デジタルカメラ情報サイト

大人になった!? シリーズ初のミラーレス「EOS Kiss M」(日経トレンディネット)

【三井公一の最新デジカメ撮って出し】
弱点は対応レンズ、拡充に期待したい
初登場から25年、大人になったEOS Kiss
直感的な操作はそのままに描写性能がアップ
ファインダーは光学式に、課題はレンズの種類

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 4月 12日

    EF-Mは単焦点が少ないね

      • 岩清水
      • 2018年 4月 13日

      ダブルズーム以外を使いたければマウントアダプタにEFレンズを買ってくださいということではないですか?

        • M-KEY
        • 2018年 4月 13日

        いままでは「それ」で良かったでしょうが、
        今後は明るめの標準ズームやF2クラスの単焦点も補充していくのでは?
        私の場合、ソニーEのAPS-Cでは10-18mmと16-70mmの2本で全体の7割ほどをまかなっていますが
        背景をぼかしたい時は24mmF1.8、35mmF1.8、50mmF1.8、85mmF1.8を使います。
        EF-Mのラインナップだと、50mmF2のハーフマクロが加わると面白いと思います。

      • nroff
      • 2018年 4月 13日

      あと1、2本いいレンズが追加されると、導入を検討する人はぐぐっと増えると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

薄型高倍率コンパクトに久々の新モデル 15倍ズームレンズを搭載――Panasonic LUMIX TX2(デジカメWatch)

「FUJIFILM GFX 50S」の最新ファームウェアが予告(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ