デジタルカメラ情報サイト

青い鳥はデジタルカメラの夢を見るか?(その1(デジカメWatch)

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • 雇われ息子
    • 2018年 1月 26日

    shutter snitchの事かな?
    うちのスタジオもiPadで見られるように、eye-fyカードでセットで使ってます。
    そのかわりiOS11にUpdate出来ない縛りもありますが、、、今のところ便利です。

    • 匿名
    • 2018年 1月 26日

    写真はデジカメで撮ってもWi-Fiで端末に転送してアップできるが
    動画は端末で撮らないと、その場でアップ出来ない。
    そりゃビデオカメラが売れなくなるのも仕方ないや。

      • ken
      • 2018年 1月 26日

      現代では写真や動画はネットにアップするのが前提のアイテムなんでしょうね。
      そんなに自分及び自分の生活周りが大好きなのを誇示しなくてもいいのに。。と思うのは
      やっぱり爺だからなんだろうなぁ。

        • M-KEY
        • 2018年 1月 26日

        同窓会なんかで、当日来られない人の為に中継することがあります。
        以前はUSBストリーミングが可能なカムコーダーとラックトップPCをつなぎ
        会場のLANを使ってスカイプで中継していたのですが、
        今はスマホだけで、同じことが「より確実に」できるようになりました。
        また、事件や事故が起きた時などもSNSを使って状況を即座に伝えることが可能で
        先日の大雪でも、リアルタイムで各地の状況を知ることができました。
        そういった需要を満たした機材を出したら報道の大部分のシェアを占められそうです。

          • ken
          • 2018年 1月 27日

          一億総ジャーナリスト時代ってわけですね。

          ひとが刺されても救助しないで黙々とスマホを向けているイメージを
          思い浮かべてしまいます。

            • 名も無き毒者
            • 2018年 1月 27日

            昔、宇野ー高松連絡船「紫雲丸」が衝突、沈没したときにその様子を撮影していた
            カメラマンが、実際には望遠レンズで遠くから撮影していたのに、画像はすぐ手が
            届きそうに見え、救助より撮影優先と随分とされたことを思い出します。

            今回白根山の噴火でも現場に居合わせた一般人撮影の動画が、結構ニュース番組で
            放映されていました。

            • ken
            • 2018年 1月 27日

            スレ違い&昔の話で申し訳ありませんが
            写真マンガ『ピンボケ写太』で主人公がレースを撮影中、事故が起こり
            撮影より救助を優先しましたが、カメラマンとしては失格とのエピソードを思い出しました。
            作中では浅沼刺殺事件などを例にもあげていましたが、自分でも現場にいてファインダーをのぞいていたら実際、人道的な行為ができる自信がありません。
            先日、駅のホームにて老人が転倒した際、救助を少しだけですが手伝いましたが
            その様子を無表情で黙々とスマホに収めている方が数人おられ
            ちょっとゾッとしました。
            難しい問題だと思います。

            • M-KEY
            • 2018年 1月 27日

            「救助しないで黙々とスマホを向けているイメージ」
            そっちの方を連想しますか?
            私はリアルタイムで必要な情報をやり取りできるメリットの方を重視したいし
            連写やズーム倍率、画質も大事ですが用途によっては即時性も重要で、
            報道では面倒な手続き無しで中継できるメリットは大きいと思います。
            RX10のような機種にSIMが入って携帯電話回線で通信できると面白いと思います。

            • 匿名
            • 2018年 1月 27日

            >その様子を無表情で黙々とスマホに収めている方が数人おられ
            >ちょっとゾッとしました。

            誰も助ける人が居ないのに黙々と撮っているんじゃくて
            けんちゃんが助けていたんだから、それでいいじゃない。

            無表情?笑って撮っていたのならともかく
            心配してたら無表情に見えるかもしれない。

            水難事故は、手が届くからと不用意に手出ししたら
            巻き込まれて二次災害が起きることもある。

            事故や暴動なら撮影する事で重要な証拠になるかもしれない。

            救助活動や事故処理の邪魔にならない範囲で撮るのはいいだろう。

            • Ken
            • 2018年 1月 27日

            とりあえずM-KEYさんへ。
            TVUなどによって中継車などを介さずに機動的に簡易報道中継できるのは利便性がありますよね!
            (面倒な手続きというのはよくわかりませんが)

            さて一般の方は何の為に撮影、アップしているのでしょう?
            報道機関が間に合ってない事故などで放送局に協力する為でしょうか?
            (先日の噴火でもその効力はかなりありましたね)
            大きな事件でない場合、ほとんどが報道用ではないような気がします。
            もちろんそれをツイッターやブログに即座にアップして
            『いいね』を貰って悦に入るのも決して悪いことではありませんが。。。

            下の匿名さん
            重要な証拠にする為に老人の転倒にスマホを向けていたとは
            とても思えないのは僕だけでしょうか?
            自分が事故の当事者だとしたらその状況で一般の方にスマホを向けられるのは決していい気持ちではないと思います。
            (報道のカメラでもいい気持ちはしないのは変わりないかな?)

            • M-KEY
            • 2018年 1月 28日

            たとえ「いいね」が欲しくてアップしたものでも
            記者やレポーター、それどころか警察や消防の到着前に
            撮られた映像は「そこで何が起きたか?」を記録している
            という部分では貴重で、原因究明や再発防止に役立ちます。
            特に、報道目的で撮影されたモノの場合は、証拠として使うのに
            手続き上の障害もあり、一般人による情報提供の価値は高いでしょう。
            これは、ドライブレコーダー映像にも通じますね。

            私の場合、目の前でアクシデントが起きたら
            まずは自身の安全確保、(実際は役に立てなくとも)
            その後は負傷者の手当てや二次災害の防止などで精一杯で
            とても撮影まで気が回らないような気がします。
            ですから余計に「そういった場所で撮影できる」人を
            羨ましく思えます。

            と、ここまでは主にスマホのカメラ機能についてですが、
            情報端末を使わずともカメラに「直接回線とリンクして
            画像や映像を(リサイズして)アップできる機能」があれば
            ビデオグラファーに人気が出ると思います。

            • 匿名
            • 2018年 1月 28日

            野次馬なんてのは昔からいるわけで、その野次馬がスマホを持っただけのことでしょう。
            本質は今も昔も変わっていないと思いますし、それが一概に良いとも悪いとも言えないと思いますね。

    • 匿名
    • 2018年 1月 28日

    この回でのテーマはTwitterにアップする写真を撮るのがスマホだけなのはどうなのかということについてじゃないのか?
    ということで、自分の場合はしばらく前は普段の持ち歩き用にフジのX20にFlash Airで使ってたけど、最近はパナのGM5。パナのスマホへの転送アプリの出来が良いので、Flash Airに戻れなくなった。色はフジの方がいいんだけどエフェクトフィルター使って撮るとそれなりに受けのいい写真撮れるので、これはこれでありかと思っている。光学ズームや多少の動き物や暗所では、小センサーサイズでもスマホのカメラよりはまともに撮れる。
    あとタブレットの場合、画面が大きいからアップ前に写真を弄るにはいいけど、内蔵カメラがスマホよりしょぼいのでタブレットの時は画像転送が容易ならば単体のカメラがあった方がいいと思う。

      • M-KEY
      • 2018年 1月 28日

      私が常用しているソニーやオリンパス機ではWi-Fiでスマホやタブレットに画像転送し
      そこからSNSにアップしていますが、Wi-Fiが飛び交っている場所だと、どうなんでしょうか?
      あと、上でも指摘されていますが、動画だとPCに取り込んで変換しないとアップできないので
      現場から動画を送信したい時はスマホやタブレットで撮るようになります。
      なんて考えているとソニーのQX100を思い出しました。
      http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-QX100/spec.html
      これなら、ある程度の画質は担保できるし、SNSへのアップも簡単です。
      RX100m3相当の後継機を待っていましたが、そのままディスコンに。
      オリンパスのAirは一応は現行ですが、なんだか放置プレー状態ですね。

        • 匿名
        • 2018年 1月 28日

        ソニーのQX100、 ILCE-QX1やオリンパスのAirは、スマホやタブレットとはWiFi接続で制御するから接続が不安定で、通信速度も遅いから、操作時はもっさりドヨーンとした感じだけど、MotorolaのMoto Zみたいに専用I/Fでスマホに装着するカメラモジュールか折角スマホのUSBが高速で色んな信号流せるCタイプになってきているから、USB-Cで有線接続するようにして、カメラ側からはスマホは単なるモニターとUSBのマスストーレジとしてのみ機能するようにすれば操作のダイレクト感が担保できると思う。それで、画像はスマホの内蔵メモリーやマイクロSDに直接記録されるからスマホのカメラで撮った画像をアップするのとほとんど同じ感覚で突けるだろう。
        カメラモジュールにはワイヤレスでストロボも使える様にすれば、スマホの内蔵カメラでは不可能な物も撮れる。iPhoneだとカメラ用のストロボを使えるアイテムやGodoxのiPhone用ストロボがあるが、絞りやシャッター速度の制約が多く実用性に難がある。

          • M-KEY
          • 2018年 1月 28日

          ミュージックカムの場合、会場のワイヤレスマイクと干渉するのか
          撮影中にWi-Fi接続が切れて.そこで止まるので困りましたが。
          やはり有線での確実な接続という手段も選択できるようにして欲しいですね。

    • 匿名
    • 2018年 1月 28日

    ソニーは前から動画もスマフォに転送できるよ。(いくつか制約あるけど)
    パナ当たりもできるんじゃないの?
    WIFI転送は数年前よりは随分安定するようになったかな。
    記事みたいなWIFI飛びまくってるところだとどうかなとは思うが電車の中くらいなら特に問題ない

      • M-KEY
      • 2018年 1月 28日

      調べてみると、機種によってはAVCHDとMP4の同時記録が可能でMP4をWi-Fiでスマホに転送できますね。

    • 匿名
    • 2018年 1月 29日

    この漫画の終盤にあるWi-Fiやネットワークの仕様による面倒事は自分も困っていて、
    理想と現実の隔たりを痛感します。

コメントは利用できません。

コンパクトで常に持ち歩きたくなる標準ズーム――SONY FE 24-105mm F4 G OSS(デジカメWatch)

2.5万円で買える光学45倍デジカメ「PowerShot SX430 IS」を試した(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ