デジタルカメラ情報サイト

シグマ、35mmフルサイズ対応の「105mm F1.4 DG HSM | Art」開発発表(デジカメWatch)

フィルター径105mm・重量1,645gの”BOKEH-MASTER”

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • 匿名
    • 2018年 2月 27日

    ニコンの105mmf1.4は常識的なサイズだが、こっちは超弩級だから描写性能に期待

    • 匿名
    • 2018年 2月 28日

    本当にニコンとはサイズも重量も全然違いますね。
    ほんの少し大きく重くなっただけで文句を垂れる軟弱ユーザーをあざ笑うかの如きレンズです。
    制約を取り払って大口径作るとこうなってしまうのだと。

      • 匿名
      • 2018年 2月 28日

      ↑ 使いこなす体力もないくせに 口だけは….w

        • 匿名
        • 2018年 2月 28日

        問題はモチベーションなんだよね。
        朝、張り切ってスタートしても一日持たずに途中からどうでも良くなるパターン。

      • 匿名
      • 2018年 2月 28日

      おそらく口径食対策なんだろうけど、中判デジのイメージサークルをカバーしている可能性があるね

        • 匿名
        • 2018年 3月 01日

        105mm程度の焦点距離→画角をカバーするのにフルサイズじゃぁこれだけの大きさ・重さが必要ってことだよなぁ。オスカー・バルナックの思想を体現できる時代では無くなったということかな。

          • 匿名
          • 2018年 3月 01日

          明るさと描写性能にこだわらなければもっと小さく出来るが、キミの小さい脳ではそのことは理解できないだろうね。

          • 匿名
          • 2018年 3月 02日

          昔からシグマはある意味狂気を感じるメーカーだったけど、最近は拍車がかかってるね。
          もちろん誉め言葉です。

コメントは利用できません。

シグマレンズがキヤノン製カメラの「レンズ光学補正」に対応(デジカメWatch)

シグマ、Artラインの”カミソリマクロ”「70mm F2.8 DG MACRO」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ