デジタルカメラ情報サイト

α7 IIIの「おまかせオート」はプロに迫れるか?(日経トレンディネット)

【三井公一の最新デジカメ撮って出し:ぶらぶらスナップ編】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • 匿名
    • 2018年 6月 08日

    筆者は、お任せオートは使い物にならないと言いたいのだろう。

    • 匿名
    • 2018年 6月 08日

    撮影者の意図を反映させるにはマニュアルで取った方が確実だが、たとえばまったくのど素人にカメラを渡して撮ってもらうとかスナップ的な撮影で突然やってくる瞬間を破綻なく撮りたい場合は「おまかせニート」はあっても良いと思うけどね。

    • 匿名
    • 2018年 6月 08日

    彩度を無闇に上げて青味を不自然に加えた初代Expeedやキムチセンサーのペンタみたいな色。

    • M-KEY
    • 2018年 6月 08日

    RAWでフルオートにしておけば、露出補正だけでなくW/Bや彩度を調整できるので
    (本来のフルオートの主旨とは違いますが)チャンスに強くなります。
    でも、α7系は物理的な露出補正ダイヤルがあるので、
    カスタムで露出補正ができるようにもすると、もっと便利になるハズです。
    (NEXの頃はフルオートモードでも明るさ調整は出来ていました)

    • 匿名
    • 2018年 6月 11日

    ソニー使うような奴は、オートでいいんじゃない?
    それが良かろうが悪かろうが、どうせわかんない。

コメントは利用できません。

キヤノンLレンズの定番「EF70-200mm F2.8L IS」が3代目に(デジカメWatch)

さようならカメラバカにつける薬(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ