デジタルカメラ情報サイト

富士フイルム、X初の電動ズームレンズ「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」(デジカメWatch)

Xマウントのズームレンズで最小・最軽量

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 匿名
    • 2018年 1月 31日

    このレンズのMTFは、18-55/2.8-4 のそれを上回っている。普及版なのにすばらしい。そのためパンケーキというには多少サイズが大きくなっているのかもしれない。

      • 匿名
      • 2018年 2月 01日

      そうかな? 広角端の周辺部はゆるゆる描写のようだが。
      MTF曲線の理解 できてる?

        • 匿名
        • 2018年 2月 01日

        あくまでメーカー公表のデータのみで判断する前提。「ゆるゆる描写」の表現は第三者にとっては俎上にあげる判断基準とはならない—–要するに議論にならない。

      • 匿名
      • 2018年 2月 02日

      >このレンズのMTFは、18-55/2.8-4 のそれを上回っている。

      根拠の無いことを書いているがステマ社員かな?

        • 匿名
        • 2018年 2月 02日

        根拠の有無も何も、MTFはメーカーのサイトに表示ずみですよ。ご自分で確かめてください。

    • 匿名
    • 2018年 2月 02日

    メーカーで表示しているのは 広角端と望遠端の各々「絞り開放」でのMTFデータ。
    もし この15-45ミリレンズと 18-55/2.8-4を比較するとすれば
    18-55/2.8の広角端でf3.5に絞ったもの、望遠端でf5.6に絞ったもののデータと比較しなければならない。
    そんな基本的なことも考慮できなくて メーカー発表の絞り開放でのデータの比較だけで、
    15-45ミリのほうが上回っているとは言えない。

    どうも ここには「わかってないくせに、わかったつもりになって書き込んでいる」初心者が多すぎるな。

      • 匿名
      • 2018年 2月 02日

      >「わかってないくせに、わかったつもりになって書き込んでいる」初心者が多すぎるな。
      ブーメランとはこのことよ(笑)
      あんたも分かってないひとりだぞ。
      ワイド・テレの両端で比べるのも同じ焦点距離・絞りで比べるのも、
      どちらもそのレンズ性能の一部の数値でしかない。
      違う長さのズームを同じ焦点距離・絞りで比較したからといって総合的な優劣の比較にはない。
      はい完全論破(笑)

      • 匿名
      • 2018年 2月 03日

      ちょっと言い返されただけで子供みたいにすぐ完全論破とか勝ち誇るのは見ていて恥ずかしくなるなあ。
      俺に反論するなどありえないという感じ、ものすごく薄っぺらに見えてしまうよ。

        • 匿名
        • 2018年 2月 03日

        顔が真っ赤ですよ(笑)
        論破されて言い返せないからって、大人げないですよ(笑)

          • 匿名
          • 2018年 2月 03日

          外野からの意見だよ。

    • M-KEY
    • 2018年 2月 04日

    通常、ズームレンズは端よりも中間域の方が諸収差が少ない場合が多く
    半段くらいとはいえ、18-55mmF2.8-4の18mm域よりも
    15-45mmF3.5-4.5の15mm域のMTF値が上回っているならば
    18-55mmF2.8-4の18mm域F3.5と
    15-45mmF3.5-4.5の18mm域F3.5では後者の方が
    予想される数値は上まわりそうで、期待できますね。

コメントは利用できません。

ライカSLの「EyeResファインダー」に注目(デジカメWatch)

富士フイルム、位相差AF対応のエントリーミラーレスカメラ「FUJIFILM X-A5」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ