デジタルカメラ情報サイト

高品位なミラーレスカメラの新顔登場 その魅力に迫る――ライカCL(デジカメWatch)

【新製品レビュー(外観・機能編)】
by 藤井智弘

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2018年 2月 02日

    Xシリーズのデザインをそのままレンズ交換式にすれば良かったのに

      • M-KEY
      • 2018年 2月 02日

      そうですね、XのデザインでポップアップEVFだったら・・・
      買えないけど。

    • 匿名
    • 2018年 2月 02日

    ライカにしては凹凸の多いスタイリングだなぁ!

      • 匿名
      • 2018年 2月 02日

      EVFのところとか、こんなデザインで他社が出したら何いわれるかわからないよねw

        • M-KEY
        • 2018年 2月 03日

        私は、むしろ煩雑な面構成が「ライカらしくない」と感じました。
        建て増しの得意なニコンなら納得というか、Dfよりはマシですが、
        「Q」との差別化のために、わざと凸凹させたのかも?

      • 匿名
      • 2018年 2月 03日

      実際に手に取ってみたら それほど違和感のある形状ではなかった。仕上げがきれいなボディなので 画像ではわからない良さがある。

    • 匿名
    • 2018年 2月 02日

    嫌いな形じゃないけど、APS-CのEVF内蔵のレンジファインダー風なら、フジのXE-3にするな。
    高感度特性や色もフジの方が上だし、CLのボディ買う金で、ZEISS Touitもまとめて買えるから。
    ライカってミラーレスになってから、ストロボのホットシューの追加接点の規格が今までオリ・パナと同じから独自になったんだよね。折角、ProfotoやGodoxがオリ・パナやフジに対応したのに、使えないんだよな。
    それで、純正のストロボがニッシンのOEMでベースになった物の価格からすると無茶苦茶なぼったくり価格。

コメントは利用できません。

青い鳥はデジタルカメラの夢を見るか?(その2)(デジカメWatch)

デジタルカメラ出荷台数が2010年以来の増加に(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ