デジタルカメラ情報サイト

OM-Dシリーズの違いを見てみよう(2018年春)(デジカメWatch)

高速性能の1、価格がこなれた5、カジュアルな10
by 北村智史

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (61)

    • たで
    • 2018年 5月 01日

    E-M1 MarkIIでの連写でAFターゲットを縦位置と横位置で切り替わらない部分以外に
    今のところでストレスを感じることはないですが (要するに、対応できる範囲である)、
    E-M5 Mk2で動体を撮れると言いたくはないですね。いろいろ初心者には向かない。
    癖を理解しているなら動体でもなんでも大丈夫だし、ま、ポテンシャルは高いけどね。

    実のところ、よほどのことがない限りE-M5 Mk2で相当な要求に十分な映像が撮れる。
    そして、E-M5を持ち込んだ場合受ける質問は大体2種類で面白いと思うので紹介すると、
    1) 携帯でもそれなりの画像が撮れるのに、それで撮ると、どういうメリットがあるの?
    2)そういう小さなカメラでちゃんと撮れているの? もっと大きなカメラが普通じゃない?
    まぁ、前者も後者も、それなりに面倒くさいけど、大体説明すると大丈夫だったりする。

    一番面倒なのは、でかいカメラは現場に持っていくな、禁止、などと言われたりする場合。
    E-M5 Mk2でさえでかい範疇で、しかも携帯は別枠だったりする。まぁ、現場が危険なほど
    保守的だし、ダブルスタンダードだとしても、現場はボスが全てだったりするのであった。

      • 匿名
      • 2018年 5月 02日

      現場って なに?

        • たで
        • 2018年 5月 02日

        主に船ですね。

    • ニコン好き
    • 2018年 5月 02日

    キャノンは、EOS Kiss Mを出したし
    ニコンもミラーレス機に参入するし
    来年の今頃のカメラの勢力図は、どうなってるだろうか?

    110フルサイズは、生き残れるのだろうか?

      • 匿名
      • 2018年 5月 02日

      110フルサイズね・・・お前友達いないだろ。

      • 匿名
      • 2018年 5月 02日

      110フィルム基準ならフルサイズなんだし、胸張ればいいよね。
      35ミリ判と比べたりするからダメなの。
      トンチンカンな巨大F1.2シリーズとかやってるから、
      行きつくところは画質、で終いにはセンサーサイズの小ささで見下されるわけだ。
      もっと小さなセンサーとしての生き方を考えた方がいいと思う、4/3は。
      個人的にはスーパー35㎜を積んだ動画機として期待するが、
      この分野も最終的にはソニーEが食っていくのだろうか。

        • 匿名
        • 2018年 5月 04日

        同感です。
        小さなセンサーなりの良さを生かしていないんだよね。
        画質じゃ、上位規格に勝ち目ないのだから、
        もう少し考えてもらいたいね。

          • 匿名
          • 2018年 5月 05日

          >小さなセンサーなりの良さを生かしていないんだよね。

          たとえば良さを活かした製品とはどのようなものが言えるでしょうか。
          ボディにおいては?レンズにおいては?周辺機器においては?

            • 匿名
            • 2018年 5月 05日

            オリf1.8単焦点や12-100PRO、パナのパンケーキや8-18とか12-60なんかはMFTの利点を活かしている

            • 匿名
            • 2018年 5月 05日

            >なんかはMFTの利点を活かしている

            なるほど、利点を活かしたレンズはあるんですね。
            じゃぁそれらと別に、それらのレンズを使いつつやはり大きめのボケもほしいと思った人なんかのためにF1.2PROがあってもいいんじゃないんですかね。
            ニコンの一眼レフではDタイプ単焦点レンズ群がいまだ現行品だが58mmF1.4なんてのもあるし、サードパーティにおいてはシグマなんかは画質を重視して重厚長大化している現状、同様にMFTにおいても小型軽量なF1.8シリーズがありつつF1.2PROがあっても別にMFTだけが無茶しているわけではないと思うのですが?

            • 匿名
            • 2018年 5月 05日

            なんらかの事情でMFTしか使えない人の為にf1.2は必要だろうが
            ボケが欲しい時は35フルを使う方が手っ取り早いんだよ。

            • 匿名
            • 2018年 5月 05日

            >なんらかの事情でMFTしか使えない人の為にf1.2は必要だろうが
            >ボケが欲しい時は35フルを使う方が手っ取り早いんだよ。

            複数マウントを運用できる人は実際にはそう多くないだろう。
            MFTから写真を始める人も今は多いだろうし、そういう人もボケを楽しみたいと思うこともあっていいのでは?

            • 匿名
            • 2018年 5月 06日

            ええっ?複数マウント持ち、多いと思うけどなぁ。
            ひとつだけ選ぶにしてもm4/3は無いと思うわ。

      • 匿名
      • 2018年 5月 03日

      Black Magic Pocket Cinema Camera 4Kの紹介ビデオをYouTubeで見てたら、”Micro Four Thirds Full Size”とか言ってた。
      GH5sと同じ(かどうかは知らんが)マルチアスペクトセンサーのことをそう呼ぶのだろうか。

        • 匿名
        • 2018年 5月 04日

        前のモデルがM4/3マウントだけどセンサーサイズはsuper16だったから、今回のセンサーは4/3のイメージサークルをフルで使えるって強調したかっただけだろ。

      • 匿名
      • 2018年 5月 04日

      「米粒フルサイズ」のニコン1がいいって言う酔狂なニコンファンも居ることだし、別に豆粒でもいいんじゃないの。
      あ、米粒フルサイズはついに終焉を迎えたようだね。米粒じゃ….

      • 襤褸猫
      • 2018年 5月 04日

      使っている人は35㎜サイズからのリプレイスをして使っている、物足りない人は35㎜サイズ以上に手を出す、そんだけですから、画素サイズの選択なんて。

        • 匿名
        • 2018年 5月 04日

        >画素サイズの選択なんて。

        ピクセルサイズのことか?

    • 匿名
    • 2018年 5月 03日

    1.2シリーズのレンズのトルク感とか良いんだけどな。あとE-M1のダイアルとかシャッターとか使い心地は良いんだけど、デザインもうちっと何とかなんない?とは思う。フルサイズに負けんばかりとイキり過ぎでしょ。
    シンプルにしてPEN Fぐらいのサイズで防塵防滴でレンズも高級感持たせて小さいのに凝縮感持たせたらそれなりに立ち位置はあると思うのだが。

      • M-KEY
      • 2018年 5月 03日

      >防塵防滴でレンズも高級感持たせて小さいのに凝縮感
      同感です。
      別にF1.2レンズの存在は否定しませんが、
      それをイチオシにするのは「ちょっと違う」と思います。

      • 匿名
      • 2018年 5月 03日

      ほんとそう思います。
      小さいのに色々詰め込むからボタンやスイッチでゴチャゴチャ。
      もっとシンプルにしてメニューでの変更を容易にしてくれた方が良いですね。

        • 匿名
        • 2018年 5月 03日

        そういうカメラがあってもいいね
        でもフラッグシップ機やF1.2レンズもあってもいいでしょ

          • 匿名
          • 2018年 5月 03日

          鰯水君ならf1.2レンズを出したらf1.8は生産中止になると言いそうだ

            • 岩清水
            • 2018年 5月 05日

            私はビンボーなのでF1.8のほうを買いますが。

          • 匿名
          • 2018年 5月 03日

          フラグシップだからこそ使いやすいインターフェースにボタン配置にするべきと思います。
          レンズは選択肢が増えた方が良いので色々出すのはありですが、レンズの数が増えるのはちょっと疑問です。
          その辺はパナソニックやフォクトレンダーの方が上手いと思いますよ

            • 匿名
            • 2018年 5月 03日

            しっかりオリンパスに指摘してやって。
            レンズの数は別に多くていいんじゃないの?

            • たで
            • 2018年 5月 03日

            自分はそれほど使いにくいインターフェイス&ボタン配置
            とは思っていませんが、どういうところが不満なのかを
            自分はわからないので是非。伝えることが大事と思います。

            f1.2レンズ使う使わないはユーザーが考えればいいので、
            売り出す分は出せばいいんじゃないの、と思っています。

            • 匿名
            • 2018年 5月 04日

            CP+で言ったことあります。E-M5mark2ですがカバンに入れたときにスイッチが変わってしまい絞り変えようとしたら違う項目が変わってパニックになったとか、シャッター周りのボタンが小さく距離が近いから押しにくいとか。

            レンズの枚数が増えると色々と補正出来るのですが、欠点はフレア、ゴーストが出やすくなり、重くなったりコストが高くなってしまいます。
            フレアは綺麗な出方なら良いのですが微妙に出ると嫌ですよね。

            • 匿名
            • 2018年 5月 04日

            >レンズの数が増えるのはちょっと疑問です。

            レンズの「構成枚数」って書けよ。
            「種類が増える」と受け取る人が殆どだぞw

            • 匿名
            • 2018年 5月 04日

            >レンズの枚数が増えると色々と補正出来るのですが、欠点はフレア、ゴーストが出やすくなり、重くなったりコストが高くなってしまいます。

            せっかくF1.2にしても構成枚数が増え透過率が落ちて実際の明るさがF1.8とたいして変わらないというオチ

            • 匿名
            • 2018年 5月 04日

            今のデジカメで、特に4/3以上のセンサーにおいてF1.2の明るさがどこまで必要?
            このF1.2は明るさを求めてのものではないと思うけど?

            • 匿名
            • 2018年 5月 04日

            >せっかくF1.2にしても構成枚数が増え透過率が落ちて実際の明るさがF1.8とたいして変わらないというオチ

            ??

            • M-KEY
            • 2018年 5月 05日

            さすがにF1.2のレンズの実質的な明るさがF1.8と大差ないということはないですが
            オリMZD25mmF1.2 PRO とパナDG ズミルクス25mmF1.4のT値は同じようです。
            MFT機はメカシャッターでも作動音が小さいのでライブなどの撮影に適していますが
            せっかく高価で大きなF1.2を買っても、実際の明るさがF1.4と同等だと
            「なんのためのF1.2なのか?」 と疑問を感じますね。

            操作性に関しても、E-M5系のボディサイズはα7系とそれほど変わりませんが
            狭いところにボタンが多く配されていて、決定的に使いづらい訳ではないですが、
            窮屈に感じます。

            • 匿名
            • 2018年 5月 05日

            補正の為にレンズの枚数が増えるのは今時の高性能レンズだと
            普通じゃないの?

    • M-KEY
    • 2018年 5月 05日

    匿名 :
    補正の為にレンズの枚数が増えるのは今時の高性能レンズだと
    普通じゃないの?

    レンズを明るくすると各種収差の補正のために光学系が複雑になって
    コーティングの技術が優れていればいいのですが、オリンパスの場合は
    透過率が落ちてT値が下がりがちで、結局は得られるシャッタースピードは
    たいして変わらず、多少はボケ量が大きいだけのフレアの出やすい
    大きく重く高価なレンズになってしまう。
    それに無理してF1.2にしても、そのボケ量は35mmフルのF2.5相当でしかなく
    それならシンプルな構成で可能なF1.8レンズの方が合理的だということです。

      • 匿名
      • 2018年 5月 06日

      明るさやボケの大きさのためだけじゃなくボケ方にこだわった設計だと聞いたけどどうなの?

        • 匿名
        • 2018年 5月 07日

        だって、ボケ量じゃ上位規格にかないっこないんだから、
        違う売り文句にするしかないじゃん。
        粉飾オリの宣伝を素直に信じるか信じないかは、
        あなた次第です。

      • 匿名
      • 2018年 5月 06日

      なきゃないで文句言うのに、出したら出したで文句を言う
      別に買わなきゃいけないわけでなし、出されると何か困る事でもあるのだろうか?

      ボケ換算も今更誰に向かって言ってるのやら?

        • M-KEY
        • 2018年 5月 06日

        別にF1.2レンズを出してはいけないなんて言っていません。
        フォーサーズの特性には合わないということです。
        ED 17mmF1.2PROの販促のための記事が出ていますが
        せっかく大きく重いレンズなのに、作例を見るf2.5以上に絞ったモノが多く
        申し訳程度に開放値で撮った作例があるくらいで、
        記事からはF1.2の必然性があまり感じられません。

        E-M1 MarkII (574g) + MZD ED 17mm F1.2 PRO(390g) =964g
        FUJIFILM X-T2 (507g )+ XF23mmF1.4 R(300g) =807g
        α7 III (565g) + FE 35mm F2.8 ZA(120g) =685g
        ボケ味に優位性があるといっても、このスペックでMFTは選びにくいですが

        E-M5 Mark II (469g) + MZD 17mm F1.8 (120g) =589g
        こちらの方がMFTの良さをアピールできると思います。

          • 匿名
          • 2018年 5月 06日

          ほんなら35mm判にサンニッパヨンニッパなんてどうなのよ。
          このクラスのレンズでボケ味がとかいう議論はほぼ聞かない、ということは単に画角と明るさが主眼とするならば、たかが300ミリ400ミリの画角とf2.8を得るためにあんな大袈裟で大層なレンズを使わにゃならんなんてフォーマットの特性にそぐわないって言っていいと思うわ。それこそこの超望遠域ではマイクロフォーサーズのほうが適している、と言ってもいいわけ?

            • 匿名
            • 2018年 5月 06日

            サンニッパで背景をぼかしたポートレートが流行っていたが最近はあまり見ないね。

            • ken
            • 2018年 5月 07日

            そもそも自分自身がアイドル写真集やグラビアを見なくなったなあ。。。

            • M-KEY
            • 2018年 5月 07日

            超望遠域はMFTが優位なんですが、高感度特性なども加味すると
            40-150mmF2.8は35mmフルの70-300mm4−5.6と
            200mmF2.8は35mmフルの400mF5.6と比較されるので
            ここでも小型軽量のメリットは見出しにくいです。
            充分な明るさがあり、EVFが問題にならない被写体ならいいのですが
            この場合でも、ニコンDX機の×1.3クロップの方がツブシが利くので
            静音が要求される舞台等の撮影以外でMFTが活きる場面は少ないです。
            ただ、12-100mmや14-150mmのような高倍率ズームでは
            MFTの小型軽量で像の均一性のメリットは大きいですし、
            ディスコンになりましたが12-50mm EZの防水性能は高く、
            悪天候下で重宝しています。

            • 匿名
            • 2018年 5月 07日

            >高感度特性なども加味すると

            高感度の許容レベルは主観による

          • 匿名
          • 2018年 5月 06日

          実質いけないって言ってるよね
          毎度そうだけど、自分の範囲外のものに対して否定からしか入れない人って
          駄目な人ってわかってる?

          重い高級レンズもあれば軽いレンズもあるのは普通にいい事だと思うがね

          • 匿名
          • 2018年 5月 06日

          >E-M1 MarkII (574g) + MZD ED 17mm F1.2 PRO(390g) =964g
          >FUJIFILM X-T2 (507g )+ XF23mmF1.4 R(300g) =807g
          >α7 III (565g) + FE 35mm F2.8 ZA(120g) =685g

          でたよボケ量比較。
          フォーマットの違いで写真の特性が変わるのは必然だろうに。
          そしてなぜかα7IIIだけはボディがボディのみの重量、わざとなのか?
          E-M1はボディ・レンズとも防防、X-T2はボディが防防でレンズは非防防、α7IIIに至ってはボディ・レンズとも防防「配慮」(笑)と異なる。
          当然同仕様で比較が困難なのはわかるが、それにしても恣意的。

            • M-KEY
            • 2018年 5月 07日

            >それにしても恣意的
            さすが、鋭いですね。
            バッテリーとメディアを足しても780gと軽量なんですが
            レンズがちょっと暗いので忖度してみました。

            MFTの17mm f1.2、APS−Cの24mm f1.7、35mmフルの35mm f2.5
            それぞれの画像だけでブラインドテストして区別できるだけの眼力があれば
            MFTのF1.2レンズを使う値打ちがあると思います。
            それにα6300系+E 24mmF1.8ZAを豪雨の中で使っても大丈夫でしたよ。

            • 匿名
            • 2018年 5月 07日

            ダブルマウントが当たり前なんてカメラオタクの思い込み
            マイクロフォーサーズ使いの優先事項は小型で軽量、そして比較的安価
            でもたまにはボケた写真も欲しい
            そんなときフルサイズのカメラとレンズをわざわざ追加するかい?

            • M-KEY
            • 2018年 5月 07日

            >マイクロフォーサーズ使いの優先事項は小型で軽量、そして比較的安価
            >でもたまにはボケた写真も欲しい

            そういう場合はF1.8単焦点シリーズがあるんです。
            F1.2 PROシリーズだと、小型でも軽量でも安価でもなく
            MFTのメリットが薄れてしまうんです。

            • 匿名
            • 2018年 5月 07日

            95%に撮影に小型軽量のメリットを享受したいユーザーがたまの5%で大きなボケが欲しいと思ったときにわざわざフルサイズ・単焦点を買うべきだと?
            それともそんな欲求は持っちゃダメってことかいな?

            • nroff
            • 2018年 5月 07日

            たまにはm4/3を使って絞り開放でボケた写真を撮ろうとしたら、最低感度の最高シャッタースピードでも露出オーバーになってしまい、仕方なくNDフィルターつけました。
            フルサイズならf3.5で得られるボケ量なのですが、無駄に手間がかかりますね。

            • 匿名
            • 2018年 5月 08日

            >最低感度の最高シャッタースピードでも露出オーバーになってしまい、
            古い機種を使ってるんだな?最近の機種では電子シャッター1/32000秒なんてあるからNDフィルター不要。

            • nroff
            • 2018年 5月 08日

            そうです。この時は古い機種を使っていました。
            元記事の機種はどれも電子シャッターが使えますね。

            ただ、残念ながらE-M10mk3についてはメニューのアクセスが悪いですね。
            m4/3は回折と露出オーバーに挟まれて、絞りの選択幅はけっこう狭いので、
            電子シャッターはもっと使いやすくしてほしいです。

    •  
    • 2018年 5月 06日

    匿名 :
    今のデジカメで、特に4/3以上のセンサーにおいてF1.2の明るさがどこまで必要?
    このF1.2は明るさを求めてのものではないと思うけど?

    このシリーズとは別に明るさをもとめたレンズを出してくれるならいいんですけどね。
    T1.8では室内猫撮りしてるともう一声欲しくなるときがあります。

      • ken
      • 2018年 5月 06日

      真面目に質問ですが
      T値って今のレンズはスペックに表記されているんですか?(ミノルタの一部には表記があったけど)
      それとも計算してだしているんですか?

      計算するとしたら透過率はどうやってわかるんでしょう?

        • M-KEY
        • 2018年 5月 06日

        同じ光学系でシネレンズがある場合、そちらにはT値が表記されています。
        またKOWAのプロミナーはカタログ情報に表記しています。
        一部のレンズではDxOMark のレビューに測定されたT値が掲載されています。
        多くのレンズでT値を知る事は出来ないのですが、T値があきらかなレンズを
        持っているなら,それと比較することでT値を類推する事は可能です。
        でも、大事なのはT値の数値ではなく,レンズの実際の明るさです。
        先にあげたMZD25mmF1.2 PRO とパナDG ズミルクス25mmF1.4のように
        半段のF値の為に約2倍の価格で買ったのに実質的な明るさがが同じという
        ケースも出てきます。
        もちろん解像度やボケの違いがあるので、そのためにMZD25mmF1.2 PROを
        選んだならいいのですが、少しでも早いシャッタースピードを得たくて買った場合,
        その買い物は無駄になります。
        レンズ構成図で反射面の数を数えれば、おおよその傾向はつかめるのですが、
        硝材やコーティングの違いで透過率が変わってくるので,カタログ情報に
        T値も表記してもらいたいです。

          • 匿名
          • 2018年 5月 06日

          >T値も表記してもらいたいです。

          これは同意

          • ken
          • 2018年 5月 07日

          M-KEYさん、わかりやすいお答えありがとうございます。
          恥をしのんでまた質問ですが
          全く同じ光学系のシネレンズとスチールレンズってあるんですか?
          スチールレンズを動画カメラに付けることはよく見ますが
          逆にあの高価なシネレンズと同じ光学系(レンズ構成やコーティング、反射率など)
          のスチールレンズだとかなりお高くなりそう。。。
          【多くのレンズでT値を知る事は出来ないのですが、T値があきらかなレンズを
          持っているなら,それと比較することでT値を類推する事は可能です。】
          同種の明るいレンズも揃えられないしT値のあきらかなレンズも持っていない。。。
          それにF1.2とF1.4の明るさを比べる目も持っていない。。。
          ビンボー人はF値にだまされたままだなあ。。。(だましてるワケではないが。。。)
          シャッタースピード1/3絞りくらいの差で2倍の価格差なら感度を1/3あげて対応しちゃいます。
          感度1/3あげた差を画像でわかる目も持ってないし。。。

            • M-KEY
            • 2018年 5月 07日

            単体露出計を使っているなら、レンズごとの透過率の差は重要なのでは?
            絞りの1/3段の差で被写界深度というかボケの差の判別は難しいですが
            ギリギリの高感度だと1/3段でもノイズの出方は違ってきます。
            高感度特性に余裕のないMFTでの暗所撮影で1/3段は大きいです。

            http://cweb.canon.jp/cinema-eos/special/ef-cinemalens/lineup/index.html
            https://www.sigma-global.com/jp/cine-lenses/products/ff-high-speed-prime/
            これらはスチルカメラ用のレンズと基本光学系は共通しているようです。

            • ken
            • 2018年 5月 07日

            かなり貴重な情報ありがとうございます。
            Canon、シグマともにこのシネマレンズはスチール用で販売されているのと同じ光学系、同じ透過率なんですね。
            そう考えるとスチール用ってすごく安いんですね!
            そりゃ予算のない現場ではスチール用を流用するわ!

            単体露出計を使うときは大型ストロボ使ったり(バランス見たり)
            デジタルになって確認してから調整しながら(ISO100を125にあげても僕はわからない)使ってるのでそれほど透過率は業務では気にしないかな。
            (気にする撮影法があるのは否定しません!)

            ギリギリの高感度。。。ISO3200で手持ち1/30、1.2か1.4で悩む撮影は最近ないなあ。。。フィルム時代でISO800が限界の使用時には悩んだけど。。。
            当時もT値はあんまり知らなかったし。

            【高感度特性に余裕のないMFTでの暗所撮影で1/3段は大きいです。】
            挙げてもらったCanonとシグマのレンズですが
            MTFで使うひと多いのかな。。。。

            • ken
            • 2018年 5月 08日

            失礼!
            MTFじゃなくMFTでした。
            いつも通りM4/3と書くべきでした。
            また【挙げてもらったCanonとシグマのレンズですがMTFで使うひと多いのかな。。。。】この一言も蛇足でした。
            すみません。

コメントは利用できません。

タムロン、フルサイズEマウントレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD」を正式発表(デジカメWatch)

江戸時代! 1840年設計のロシア製オールドレンズ「Petzval」で猫を撮る(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ