デジタルカメラ情報サイト

フルサイズミラーレスに強力すぎるベーシックモデルがお目見え――SONY α7 III(デジカメWatch)

【新製品レビュー(外観・機能編)】
by 曽根原昇

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (39)

    • 匿名
    • 2018年 3月 23日

    M-KEY喜べ、シンクロターミナルが無い事を指摘してるぞ、

      • M-KEY
      • 2018年 3月 24日

      私の知る限り、α7 IIIにシンクロターミナルが無いのを指摘した最初のメディアです。
      内部の機構のかんけいもあるでしょうけど、シンルロターミナルを省くことで
      どれだけのコストが低減できるんでしょうか?

      最近はラジオスレーブを使う事が多くなってきましたし、
      ニコンのAS-15を使えばいいと言われるとそれまでなんですが
      α77系にもあるのに、なぜα7 IIIに付けないのか・・・

        • ken
        • 2018年 3月 24日

        ソニーが要らないと判断してんでしょう。
        ニコンも中堅機のD750D610にも付けなかったし。
        (古くはAE-1にはあったのにAV-1にはなかった)

        ここで『まだシンクロコード使ってるの?』とお叱りを受けたこともあるし
        必要ないユーザーも多いのでは?

        古いストロボの電気の逆行によるデジタル部分への影響もあるのでは?なんて推理もしてしまいます。
        そこを防御対策するのに結構費用かかってたりしてね。
        社外品のシンクロユニット使った上での故障ならソニーの責任の範疇じゃないしね。

          • 匿名
          • 2018年 3月 24日

          「電気の逆行によるデジタル部分への影響もあるのでは?」

          何か根拠があるのですか? シンクロコードはトリガーの小さな信号を送るだけで、それ自体に発光用の大電流が流れるわけではないので、いわゆるサージ電流が投げれるはずはないと思うのですが?

            • ken
            • 2018年 3月 24日

            ここ『デジカメジン』の書き込みで教えてもらったから。
            M-KEYさんが詳しかったと記憶してます。
            大型ストロボを使う上で参考になりました。

            • M-KEY
            • 2018年 3月 24日

            30年以上前のフラッシュだとシンクロ電圧が高くてカメラを壊す可能性がありますが
            最近のフラッシュで出どころのハッキリしているモノは心配ないと思います。
            シンクロコードを使う頻度は少なくなってきておりエントリーモデルでは必要ない
            という判断も理解できるのですが、それならα9の方が必要度は低いのでは?

            • ken
            • 2018年 3月 24日

            M-KEYさん
            一応α7IIIはこのシリーズのベーシックモデルだから
            フラッグシップのα9と差を付けたかったのかも?
            無印やIIの頃はα9は無かったワケだし。

            大型ストロボの電気の逆行はここ30年のものは大丈夫なんですね。
            前に書き込みで教えていただいたのはM-KEYさんじゃなかったのかな。
            失礼しました。
            最近のメーカーのも機種によっては逆行電気が強いものもあるという書き込みを記憶していました。

            • M-KEY
            • 2018年 3月 25日

            1980年代末期、EOSがスタジオで使われはじめた頃に
            シンクロ電圧の問題が明るみになりました。
            その当時でも、問題になるのは基本設計が古いモノの一部でした。
            中にはバルカーのSuperAの様に、一見新機種に見えても
            中身は昔のままというストロボもあったのですが、
            さすがに、現在レンタルで運用されているモノは大丈夫なハズです。

            • ken
            • 2018年 3月 25日

            そういう事らしいです。
            上の匿名さんわかったかな?

            • 匿名
            • 2018年 3月 26日

            銀塩時代のストロボはちっぽけなクリップオンでもキセノン放電管のトリガー電圧の300Vがダイレクトにかかる物が多かった。
            サンパックのクリップオンやグリップタイプで外光オートのみのタイプは軒並み高圧シンクロ。パナはストロボットというズーム機構がつくようになった物以降なら安全だが、それ以前は高圧シンクロ。
            旧ミノルタの2Vというシンクロ電圧を採用しているソニーからしたら、高圧シンクロの古いストロボ繋げられるリスク避ける意味でもなくした方が吉だろう。
            ソニーのミラーレスユーザーのストロボ撮影と言うと純正クリップオンかニッシン、Godox、Yongnuoのクリップオン使ってるのが圧倒的多数だろうし。

            • 匿名
            • 2018年 3月 27日

            ストロボットって40年近く前じゃん

            • ken
            • 2018年 3月 27日

            サンパックの縦型クリップオンは名器!

            • M-KEY
            • 2018年 3月 28日

            >サンパックのクリップオンやグリップタイプで外光オートのみのタイプは軒並み高圧シンクロ

            これは、古いフラッシュを使う場合の注意点であって、シンクロコネクターの有無とは直接関係ないのでは?
            ちょっと気になって検索したら、こんな記事がサルベージされました。
            http://www.digicamezine.com/mt-static/2013/12/lumix_dmcgx7watch_6.html

            • ken
            • 2018年 3月 28日

            M-KEYさん、懐かしい。
            5.7.9.12.23.27は僕ですね。

            確かにシンクロコードターミナルの話なのでクリップオンはズレましたが
            古いストロボは電圧によるリスクがあるという情報で
            【「電気の逆行によるデジタル部分への影響もあるのでは?」
            何か根拠があるのですか? シンクロコードはトリガーの小さな信号を送るだけで、それ自体に発光用の大電流が流れるわけではないので、いわゆるサージ電流が投げれるはずはないと思うのですが?】
            という質問につながる有益な情報なのでいいじゃないですかね。

            • M-KEY
            • 2018年 3月 28日

            「古いストロボは電圧によるリスクがあるという情報」
            を承知しての過去記事引用です。
            シンクロトリガーの高電圧と特定機種のシンクロコネクターの有無は
            別の問題でしょう。

            • ken
            • 2018年 3月 28日

            シンクロターミナルを付けるには
            単に穴空けたりコード引っ張ったりじゃなく
            シンクロトリガーの高電圧にも対応しなきゃならないので
            そっちの対策がコストかかるんじゃないにかなって推理したと
            はじめの方に書いたつもりですが
            やっぱり文章力がないんですね。
            ごめんなさい。

            それともシンクロトリガーの高電圧は古いストロボだから
            ソニーは気にしないでターミナルつけろってことかな?
            その辺はメーカーのみぞ知るって感じですね。

            全国(全世界)には古い大型ストロボ使ってるひともいるから
            クレーム全ての対応考えてる可能性はないかな。

            • M-KEY
            • 2018年 3月 29日

            古くトリガー電圧の高いフラッシュをAS-15等を介しても危険性は変わらず
            シンクロターミナル未搭載の理由とはならないでしょう。
            上にも書いたように、最近の製品なら「ほぼ」問題はない訳ですし、
            シンクロターミナルがあるα9やα7R IIIでも
            「シンクロ電圧が400V以下のフラッシュをご使用ください」
            という注意書きがあります。

            • 匿名
            • 2018年 3月 30日

            ミラーレスは、ライトユーザーの比率が一眼レフよりも高いし、オフカメラでストロボを使うといっても、プロとてイルコみたいにラジオスレーブでクリップオン使う人が多いだろ。
            ミラーレスにシンクロソケットを希望って、ミラーレスに今更コメットやプロペットでもつないで使うつもりなのか?それらを使うにしても、今時有線でつなぐのか?
            シンクロケーブルで繋ぐということは、ハイスピードシンクロは出来ないから、それこそCactus V6やGodox XT-16の様な汎用ラジオスレーブ使えばすむことだろう。
            メーカーはミラーレスにシンクロケーブルを使う様な購入者のうちの数パーセント者の為にシンクロソケットは作らんよ。
            プロだって、塙慎一氏とか技適対応のラジオスレーブが多くなった今の時点では、ケーブルをひっかけたりするシンクロケーブルなど使わない方が良いと言っているぞ。

        • 匿名
        • 2018年 3月 26日

        そりゃPC端子つけるだけでどれだけ作業工程が増えることか。。。ボディに穴開けると防塵にも影響するだろうし余程需要がない限り削られて当然でしょう。

        あとは初代に比べて200g近く重くなった重量をできるだけ軽くしたいと言うのもあるのでは?

          • M-KEY
          • 2018年 3月 27日

          コストや重量はともかく、すぐ隣りにマイク端子の穴が空いているので防塵性能は無関係でしょう。
          使用形態を想像すれば、α9よりもシンクロコネクターの重要度は高そうなのに・・・

    • 匿名
    • 2018年 3月 24日

    ミラーレスは新しいのが出ると目移りする。
    DSLRも10年前は新製品が出ると目移りしてたが、
    今はあまり感じない。今持ってるやつで十分だと感じる。
    パソコンも昔は新製品に目移りしてたが、最近はなくなった。
    新分野の商品はそういうものなんだろうなあ。

    • 匿名
    • 2018年 3月 25日

    あまりに強力すぎて腰が抜けたw

    • 匿名
    • 2018年 3月 25日

    ここ数年、タイトルに「○○すぎる」などと書いているのをよく見かけるけど、バカっぽく見えるからやめたほうがいいと思う。

      • 匿名
      • 2018年 3月 26日

      同意。バカすぎる記者やライガー、編集者が増えたためだろう。

        • 匿名
        • 2018年 3月 26日

        「強力すぎて」を「バカすぎる」が笑ってる

        • 匿名
        • 2018年 3月 26日

        獣神が何の関係?

      • 匿名
      • 2018年 3月 26日

      いるよね。日本語警察。

    • M-KEY
    • 2018年 3月 30日

    匿名 :
    ミラーレスは、ライトユーザーの比率が一眼レフよりも高いし、オフカメラでストロボを使うといっても、プロとてイルコみたいにラジオスレーブでクリップオン使う人が多いだろ。
    ミラーレスにシンクロソケットを希望って、ミラーレスに今更コメットやプロペットでもつないで使うつもりなのか?それらを使うにしても、今時有線でつなぐのか?
    シンクロケーブルで繋ぐということは、ハイスピードシンクロは出来ないから、それこそCactus V6やGodox XT-16の様な汎用ラジオスレーブ使えばすむことだろう。
    メーカーはミラーレスにシンクロケーブルを使う様な購入者のうちの数パーセント者の為にシンクロソケットは作らんよ。
    プロだって、塙慎一氏とか技適対応のラジオスレーブが多くなった今の時点では、ケーブルをひっかけたりするシンクロケーブルなど使わない方が良いと言っているぞ。

    「最近はラジオスレーブを使う事が多くなってきましたし、
    ニコンのAS-15を使えばいいと言われるとそれまでなんですが
    α77系にもあるのに、なぜα7 IIIに付けないのか・・・」

    パナソニックG9やオリンパスのE-M1 II/E-M5IIにもシンクロターミナルはついています。
    べつに全てのミラーレス機にシンクロターミナルが必要と言っているのではなく
    メディアスロットが2つになり、バッテリ容量が拡大したα7 IIIにはあった方がいい、
    少なくともα9よりは必要性は高いのではないか?
    たしかにラジオスレーブを使う事が増えていますが、確実性でいえば有線が上で
    カメラが動かない撮影なら、今でもシンクロコードを使っている人は多いです。
    どっちみちテザーのコードがつながっている訳ですし・・・

      • 匿名
      • 2018年 3月 31日

      > たしかにラジオスレーブを使う事が増えていますが、確実性でいえば有線が上で

      これダウト。
      ニコン、キヤノンの純正クリップオン用のシンクロケーブルは、プラグ部とソケット部にネジを切ってあって、抜けない様にロック出来るが、オリ、パナ、ソニーのシンクロソケットは、JIS/ISO標準の差し込むだけのもの。最初はいいんだけど使っているうちにプラグ部の先端が緩んできて、ねじを切ってない差し込むだけのソケットだと直ぐにすぐにゆるゆるになって簡単に抜け落ちたり接触不良を起こす。
      それでも、有線の方が安心というならニコンのAS-15をつけて、一部中華ラジオスレーブのオプションに一方がニコンのねじ止め対応(キヤノン用もあるはずだが見つけられなかった)のシンクロソケットに固定できるネジつきのシンクロプラグでもう一方が3.5mmミニプラグになったのがあるから、それに3.5mmミニジャック⇔6mmプラグの延長ケーブルを併用してホットシューに付けたAS-15のロックネジ付のソケットに付けた方が、ニコン機以外ならカメラのシンクロソケットに直にJIS/ISOシンクロプラグ⇔6mmプラグのシンクロケーブルより信頼性と確実性が高いと断言しておくよ。

        • M-KEY
        • 2018年 3月 31日

        シンクロトランスミッターは赤外線時代からいくつか使ってきましたが、
        電池が弱った時は当然として、急に反応しなくなる事が偶に経験しており、
        今はゴドックスのX1を使っていますが、送信機側のテストボタンで発光するのに
        カメラのレリーズと連動しなくなる事は偶にあり(当然、電池は満充電です)
        バックアップとしてシンクロコード(とAS-15)は常備しています。

        シンクロソケットが不要なら何故EOS-1Dxや5D系、D5、D800系、D500
        K-1系、α99系/77系、α9、α7R III、GH5系、G9、E-M1系、E-M5系などに
        付いているのでしょうか?

        ネジ付きのシンクロコードですが、以前はフォンジャック用で3m以上のモノがなく
        ニコンのSC-11を切断して片方を標準プラグにしたモノを自作していましたが
        最近はネットで中華製が買えるようになっていますね。

          • 匿名
          • 2018年 4月 01日

          > シンクロソケットが不要なら何故EOS-1Dxや5D系、D5、D800系、D500
          > K-1系、α99系/77系、α9、α7R III、GH5系、G9、E-M1系、E-M5系などに
          > 付いているのでしょうか?

          シンクロソケットを現場での実用上の信頼性も考慮した(ロックネジ機構を用意している)カメラメーカーの一眼レフと家電メーカーや一旦一眼レフから撤退したメーカーのミラーレスは区別すべきだろう。
          キヤノンとニコンはシンクロソケットにロックネジがあり、ロック機構に対応したケーブルなら脱落や接触不良を防げるようになっている。産業用ではシンクロケーブルでカメラと同期をとる機材が残っている。それらの機材ではキヤノン、ニコン用にロック機構に対応したケーブルがある。
          産業用にはミラーレスはまだまだ耐久性と信頼性の関係で使われないというか、ミラーレスだったら更に産業用に特化したCCDカメラやCMOSカメラがあるから、一般用のミラーレスなんか使う意味がない。(ラージセンサー用産業カメラマウントはFマウントが圧倒的多数で、それに続いてプラクチカマウント、Kマウント、EFマウントくらいの順)
          産業用のAPS-C以上のサイズのセンサーのCCDカメラやCMOSカメラはFマウントがデファクトスタンダードで、キヤノンすらFマウントのCMOSカメラ出している。もちろん、EFマウントも並行して出している。
          産業用の画像記録の場合は、CCDカメラやCMOSカメラは産業用PCとがっちり繋がれているから、一度セットしたらあとは基本動かさない(動かしやすくしたものも当然ある)。但し、同じレンズを使って角度をちょこちょこ変えたい場合に補助用に一般カメラも使う際に、同期信号の受け渡しに使う。ミラーレス使うなら動かしやすくしてあるCCDカメラやCMOSカメラをはじめから使えばいいだけだから出番はない。
          言っちゃ悪いが、ミラーレスのシンクロソケットは上位機種らしく見せる飾りの意味合いも強いと思う。αユーザーでシンクロソケットにケーブル繋げて使うなんてのは比率から言ったら0.01%以下だろう。オリパナだって同じこと。パナなんかは自社の機種のプロユースの使われ方わかっているから、動画用のI/Fを充実させる方向だしな。
          それから、中華のラジオスレーブに信頼性といっているが、信頼性を求めるならプロフォトのAirSynchなり、コメットやサンスターの汎用ラジオスレーブ使うものだろう。知らぬ間の脱落や継続使用によるソケットのゆるみによる接触不良考えたら、ロック機構のないJIS/ISOタイプのシンクロケーブルの信頼性も中華スレーブも似たようなものだろう。安かろう悪かろうという極めて分かりやすい原理。

            • 匿名
            • 2018年 4月 01日

            確かに反応しなくなった時に断線なのかコネクターの接触不良なのか、はたまたストロボ側の接触不良なのか分からない。。。

            中華スレーブでも3つくらい買っておけば良いだけだし抜き差しが無い分壊れる可能性も低いだろう。

            • 匿名
            • 2018年 4月 01日

            Wi-Fiでもそうだが電波式は接続が不安定になる事があり有線接続の方が安心感はあるからシンクロコードを使いたいという人は一定数居るだろう。
            でもコードとの相性もあるだろうがニコン機のシンクロカプラーは抜けやすい。
            そうかと言ってネジ式だと何かに引っかかると危険だからパーマセルで補強して使っていた。
            途中にミニジャックをかませる方法は良さそうだな。

            • M-KEY
            • 2018年 4月 02日

            >ミラーレスのシンクロソケットは上位機種らしく見せる飾りの意味合いも強いと思う

            だったら余計にα7 IIIには欲しかったです。

            • 匿名
            • 2018年 4月 02日

            シンクロソケットなんて要らんな。そもそもそんなソケットを使用するストロボ使おうとも思わないし。
            飾りで欲しい? くだらない。

            • 匿名
            • 2018年 4月 02日

            だったら上位機種っぽく見せたい人は適当に古いカメラ買ってきてバラし、シンクロソケット取り出して主観接着剤で好きなところに着けとけばいいやん!

            • 匿名
            • 2018年 4月 02日

            オリ機とフジ機のシンクロターミナルにはネジが切ってある

            • 匿名
            • 2018年 4月 03日

            >主観接着剤!
            要らないと思ったら すぐに剥がれるやつだな。

  1. Puro Página da Web , Continue o grande trabalhar .
    thnx ! https://www.residentshield.com/livingathome/

コメントは利用できません。

鈴木知子さん「スナップはいつだって真剣勝負!~部屋に飾りたくなる写真のススメ~with α7 III」レポート(デジカメWatch)

ソニー「α6000 ダブルズームキット」とキヤノン「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」が驚きの同率1位(ITmedia デジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ