デジタルカメラ情報サイト

タムロン、35mm一眼レフ用「70-210mm F/4 Di VC USD」を発売(デジカメWatch)

手ブレ補正搭載で10万円を切る価格 ニコン用とキヤノン用
三脚座、テレコンなど別売アクセサリーを用意

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 匿名
    • 2018年 2月 24日

    いまだコメントなしか反応薄いなあ、、、
    超高感度が実用的になってきたことへ即した、タイムリーなレンズだと思うけど。
    やっぱり皆シグマの70-200 F4待ちかな?

      • 匿名
      • 2018年 2月 26日

      このクラス(価格)なら頑張って純正買おうとするのでは?

        • M-KEY
        • 2018年 2月 26日

        おそらく実売価格はニコンの70-200/4の半額くらいになるでしょう。
        キヤノンと較べても差額は5万円あるので、需要は充分にあるでしょう。

    • 匿名
    • 2018年 2月 25日

    ニコンの70-200F4VRは解像度・コントラスト高いし手ブレ補正も強力。それに通勤に使うカバンに入れっぱなしになってて忘れてても気づかないくらいコンパクトで軽い。このタムロンはただ安くて10mm長いだけでなく、性能でどれだけ迫れる(または追い越せる)か?発売時期は5年も後なのだから・・・
    でもこういうレンズはペンタックスK-1で使いたいんだよね。現状、コンパクトで性能の良い望遠が純正・サード含め皆無なので。ニコンは高性能な70-200F4の純正があるので別にいいや。キヤノンは知らない。

      • M-KEY
      • 2018年 2月 25日

      AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR:φ78mm×178.5mm 850g フィルター径67mm 14群20枚 ∞~1m 0.27倍 定価195,000円+三脚座12,000円(税別)

      Tamron 70-210mm F/4 Di VC USD(A034):φ76mm×176.5mm 850g フィルター径67mm 14群20枚 ∞~0.95m 0.32倍 定価95,000円+三脚座12,000円(税別)

      スペックは拮抗していますが、5年の差があるので光学性能はタムロンに期待できます。
      約半額というのは「タムロンはただ安くて」と一言で片付けられない差ではなく
      シグマの動向次第では、人気のレンズになりそう。

      • 匿名
      • 2018年 2月 25日

      たしかに、現在のところ純正品にないペンタックス用こそ
      ユーザー的には欲しいところでしょうね。
      製品を買わなくとも、「タムロン、分かってるじゃん」ということになるし、
      どっちに転んでもイメージアップになります。
      無駄な宣伝費を掛けるより、こういうメーカーの姿勢って、
      案外ユーザーはしっかり見ていますから軽視できないと思います。

        • M-KEY
        • 2018年 2月 25日

        EFやニコン(E)の絞り駆動はレンズ内アクチュエータなので
        ユーザーの少ないペンタックスKやソニーAマウントレンズの為に
        設計変更して出しづらいと考えているんでしょう。

          • 匿名
          • 2018年 2月 26日

          単なる損益勘定ならそうでしょう。平凡なメーカー。
          それを超越して、業界を支えようとか、楽しくしようとか、
          そうしたところに人は心打たれたりするもの。
          巡り巡って自分にそれが返ってもくる。
          そういう思考が出来るかどうかだろうね。

          ちなみに、ペンタにも絞りレンズ内にアクチュエーターを内蔵した
          レンズも出ているよ。

            • M-KEY
            • 2018年 2月 26日

            >ペンタにも絞りレンズ内にアクチュエーターを内蔵したレンズも出ているよ。

            HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE
            http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/lens/k/telephoto/hdpentax-da-55-300_re/
            ですね。失念していました。
            ということは、サードパーティからKマウントレンズが出る余地はある訳ですが
            ペンタックスには純正の70-200mmF2.8があるので、K-1系のユーザーは
            純正を買うでしょうし、APS-Cには60-250mmF4という強敵があるので
            ただでさえ多いとはいえないペンタユーザーのさらにスキマがターゲットとなり
            採算面ではかなり厳しいことには変わりません。
            むしろMFTマウントの方が需要が多いかもしれません。

            • 匿名
            • 2018年 2月 27日

            ☆60-250㎜、光学性能はともかくとして、
            SDMの遅さが致命的だけに、別に強敵とは言えないよ。
            そもそもAPS-C用だしね。

            ちなみにペンタの70-200F2.8はクソ重い。
            だからこそ、軽量なF4版の意味が出てくる。

            • 匿名
            • 2018年 2月 27日

            ペンタユーザー的には、70-300が純正で無いから、
            その辺が欲しいんじゃない?

コメントは利用できません。

プロの道具としての使いやすさが、表現する意欲を高める(デジカメWatch)

タムロン初のフルサイズEマウントレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD」が開発発表(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ