生かして表現の幅が得られること。暗所撮影の有利点からカメラ用レンズを使った星景撮影。
    要は適所適材ってこと。だから、ポートレでバックのボケの為にくそ高い口径比F1.2のレンズをマイクロフォーサーズで使うのはバカバカしいし、高山植物を現場で撮るのにワーキングディスタンスの短さで自分の影に被写体が入るとか花以外は皆ボケボケになるなってしまうのに無理にフルサイズで撮るのもバカバカしい。それから、天体望遠鏡のリレーレンズ法による拡大撮影で合成焦点距離4mにしても画面上で1mmちょっとの大きさにしか映らない太陽系惑星の撮影にフルサイズ使うのもバカバカしい。

      • M-KEY
      • 2018年 1月 25日

      大変有意義なコメントなので、保存させていただきました。

      「35mmフルのレンズラインナップが充実しており、現時点ではボケ量においても中判よりも優位」
      も付け加えさせてください。

        • 匿名
        • 2018年 1月 25日

        だからセンサーサイズに不相応な高画素にせずにオールドレンズのアラが出ない程度の画素数でシンプルな35mmフルサイズ機を出して欲しい

          • 匿名
          • 2018年 1月 25日

          リサイズするかSとかMのサイズで撮るとかでいかんの?

          • 岩清水
          • 2018年 1月 26日

          ニコンDfは?

          • 匿名
          • 2018年 1月 26日

          とりあえず現状での最適解はα7系列で画素数小サイズ選択+各種アダプターかな。
          無印7ならオールドレンズ選び放題で安いよ。

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            電子接点付きのアダプターが使えるとはいえαは純正レンズのラインナップが弱すぎるからなぁ。。。だからこういうカメラを煮込かキヤノが出さんかなぁと思うわけよ

            • M-KEY
            • 2018年 1月 27日

            >αは純正レンズのラインナップが弱すぎる

            魚眼とシフト、超望遠単焦点以外は十分だと思いますが
            具体的に、何が不足なんでしょうか?

          • 匿名
          • 2018年 1月 26日

          まさにニコンDfでは?

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            Df良いけど選べるオールドレンズが…

          • 匿名
          • 2018年 1月 26日

          あんたが低画素を望むのは勝手だが、センサーサイズに相応な一定の画素数なんて幻想だろ。中判だってどんどん増えてどれが相応かわからないし、画素が増えて画質が低下する時代でもない。

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            だったらマイクロフォーサーズで十分という話なるのでは?

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            >だったらマイクロフォーサーズで十分という話なるのでは?

            ぜんぜんならねーよw

            • 匿名
            • 2018年 1月 26日

            それがさ、最後は1フォトン1単位となったところで終わりなのよ。
            現状でも高画素だと14bit分を満足するフォトンが取り込めないんだから、高画素化による画素ピッチの縮小、つまりは1画素の面積がある程度小さくなった段階でそれ以上は無理になるわけ。これがオリンパスの偉いさんが言った物理的限界なわけだが、バカな輩はマイクロフォーサーズのセンサーサイズが小さいことが物理的限界だ!と曲解したりした。いずれにしろ、もう限界はそこまで来てるんだよ。

            • 匿名
            • 2018年 1月 27日

            曲解と言うが、現在レンズ交換式で一番画素ピッチが狭いのは、後継が長くでてないニコワンペンタQを除けばm43なんだから、あながち間違いでもあるまい。

            • 匿名
            • 2018年 1月 27日

            >もう限界はそこまで来てるんだよ。

            何年も前からもう来るって聞くけど、いつになったら来るんだよ? 画素ピッチがいくつになったら終わりなんだよ?w

            • 匿名
            • 2018年 1月 27日

            >現在レンズ交換式で一番画素ピッチが狭いのは、後継が長くでてないニコワンペンタQを除けばm43なんだから、

            目くそ鼻くそ

            • 匿名
            • 2018年 1月 27日

            >もう限界はそこまで来てるんだよ。

            今時の高画素機は大三元でもサンニッパと比べると明らかに甘いのがわかるからセンサーもそうだろうけどレンズだって対応しきれてない、だからと言ってセンサーに見合った大三元を作るとレンズがデカくなりすぎてバランスが悪くなる。フォーマットの限界もそこまで来てるんじゃないかな?

            • 匿名
            • 2018年 1月 27日

            >今時の高画素機は大三元でもサンニッパと比べると明らかに甘いのがわかるから

            それは従来の低画素センサーではサンニッパは解像の限界を越えていて、今時の高画素センサーでようやく真価を発揮できたと言えるんじゃないのか? 大三元と言えどズームなんだから。

            高画素だからといってすべてのレンズで高解像である必要はなく、レンズを選んでここぞというときに力を発揮できればいい。たとえアラがわかるレンズを使っても、そのアラさえわからない低画素センサーに劣るわけではない。

      • 匿名
      • 2018年 1月 25日

      普通車 フルサイズ
      軽自動車 フォーサーズ

      と置き換えても成り立つ論理だな(笑)

      • 匿名
      • 2018年 1月 25日

      「同じ接写倍率ではフルサイズよりもワーキングディスタンスを取れる」

      の意味がちょっとわからないんですけど。

      例えば画角ではフルサイズの100mmがマイクロフォーサーズだと50mmとなり、このとき同じ撮影倍率だとマイクロフォーサーズの方がワーキングディスタンスは不利になります。

      ただし撮影範囲で言えばフルサイズの等倍はマイクロフォーサーズの2倍に相当するので、「フルサイズ換算倍率」をそろえると、マイクロフォーサーズはもっとワーキングディスタンスが取れます。ここでフルサイズと逆転するかですが、センサーサイズの同じフォーサーズのズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro(0.52倍、換算1.04倍)では確か逆転しなかったはずなので、換算倍率で考えてもやはりマイクロフォーサーズが不利なような気がします(うろ覚えなので勘違いだったらごめんなさい)。

      どういう条件で、マイクロフォーサーズの方がワーキングディスタンスを取れると言われるのてしょうか?

        • 匿名
        • 2018年 1月 25日

        > どういう条件で、マイクロフォーサーズの方がワーキングディスタンスを取れると言われるのてしょうか?

        既に長文になっていたので、文章を端折ったので確かにおかしな表現になっていた。
        正しくは、マイクロ4/3では同じ接写倍率では、鑑賞サイズをそろえた場合には、2倍の大きさで写せるので、同一鑑賞サイズで大きさをそろえる場合、より離れて撮れるのでワーキングディスタンスを稼げると書いておくべきだった。M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroを使う場合は、同一鑑賞サイズで大きさをそろえる場合には、フルサイズの120mmマクロ相当になるが、フルサイズの120マクロの半分の焦点距離なので同じ撮影距離でも被写界深度が深く、被写界深度が紙のように薄くなりがちな接写では花や植木や盆栽といった立体物を取る場合有利である。

          • 匿名
          • 2018年 1月 26日

          回答ありがとうございます。ということは、「同じ接写倍率では」という意味はわたしの言うフルサイズ換算倍率を揃えた場合のことで、実際の倍率1/2で済むマイクロフォーサーズの方がワーキングディスタンスが取れるということですね。

          しかしマイクロフォーサーズは同画角の焦点距離が半分なため、等倍同士でのワーキングディスタンスはフルサイズよりかなり短くなっており、1/2倍で済むからといって逆転できないんじゃないかというのが、先に書いたわたしの推察でした。

          M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroは等倍のデータしかないので、最大倍率がほぼ1/2倍のズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macroの例を出しました。これは換算1.04倍なので厳密な比較ではありませんが、多くのフルサイズ100mmの等倍よりワーキングディスタンスを取れてなかったので、フォーサーズは比写界深度の深さと引き換えにワーキングディスタンスでは不利で、それはマイクロフォーサーズでも同様だと思い込んでいました。

          M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroの1/2倍でのワーキングディスタンスのような、具体的データはお持ちではないですか?

            • 匿名
            • 2018年 1月 31日

            回答はないようですね。「(マイクロフォーサーズは)同じ接写倍率ではフルサイズよりもワーキングディスタンスを取れるので、ライティングや三脚やスタンドの使用でも有利」という情報は、実際のデータや撮影体験に基づいたものではものではなかったのでしょう。ここはむしろ、マイクロフォーサーズが不利な点になるんだと思います。

            • 匿名
            • 2018年 2月 01日

            たいへん有意義だから保存、なんて持ち上げてた人もいたのに、お粗末なオチだったね。

      • 匿名
      • 2018年 1月 25日

      つまり、接写でマイクロフォーサーズはライティングや三脚やスタンドの使用で不利で、高山植物を撮るのに自分の影が入るからバカバカしいってこと?

    • nroff
    • 2018年 1月 25日

    最近の各社の動きとして、一眼レフもミラーレスも小センサーも大センサーも
    「万能機」になることを目標に、技術開発・製品投入していますからね。

    「適材適所」で仲良く棲み分け、ニッチを確保して生き残り、なんてことはだれも想定してないと思いますよ。

    次に消えるカメラメーカーはどこになるか……。生き馬の目を抜く世界です。

    • 匿名
    • 2018年 1月 26日

    回答ありがとうございます。「同じ接写倍率では」という意味はわたしの言うフルサイズ換算倍率が同じ場合のことで、実際の倍率1/2で済むマイクロフォーサーズの方がワーキングディスタンスが取れるということですね。

    しかしマイクロフォーサーズは同画角の焦点距離が半分なため、等倍同士でのワーキングディスタンスはフルサイズよりかなり短くなっており、1/2倍で済むからといって逆転できないんじゃないかというのが、先に書いたわたしの推察でした。

    M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroは等倍のデータしかないので、最大倍率がほぼ1/2倍のズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macroの例を出しました。これは換算1.04倍なので厳密な比較ではありませんが、多くのフルサイズ100mmの等倍よりワーキングディスタンスを取れてなかったので、フォーサーズは比写界深度の深さと引き換えにワーキングディスタンスでは不利で、それはマイクロフォーサーズでも同様だと思い込んでいました。

    M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroの1/2倍でのワーキングディスタンスのような、具体的データはお持ちではないですか?

      • 匿名
      • 2018年 1月 26日

      二重投稿失礼しました。

コメントは利用できません。

クラシカルな味わいのレンズと伊豆を旅する――安達ロベルト×NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount(デジカメWatch)

iOS 11の写真/動画形式「HEIF」と「HEVC」。従来とは何が違う?(AV Watch)

最近のコメント

  • User Avatarnroff豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/28 00:18)
    →カラーセンサーで色情報取得、(フィルターなしの)モノクロセンサーで高感度の明暗情報取得、は初期(ライカ搭載の初代)のモデルですね。今は全部フィルターありのはず。 最新機種は(透過度の高い)イエローのフィルター採用だった気も。
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 23:53)
    →スマホに付けられたらおもしろそう
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 23:45)
    →HUAWEIのはカラーと別にモノクロセンサーも載っててカラーフィルターがないはず。
  • User AvatarM-KEY最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 23:30)
    →誰にでも「あら探し」ですね。 使うボディにもよるでしょうが、50mmF1.4のような単焦点は カップリング式からAF-Sに替えたら「AFは圧倒的に早い」と感じるのは 間違いではないと言っていいでしょう。 それにAFのスピードはレンズの駆動速度そのものだけでなく、 「ウォブリング」も含めて評価する必要があります。
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 22:58)
    →安いのあるよ。 https://www.monotaro.com/g/01218434/
  • User Avatarken最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 22:21)
    →16-35も早いとは言えないなあ。 いずれにしろ圧倒的という表現は正しくないということ? 大丈夫か?ネコ写真家。 まあカメラマンじゃなくミラーレスとスマホばっかりで一眼レフが久しぶりっていうライターだからね。こういうライターってどうも信じられない。(個人的感想)
  • User AvatarM-KEY最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 22:04)
    →なるほど、AF-Sのマイクロは使ったことがないので知りませんでした。 フォーカシングでの移動エレメントが重いカップリング式よりも遅いとは意外。
  • User AvatarM-KEYD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 21:47)
    →EOS 20DとかEOS-1Dmk2の頃は、新しくカメラを買う度に 全部のレンズとボディをサービスステーションに送っての調整が必要でした。 その後、カメラのカスタムファンクションにピントの微調整の項目が追加され、 ポストビューと見比べながら自分で調整できる様になり、今はライブビュー出力を 使った微調整も可能になったのですが、それも撮像センサーで測距するミラーレス機 では不要となり、精度やスピードもα9IIでは問題のないレベルに達している訳で ソニーがTLMのAマウント機に積極的でないのもわかる気がします。
  • User AvatarネガティブD800ユーザーD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 21:42)
    →なるほど。 外部デバイスでのAF制御の補助はいつかやるべきではと思っていましたが、すでに始めているメーカーもあるのですね。 特に暗所に弱いデジカメはアクティブ方式の併用が有効だと思っていたので、納得です。
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 21:13)
    →これより安いモノクロ専用機は存在しない? これより高いモノクロ専用機はニコンDS-Qi2とフェーズワン
  • User Avatar最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 21:11)
    →> でも、少なくとも現行のAF-Sレンズでカップリング式AFより遅いレンズはないのでは? マイクロニッコールは60mmでも105mmmでも、旧タイプのAFカプラー式をD1桁ボディで使った方が速い。
  • User AvatarD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 21:07)
    →> それは「きちんと調整済」であることが前提ですが、世の中には必ずしもベスト > に調整済みでないカメラがそれなりに存在するようなので。 その調整とは光路長と光軸のスケアリングのことを言っている(用語を理解してないからそういう抽象的な表現なんだろうが)のだろうが、その調整が今は銀塩一眼レフの全盛期の1980~90年代とは今は調整装置の進歩で楽に高い精度で出来るようになっている。 それは、レーザーダイオードの進歩で、光軸/光路長検査用の正確な平行光の光源が簡単に得られるようになって、昔みたいにハロゲン電球に高価な複数のレンズを組み合わせたコリメーターが不要になった。しかも、非常に正確な拡散しないスポット光も得られるようになった。 貴殿が「ベストに調整済みでないカメラ」というカメラが1990年代の銀塩一眼レフや2010年以前の廉価グレードのデジタル一眼レフを基準にしているなら認識を改めるべき。 一昔前は、数百万もする光学ベンチ用コリメーターじゃないと不可能だった非球面光学系の光路長/光軸調整がアマゾンで数千円で売られているレーザーコリメーターで出来る様になっている事実をよく理解すべきだ。 昔は設備があれば高精度の調整可能でも、高価な設備を廉価機に導入出来ないという事情があったが、いまは廉価機に使える数千円の器具で20年前の数百万の設備より高精度の調整が出来る様になっているんだよ。特に近年の青紫色レーザーダイオードの急速な進歩とコストダウンが大きいな。波長の短い青紫光の方が検査精度が高いからな。 > 常にセンサーが曝露されている電子シャッター時のミラーレス機は相対的に測距 > にかけられる時間が長いというメリットと画像と測距が固定されているという > メリットは大きいです。 ローリングシャッターは遅いと言ってもフル画素動画で60Pが可能ならば、1/60相当でスキャン出来るわけだが、その1/60で像面位相差の甘い精度のピントをコントラストAFで追い込むのは無理だね。何故なら、コントラストAFは画像エンジンでの信号処理が入ってからの動作で、且つベストのピント位置から行過ぎる工程があって初めて最大コントラストのポイントを掴むから、いくら位相差である程度ピントが追い込まれてても合焦までの工程が多い分、合焦の速度上のメリットは帳消し。それから、電子シャッターでもグローバルシャッターだと信号カットで露出調整するから、結局はミラーが動作する一眼レフと同じで、シャッター動作中のAFは断続的にしかならない。パナはそれを見越して像面位相差は諦めてレーザー距離計でグローバルシャッターでも連続的にフォーカスする方向に舵を切っている。
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 20:40)
    →これへカラーフィルターが無いんだから デジタルカラー設定のモノクロとは全然別物だよ
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 20:15)
    →パナにはモノクロに特化したL.モノクロームDというモードがあります。 まあこれ一本で出そうとはしないでしょうけどね。 あと、ライカと提携してるファーウェイのスマホには 複数あるレンズの中にモノクロ写真専用のレンズがある機種もあります。
  • User Avatarニコン好きD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 19:50)
    →NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S(2月14日発売予定) これ無事ヨドバシカメラから発売されるのを祈ってる。
  • User Avatarニコン好きD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 19:48)
    →>今、あしかがフラワーパーク駅に居る。 これ去年の私の書き込みのパクリ、コピペなんだが >具体的にはα6600に10-18mmとα7R3に24-105mmがあるが、 >ニコンでもそういった選択が出来るようになるといいね。 確かにそうなんだが、無い物ねだりしてもしょうがない。 現状 NIKKOR Z 14-30mm f/4 S NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S NIKKOR Z 24-70mm f/4 S NIKKOR Z DX 50-250mm...
  • User AvatarD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 19:14)
    →ニコン好き . : 今、あしかがフラワーパーク駅に居る。 Z7を2台持って歩き回るのに疲れた。 今晩は、足利市のホテルに泊まる。 体力の限界で70-200F2.8は見送るかもしれない。 Zレンズ 24-70F2.8で良いかも知れない あと今月出るZDX 望遠レンズにするかも知れない。 こういうケースなら、APS-Cの20万画素級機にF4固定超広角ズームと 35フルの40万画素級機に24-105mmの組み合わせが向いている。 具体的にはα6600に10-18mmとα7R3に24-105mmがあるが、 ニコンでもそういった選択が出来るようになるといいね。
  • User AvatarD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 17:53)
    →フィルムの時代は今程のピント精度は要求されなかったが、デジタルになって要求が高くなった。 結像面でピントの検出を行なっている以上、カメラの組み立て精度の問題が出る。
  • User AvatarnroffD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 17:15)
    →私のコメントは実践に基づいたものではなく、思考実験のようなものなので適当にスルーしてください。 各種掲示板で、「レンズをメーカーに調整に出したらよくなった」といったコメント、フォーカス微調整機能の搭載、専用のDockなど見ますが、どれも基本レフ用なので「レフ機は(のみが)調整が欠かせない」といった思い込みになっているのだと思います。
  • User AvatarM-KEYD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 16:53)
    →センサー自体の精度(ピント検出能)とカメラとしてのピント精度を 分けて考える必要があると思います。 ミラーレス機が「原理的に精度が高い」のは画像用センサ=そのもので 測距するからだと考えています。 一眼レフの場合は結像面とピントグラス、AF専用位相差センサーの3点が 光学的に一致させる必要があり、その光路には1秒間に何度も往復する クイックリターンミラーがあります。 そのクイックリターンミラーとサブミラーが所定の位置で静止している時のみにしか 測距できない一眼レフにたいして、常にセンサーが曝露されている電子シャッター時の ミラーレス機は相対的に測距にかけられる時間が長いというメリットと画像と測距が 固定されているというメリットは大きいです。 たしかに,像面位相差の測距精度は低いでしょうが、それをコントラスト式で補う事で 低い組み立てコストで高性能なAFを実現していると言えます。 TLM方式であれば,物理シャッタ使用時も測距を継続できるというメリットがありますが ソニーはそのメリットよりも像面位相差を進化させる方を選んだようです。
  • User AvatarM-KEY豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 16:31)
    →フジのX-Pro3が「変わり種」と言われていますが,コチラの方もなかなかの「変わり種」 というかモノクロ専用機が、こうして継続できるのがライカのライカたる所以。 残念ながら、国内メーカーからモノクロ専用機は出なさそうですし、出ても一代限りになりそうです。

アーカイブ