デジタルカメラ情報サイト

ボディ単体でも6.5段の手ブレ補正 顔が隠れてもAF追従する”人体認識”とは?――パナソニック「LUMIX G9 PRO」(デジカメWatch)

【インタビュー(後編)】
高速読み出し、電子シャッターでの高速連写やプリ連写について
画質について。80M相当のハイレゾモードを新搭載
ディープラーニングによる「人体認識」も使える顔認識AF
世界初、ボディ単体でも6.5段分の手ブレ補正
高いカスタマイズ性を持つ操作系
by 杉本利彦

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 匿名
    • 2018年 2月 08日

    ハイレゾの方法、ペンタックス方式とオリンパス方式のハイブリッドのように聞こえるけど、それなら枚数が足らない気もする・・・。オリンパス方式ならたとえば右・右下・下の3方向分と元の位置の4か所それぞれにペンタ方式併用で4枚、最低でも16枚は要りそうな気がするが。よくわからん。

      • たで
      • 2018年 2月 09日

      いや、サンプリングについては、オリンパスのハイレゾショットと同じですよ。
      上下左右半ピクセルずつずらして4ショット+対角線方向の4ショット=8ショット
      ピクセル未満の位置でサンプリング、データを増やして、高解像度にするわけです。

      インタビュアーがちょっと残念な人なので、せっかく説明が空回りになっていて、
      無残な記事になっているように見えます。まぁパナソニックは怒っていいと思う。

      さて、E-M1 mkII持ちとしてこのカメラを見たとき、羨ましいのはカードスロットが
      2基ともUHS-IIであるのとUSB給電です。それ以外はあんまり変わらない気がします。

      • 匿名
      • 2018年 2月 09日

      GX8の低機能のボディ内手ブレ補正から程なくして、G8だったかでオリの様な機構にしてきた。そしてハイレゾを加えてきた事も考えると、パナのこのボディ内手ブレ補正はオリの技術じゃなかろうか?

      • 匿名
      • 2018年 2月 10日

      手ぶれ補正の技術そのものがそれほど差別化された技術とも思えないですけどね。
      少なくとも他社の機構なんかも参考にしながら特許回避して仕組み構築するのはパナくらいの企業なら十分できるでしょう。

    • 匿名
    • 2018年 2月 09日

    6.5段の補正性能は凄いね。オリンパスに対向してきたな。
    Macroフォーサーズだからフルサイズと比べて有利なんだろうけど。

      • 匿名
      • 2018年 2月 13日

      「対抗」って書くんじゃね?
      それにMacroフォーサーズって聞いたこともない (-_-;)

コメントは利用できません。

スマホからのステップアップに!! オリンパス「PEN E-PL9」がおすすめな理由(デジカメ Watch TV)

D850効果などでニコン第3四半期は増益に(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ