デジタルカメラ情報サイト

自動バウンスストロボと写真家が対決!――キヤノン スピードライト470EX-AI(デジカメWatch)

【デジカメアイテム丼】
バウンス撮影とは?
写真家VS.自動バウンス シーン1(横位置→縦位置の切り替え)
写真家VS.自動バウンス シーン2(引き→寄りの切り替え)
セミオートモードでステップアップも
by 萩原和幸

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • 匿名
    • 2018年 4月 26日

    キヤノンのスピードライトの調光って評判が悪いのでは?

      • 匿名
      • 2018年 4月 27日

      ニコン好きうざすぎ。

    • ネガティブD800ユーザー
    • 2018年 4月 27日

    >バウンス撮影が自動でできる機能は評価するが6万円近くするので、ガイドナンバー47のストロボとしてはコストパフォーマンス面ではやや低く感じた。

    いつも思うんだけど、いい加減ガイドナンバーを最大望遠に設定した数値で表記するのやめてほしい。

    メーカーは購買者に錯誤をさせて買ってもらいたいからそうするのはまだわかるけれど、個人のブログでなくメディアとしての記事ならば、ちゃんと35mmの画角での数値も併記すべき。

    百歩譲るとしたらせめて「ガイドナンバー最大47」とすべきでしょうに。

      • ken
      • 2018年 4月 27日

      メーカーから表記してはいけません!と言われてたりして?

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2018年 4月 27日

        あるいは流行りの「忖度」?(笑)

      • 匿名
      • 2018年 4月 27日

      「当社では ストロボのガイドナンバーを ベストエフォート値として表示しております!」(爆)

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2018年 4月 27日

        ベストエフォート!(笑)

        お上手!

      • M-KEY
      • 2018年 4月 27日

      カタログ情報のスペック欄の丸写しですから仕方ない部分はありますが
      仕様表を確認すれば35mm時の照射角でGN=29(ISO100・m)はわかるので
      そのあたりは補足してもらいたいですね。
      でも、最近は個人のブログの方がちゃんとしているかも?

      思ったよりも自動バウンスのスピードが速く、さすがにフルオートモードは使いませんが
      縦横切り替えにセミオートは十分に実用可能だと感じました。
      でも、デジタルカメラならセンサーやマウントごとレボリングするような機種が
      あってもいいような気がします。

      • 匿名
      • 2018年 4月 27日

      >ガイドナンバー47のストロボとしてはコストパフォーマンス面ではやや低く感じた。

      ガイドナンバー47ってたいしたことないぞ。ソニーにはガイドナンバー60のストロボがあるぞ!
      200ミリの望遠で使った場合に そのガイドナンバーなんだそうだ。

      「このストロボの能力を最大限発揮するには 200ミリのレンズを装着してください!」ww

    • 匿名
    • 2018年 4月 27日

    動画がわいせつ過ぎる

      • 匿名
      • 2018年 4月 27日

      モデルの娘が田舎っぽくて良いです。

    • 匿名
    • 2018年 4月 28日

    こういうハウススタジオだったら、並行輸入品が\35,000のGodox AD200をスタンドでアンブレラか、中華の\6,000の折り畳みビューティディッシュ使った方がよっぽど綺麗に撮れるぞ。

      • ken
      • 2018年 4月 28日

      それじゃCanonの提灯記事にならない出してしょ!

    • 匿名
    • 2018年 4月 30日

    Sofmapの例の背景のあるグラドル/AV女優の作品発表会やるステージならバウンスは有効だが、ちゃんとしたハウススタジオで撮るならクリップオン一灯のバウンスなんてライティングとは言えない。
    こういう機材(http://panproduct.com/?p=17208)でAmazonで1台7000円のYongnuoのYN560 IIIを3台束ねて4500円の技適対応YN560TX IIトランスミッターで制御し、5000円の150cmのホワイトアンブレラ(これアガイとかでもったいぶって2万近い価格で売っているが、製造元はみな一緒)使った方が間違いなく光の回りのいい綺麗な写真が撮れる。

      • M-KEY
      • 2018年 5月 01日

      一対一で時間的にも余裕を持って撮影できるなら、ちゃんとしたライティングを組みたいですが
      多人数に同時に撮るとか、時間的な余裕がない時はバウンスは有効な手段です。
      でも、AD200を仕込んでアクセントライトにすれば、一味違った仕上がりが期待できそう。

コメントは利用できません。

「新緑のみずみずしい色を引き出す」レタッチテクニック(デジカメWatch)

子供をキレイに撮るたったひとつの冴えたやり方(その3)(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ