デジタルカメラ情報サイト

カシオがコンデジから撤退 QV-10からの主なデジカメを振り返る(ASCII.jp)

by ハシモト/ASCII編集部

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 5月 11日

    EX-P505が無い

    • 匿名
    • 2018年 5月 11日

    QV-10を会社で買ったが、画質が悪すぎて、即、廃棄。
    あんな画質で一番乗りを取られたカメラメーカーは、悔しかっただろう。
    でも、デザインは、良かった。

      •   
      • 2018年 5月 15日

      ほぼ同期のフジの奴だとだいぶんマシだったのにね。
      ただアレは液晶が無かったんでデジカメとしての使い方を示しているって点ではQV-10だとは思う。

    • 匿名
    • 2018年 5月 12日

    あの頃はどれも画質は悪かった、あの値段でデジタル記録できるだけで新鮮だった。

    メモリーカードすらなかった時代だからなあ。。。

      • 匿名
      • 2018年 5月 12日

      ソニーのマビカ使ったよ あのころ。35万画素・記録はフロッピーディスクだった。今思えば低性能だけど 書類に写真を貼り付けられるのは当時としては画期的だった。

      • 匿名
      • 2018年 5月 12日

      確かに、当時は画質がどうとか語る物じゃなかったよね。
      自分の中では100万画素に達する頃になって初めてメモがわりに持っていても良いなと考え出したが、まだまだフィルムカメラがメインで、趣味の道具としてデジタルの画質とかを意識するようになるのは数年先のミレニアム以降だった。

      • ken
      • 2018年 5月 12日

      かなり昔、野球場に撮影業務で行ったとき
      新聞社(かな?)のカメラマンがフロッピーを金網の隙間から渡せるか試してる光景を見ました。
      フィルム(試合途中)なら隙間から楽々通してバイク便だったんだろうね。
      (もちろん球場の現像室も活用しただろうけど)
      ネットが発達しなければメモリーカードを金網から渡してたのかな?
      (歴史にタラレバは禁物です。)

        •   
        • 2018年 5月 15日

        いえいえ、今でも8K映像なんかだとネット転送よりバイク便とかの方が早い可能性は高いかと。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

患者の読むコミティアの薄い本は甘くない(デジカメWatch)

サムヤン、キヤノンEFマウント用大口径標準レンズ「XP50mm F1.2」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ