デジタルカメラ情報サイト

オリンパス、Bluetooth搭載でスマホ親和性を高めた「PEN E-PL9」(デジカメWatch)

内蔵フラッシュが復活 新しいアートフィルターも

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (28)

    • 匿名
    • 2018年 2月 07日

    清く正しいオンナ子供カメラだな♪

      • 匿名
      • 2018年 2月 07日

      岩合プロ、海野プロの前で言えるかな?

        • 匿名
        • 2018年 2月 07日

        だれそれ? 篠山紀信より有名なんですか?

          • 匿名
          • 2018年 2月 08日

          篠山紀信には泣き虫の息子がいる

      •  
      • 2018年 2月 09日

      煽ってるつもりだろうけど、これって確かにスマホでは物足りないけどごついカメラ持ち出したり、
      撮影後にPCにデータ取り込んでとかめんどくさいという層のためのものだと思う。
      それが女子供かどうかは知らんけど。

      本体のアートフィルターで撮影、転送したい画像はカメラの電源をオフしてちょっと待つと勝手にアプリが画像転送してくれるから、
      そのままインスタにアップとかそういう感じの使い方じゃないのかな。

    • 匿名
    • 2018年 2月 07日

    ISO200でGN7.5なんて少し絞るとすぐ手前しか届かない実質ガイブストロボのワイヤレスコントロールのトリガーにしかならないストロボを内蔵した一方で、EVFとリモートケーブルが使えなくなったね。チルト式のEVFが外付けとしても使えるのはE-PLだけになってしまっていたのに、思いっきりビギナー機種に退化させてるな。EVFだけは、パナやソニーよりもオリの方が見え方が自然で歪曲も少なかったのに、なんで他のミラーレスメーカーに勝っている部分を捨てるんだろう
    E-PL8がカタログ落ちたらVF-4もディスコンになるだろうから、今のうちに確保しておかないとならないな。

      • nroff
      • 2018年 2月 08日

      残念ながらエントリー機を本気で使い倒すユーザーはいない、ということですかね。
      あるいはマニアにエントリー機で満足されるとメーカーが食えない、ということかな。

    • 匿名
    • 2018年 2月 08日

    各メーカーEVFはもう内蔵しようという流れだからね。
    ファインダー覗きたい方はOM-D系列なりPEN-Fなり、そっちを選んでねという事だろう。

      • 匿名
      • 2018年 2月 08日

      今のE-PL6の使用用途は天体望遠鏡や反射望遠レンズにつけて月やライトな天体写真を撮る用途に特化している。
      気軽に持ち歩くレンズ交換式カメラとしては、パナのGM5を使ってる。
      E-PL6をこの用途に使う理由は、リモートケーブルが使えることと、外付EVFがチルトすること。
      先日の皆既月食はReflex Nikkor
      1000mm(天体望遠鏡故障の為)につけて、換算2000mm相当で画面いっぱいに拡大して月を撮ったが、月の高度が高いのでチルト出来るEVFは重宝してる。500~1000mmクラスの望遠レンズや天体望遠鏡の直接焦点で月や太陽を画面上に丁度いい大きさに撮れるマイクロ4/3は便利なんだよな。それと、タカハシのくそ高いアポクロマートの屈折望遠鏡に補正レンズを組み合わせたものか、反射系なら口径20cmクラスじゃないと天体望遠鏡だとフルサイズは画面がケラれる。焦点距離1000mmクラスの物だとAPS-Cでも四隅に若干のケラれが出るから、画面全体を有効に使えるマイクロ4/3は重宝している。金星や木星と言った見かけの大きさが大きめな惑星は2倍のテレコン噛ますだけで形が分かる程度の大きさに拡大できるから、撮影も手軽なんだよね。
      E- PL9は電子シャッターもついて便利だと思ったが、このEVFとリモートケーブルの廃止は痛いんだよね。E-PL6は電子先幕シャッターもないから、これから寝落ちするE-PL8をこの用途の後継機に確保しておこうと思っている。ついでにVF-4もね(VF-3使用中)。

        • 匿名
        • 2018年 2月 08日

        チルトEVFとリモートケーブル対応のm4/3なら、パナのGX8では?

          • 匿名
          • 2018年 2月 08日

          大きなグリップがあるのはE-M1だけだし、オリは見限ってパナにするしかないよね。

          • 匿名
          • 2018年 2月 10日

          パナのGX8は機能的にはその通りだが、EVFの見え味が天体望遠鏡に装着した場合や1000mmクラスの他社の反射望遠レンズをつけた場合の見え味が良くなくて、ピント合わせがやりにくい。
          こういう使い方だとオリンパス、Nikon1、フジXシリーズのEVFの方がいい。
          パナ(ソニーもだが)のEVFで決定的にダメなのは、歪曲がフレームの隅にかなり大きく残っているので、月太陽ならばいいが、惑星とか小さい被写体だとレンズの残存コマ収差や非点収差と合体すると恐ろしく見えにくくなくて見失ってしまう。

            • 匿名
            • 2018年 2月 10日

            パナソニーフジのEVFを誉める人多いけど、いくらきれいだって言われてもなんかビデオ撮ってるような感じなんだよね。
            E-M1II のEVFは解像度も今となっては低いけど、OVFに近い自然な見え方としては一番だと思うんだよなぁ。

            • 匿名
            • 2018年 2月 12日

            光学ファインダーに近づける努力は分かるけど、
            だったら光学ファインダーの本物を使えばいいわけで・・・

        • 匿名
        • 2018年 2月 08日

        そんな特殊用途もとめられてどうすればいいんだよ、カメラメーカーw

          • 匿名
          • 2018年 2月 10日

          MFT自体が特殊用途では?
          こうした一見特殊な用途でも代わりが無い機種は強い。
          せっかく従来機で出来ていた機能を排するのは勿体ないね。

          • 匿名
          • 2018年 2月 11日

          ユーザー百万人に一人くらいの特殊用途だな。
          夜の撮影だから「寝落ち」なのかぁ。

            • M-KEY
            • 2018年 2月 14日

            「天体望遠鏡や反射望遠レンズにつけて月やライトな天体写真を撮る用途」
            使う人の絶対数は少ないかもしれませんが、カメラの用途としては
            それほど特殊という訳ではないし、MFTの利点をアピールする好機で
            これを棄てるのは勿体ないですね。
            「リモートケーブルが使えること」は、最近はコストダウンの為に
            省かれがちですが、カメラの機能としては一般的です。
            アクセサリーポートの廃止は仕方ないのですが、HDMI接続の汎用外付けEVFが
            あればいいと思います。(一眼レフ用途にも需要が期待できます)
            また、背面モニターにルーペ付きフッドを付けてのEVF化という方法もあります。

          • 匿名
          • 2018年 2月 12日

          代わりが無い機種は強いなら継続すんでしょう。
          ボランティアかなんかだと?

        • 匿名
        • 2018年 2月 09日

        EVFやケーブルはスマホでって流れなんでしょう
        BTも入れてきてるし

      • 匿名
      • 2018年 2月 11日

      メーカーでもあり、ここでもEVFはもう内蔵という意見が多いしね。
      メインターゲットが女性であるならEVFを使うこともないだろうし当然の選択でしょう。

    • 匿名
    • 2018年 2月 08日

    ボディ補正は3軸のまま、センサーは使い古された16M、EVFは外付けもできなくなった。マイクロフォーサーズのメーカーはユーザーフレンドリーであってはならないという協定でもあるんですかね。

      • 匿名
      • 2018年 2月 10日

      結局エントリー機を買うような層はEVFは使わないで液晶メインなので外付けがさっぱりうれない。
      EVF欲しい人は内臓型を買うということでしょう。チルトできないとかあるけど可搬性かんがえると嫌がる人も多いし

    • 匿名
    • 2018年 2月 11日

    こういう小型で質感も高い本格的なやつ造ればいいのに。
    小型イコール女性や初心者向けでチープな造りってのがな。

      • 匿名
      • 2018年 2月 12日

      PEN-F …

        • 匿名
        • 2018年 2月 13日

        小型と言ってるだろ。

          • 匿名
          • 2018年 2月 14日

          PEN-Fはややデカいんだよね。その割に防塵防滴じゃない。
          バリアングルってのもちょっと違うんだよな。

        • 匿名
        • 2018年 2月 14日

        あんな、ぼったくりクソカメラ、
        誰に薦められるんだよ。

コメントは利用できません。

渋く深みのある絵作り 充実のモノクロモードも活用したい――ライカCL(デジカメWatch)

三脚とイスが合体!座りながら被写体を待てる――ベルボン「チェアーポッド H.Y.127」(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatar2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/22 21:47)
    →にわかに信じがたいな。 使い慣れたシステムをそう簡単に変えられるという神経が分からない。 多少軽いと言っても、せっかく苦労して行って結果が伴わないリスク等を 考慮したら、よほど入念にテストしてからでないと、私には出来ないな。 ことバッテリーに関しては山では非常にデリケートな問題で、 余裕がある方を選ぶのは当然のこと。 いくら軽くたって撮れなきゃお話しにならないんだから。 机上で想像するのとは違う世界なんだよ。 だからこそ相棒といえる機材をホイホイと変えるわけにはいかない。 それが山。自然と相対する私の感覚だな。
  • User Avatar岩清水カメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 21:11)
    →自然な見えと遅延のない流し撮りのやりやすい光学ファインダ、連写時の歩留まりの良い動体追尾AF、サードパーティ含むレンズのラインナップの多さ(これ一番重要)。ポトレに向かないとのことだけどライブビューでAFすれば良し。
  • User Avatarニコン好きカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 20:10)
    →ニコンD750 上面・背面カバーにマグネシウム合金を採用 、 プラボディとは違う。 軽量でありながらアルミニウムやマグネシウム合金に迫る強度・剛性を備えつつ、表面外観性にも優れた炭素繊維複合素材
  • User Avatar匿名速い車が勝つのではなく、勝ったチームが速いのだ(その1)(デジカメWatch)へのコメント(05/22 20:06)
    →メーカにとってはそうですが、少なくとも写真を趣味にしている人の大部分はそう思わないはず。
  • User Avatarニコン好きカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 20:01)
    →>というか、6時間もずっと続くスポーツってなんでしょう? よさこい祭りなんかは、どうなんでしょうね。 スポーツとは言わないけど 体全体で踊るのでスポーツに近いですね。 次から次へと踊りのチームが出演するので
  • User Avatarマクロも得意な多芸多才モデル――FUJIFILM X-A5(デジカメWatch)へのコメント(05/22 19:54)
    →人工物は綺麗だと思うけど、自然風景を撮るといまひとつな事はありますね。 後、斜めがやっぱり弱い傾向もある。 自分はX-Transはどうでもよくて色が好きでで使ってます
  • User Avatar岩清水カメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 19:52)
    →バレーボールです。3試合あって1試合2.5時間くらいです。13時ころ始まって最終試合の終わりは22時頃になることもあります。試合間には2時間くらい休み時間があります。覗きっぱなしではなく覗いた時間の合計が6時間くらいですね。 EVF付きのミラーレスを持っていないのでわかりませんが電源の入っている間でファインダを覗いていなければライブビューはオフになるのですよね?
  • User Avatarニゴン好きカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 19:32)
    →きっしょ
  • User AvatarM-KEYカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 19:04)
    →ミラーレス機の場合は、電池の保ちは撮影枚数よりも稼働時間に左右されます。 3時間ほどのイベントでファインダーをずっと覗きっぱなしはしませんが 休憩以外は電源は入りっぱなしです。 というか、6時間もずっと続くスポーツってなんでしょう? 普通のスポーツの試合でインターバルなしで6時間というのは知りません。 試合形式なら長くても2時間くらいですし、コートチェンジもありますし、 市民マラソンなら制限時間がそれくらいですが、ずっと覗きっぱなし? その間のトイレや食事は? 野鳥や報道の張り込みなら数時間覗きっぱなしはザラでしょうけど。
  • User Avatar釣り好き写真家、レンタルボートで絶景撮影に意欲(デジカメWatch)へのコメント(05/22 18:50)
    →たしかに。
  • User Avatar岩清水カメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 18:49)
    →もちろん前のスレでM-KEYさんがそうおっしゃっていたのは覚えていますよ。1500枚も撮れたかは忘れていました。ミラレスが一眼より電池を食うのはレリーズする前に必ずライブビューするからですね。 お尋ねしたいのは1500枚撮ったときファインダを覗く頻度はどのくらいだったのか?なんです。 またずーっとライブビューしていたら(EVFを覗き続けたら)どのくらい電池が持つのか?という疑問があります。 D850でレンズテストのために4時間の間に度々ライブビューをしましたが電池は半分になりました。バッテリは縦グリにD5用のバッテリを使っています。となるとライブビューしっぱなしだと下手すると1時間も持たないかもしれません。しかしD850もソニー製センサだからそんなにセンサの消費電力が違うとも思えないし。外部バッテリは私もやっていたことですので。 私は場合によっては6時間くらいファインダのぞきっぱなしというような使い方をしますので、でもスポーツ撮影とかだったらそういうシチュエーションは結構あるのではないかと思います。
  • User AvatarM-KEY撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/22 18:47)
    →SB-400とくらべてSB-07は極端に小型軽量ということはありません。 むしろ高さは増えており、赤目やケラレ防止効果は期待できますが 実際の使用時には、SB-07のほうが大きさを感じるハズです。 しかも、SB-07/SB-300はSB-400よりスペックダウンしています。 (私はSB-300発表時に慌ててSB-400を買い足しました) シューを変えなければSB-400所有者はそのまま流用できるし、 大光量やバウンスをしたい時の選択肢もありました。 また、Nikon 1からのユーザーもFマウント機にステップアップする時に スピードライトをそのまま使えるというメリットあります。 というか、互換性のない専用シューの意味がわかりません。 F3が登場した頃、ニコンでTTL調光が可能なのはF3のみで、外光オートが使えれば納得できる時代でしたが、 その後、FAと同時に同じ本体で脚部の違うSB-15/17、脚部を交換できるSB−16や専用のシンクロコードで F3とそれ以外を使い分けるSB-11/14/21があり、これを買う人は少ないだろうと思われるガンカプラーなど システムとしての配慮はしっかりしていました。 Nikon 1 用のΦ72mmのキャップ(LC-N72)はDX18-200mmで使っていました。 Fマウント用のLC−72の倍くらいの価格なのに操作はしずらいし脱落しやすい酷いモノでした。
  • User AvatarM-KEY撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:58)
    →大きなボケが欲しい時に4/3機にF1.2レンズを使うよりも 35mmフル機にF1.4~1.8レンズを使う方が合理的なように ミラーレス機での超望遠撮影は、あまり利口だと思えません。 70-200mmくらいがミラーレス機らしく使える境目で 400mmを超える超望遠域なら一眼レフを使う方が快適でしょう。 「失格とはいいがたい」どころかCNでさえ300mm以上の単焦点レンズは 特殊な領域で、35mmフル換算で600mm相当の100-400mmまであれば スポーツや野鳥、飛行機などに特化したユーザー以外には十分でしょう。 (いざとなればマウントアダプターも使えるわけですし・・・)
  • User Avatarマクロも得意な多芸多才モデル――FUJIFILM X-A5(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:46)
    →風景撮るとX-transは解像感が低い。ベイヤーのほうがいいじゃないの。 発色についてはベイヤーだろうがX-transだろうが変わらないだろうし。
  • User AvatarM-KEYカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:34)
    →何度か書いていますが、α7 IIでは、動作時間は1時間ほどで500枚撮れなかったのが α7R IIIでは、約3時間のイベントで1500枚ほどは充分に撮れます。 D850だと、その倍以上撮れるでしょうけど、充電できない場所で何日も滞在するのでなければ α7R IIIくらい撮ることができれば不満はなく、ミラーレス機の主旨には合いませんが、 バッテリーグリップを使えば倍の時間駆動できるので、バッテリー問題は解決したと考えていいでしょう。 タイムラプス撮影などのような長時間の連続駆動が必要な場合には、それ用のアクセサリーもあります。
  • User Avatarカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:32)
    →D850じゃ周辺部にAF測距点が無いのでポートレートに不向きだね。AF精度も中央以外は低いし。 https://dc.watch.impress.co.jp/docs/sony_alpha/1122356.html
  • User Avatarカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:30)
    →スポーツ撮影しないから超望遠レンズもいらないし 一眼レフのメリットはないなぁ(個人の感想ですw)
  • User Avatarカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:27)
    →確かに撮影可能枚数についてはD850の勝ちだねぇ。 それ以外D850にはメリット無いのね?w
  • User Avatarカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:26)
    →>総プラボディで作ってしまったら D750を馬鹿にするなよ!
  • User Avatarnroffマクロも得意な多芸多才モデル――FUJIFILM X-A5(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:17)
    →Fujiの発色は好きだけど、X-Transの解像嫌い、という人は、少ないながらもいるようです。blogや掲示板でときどき見かけます。 別にそういう人のために用意した機種ではないんでしょうけど。 ところで、中判にX-Trans採用しないのは公式はなんて言っているのでしょうか。
  • User Avatar岩清水カメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 16:20)
    →私はそういうカメラをニコンに出してほしいんですよ。でも無理かな。

アーカイブ