デジタルカメラ情報サイト

α7 IIIの「おまかせオート」なら人物もイケる(日経トレンディネット)

【三井公一の最新デジカメ撮って出し】
女性モデルスナップ編

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 6月 15日

    KPIからGodox V860 IISの正規版が出たが、α7 IIIに「おまかせオート」で使ったら、ミスファイアの連発だろうな。ソニーのα9以降の機種は露骨なGodox排除してるからな。Profotoまでは手を出さない(ボディーに金突っ込んでも周辺機材買わない/買えない/)ユーザーが99%のソニーじゃ、Nissinだけがほくそ笑む構図ってところか。

      • 匿名
      • 2018年 6月 15日

      Profotoってそんなに凄いか?

        • 匿名
        • 2018年 6月 15日

        買えない言い訳かよ。

        • 匿名
        • 2018年 6月 15日

        Profoto?なにそれ?Iphoneみたいなものか?って人が多そう。。。

          • M-KEY
          • 2018年 6月 16日

          スタジオマン時代に、Profotoを厚かっていましたが、
          格好は良かったけど,性能や信頼性で国産と大きく違うとは感じませんでした。
          (バルカーよりはトラブルが少なかった印象)
          けっしてオシャレとは言えなかったのですが、
          写真電気工業のSD-16が当時としては一番信頼できました。
          D1やB1に興味はありますが、A1はソニーのマルチアクセサリーシューに
          対して重過ぎるような気がします。

            • 匿名
            • 2018年 6月 16日

            純正のHVL-F60RMにRoundFlash Ringの本家本元品(中華のコピー品の方が材質ペナペナでロッドも樹脂だからその分軽いが)を使ってマルチアクセサリーシューを壊している奴結構見かけるからな。

            • 匿名
            • 2018年 6月 16日

            今国内市場で大型ストロボではProfotoが独り勝ちの状態だぞ。ラジオスレーブが出始めの頃、Profotoは最初から技適対応のトランスミッターを出してきて、しかもストロボやジェネ本体にレシーバー内蔵だったから、実は電波式のワイヤレスを行う場合、当時のコメットやサンスターよりも実はトータルではコスパが良く、コメットやサンスターの韓国のSMDVのOEMのラジオスレーブより到達距離が長く、且つ、シンクロ最高速使ってもシンクロコード接続並みにディレイがなくてシャッター幕切れなかったからね。SMDVのOEM品は韓国メーカー製でしかも中国製造なのにProfoto Air Synchの2個セットの更に倍の価格で性能が下だったから、バカバカしい代物だった。それから、コメットは高速連写対応のモノブロックではプロペットにも後れをとっていたからな。

            • M-KEY
            • 2018年 6月 17日

            >今国内市場で大型ストロボではProfotoが独り勝ちの状態
            たしかに,今からモノブロックも含めた大型ストロボを揃えようとするなら
            予算が潤沢ならProfoto、そうでないならGODOXのような中華ストロボの二択で
            プロにおける金額シェアならProfotoがダントツで
            コメットやフォトナは厳しい状況だと思います。

            • 匿名
            • 2018年 6月 17日

            > 予算が潤沢ならProfoto、そうでないならGODOXのような中華ストロボの二択

            そのGodoxをソニーは弾いてるからね。ソニーの純正クリップオンはニッシン製だから、Godoxを排除したいという思惑が一致してるんだろう。
            それから、予算があればBroncolorという選択もあるが、Broncolorはワイヤレス、TTL及びHSS対応はGodoxに委託しているから、ソニーには使いづらい。
            それで、消去法で残るProfotoもソニーのアマチュアユーザーの99.9%は買わない/けないという事実

            • 匿名
            • 2018年 6月 17日

            ProfotoA1はソニー機だとオンカメラで使うべきではないよな
            バッテリーモノブロックの軽量版として使うほうがいい

            • M-KEY
            • 2018年 6月 17日

            >ProfotoA1はソニー機だとオンカメラで使うべきではない

            A1にかぎらず、ソニー純正の最上位フラッシュのF60RMはもちろん
            一回り小さいF45RMでも躊躇われます。
            かといってF32Mだとバウンス角度に制約があるし、
            単三2本仕様なのでチャージも遅いという難点があり、
            結局、ニッシンのi40かi60Aしか選択肢がなくなります。
            ま、ニッシンなら「おまかせオートでも純正同等に使える」という
            メリットもあるわけで、これはこれでいいと思います。
            実際、ソニーαを使っている人はキヤノンやニコン併用が多く,
            凝ったフラッシュ撮影はソニーではしないか、マニュアルで
            使うと割り切る必要があるでしょう。

            • 匿名
            • 2018年 6月 20日

            > 凝ったフラッシュ撮影はソニーではしないか、マニュアルで
            > 使うと割り切る必要があるでしょう。

            結局そういうことになる。
            つまり、カメラボディーだけにしか金をかけないビギナーやライトユーザーが大半であり、彼らにはM-key氏のいう凝ったフラッシュ撮影が出来ないことが問題なのかも理解できてない。

            • M-KEY
            • 2018年 6月 22日

            アンチディストーション電子シャッターでシンクロが可能になれば
            FP発光が不要になるから、出力を遠隔操作できる汎用フラッシュで充分と
            割り切れるのですが,それまではCNですね。

            ところでフジのフラッシュの制御が複雑でニッシンやゴドックスが
            解析に苦労したと噂さされていますね。

    • 匿名
    • 2018年 6月 15日

    ソニーのポートレートモードは、蜜柑星人と黄疸患者の量産もどか。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1059806/060700055/15.jpg?__scale=w:500,h:333&_sh=0c80c208e0

      • nroff
      • 2018年 6月 16日

      コテハン持ちなよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニコン、小型軽量な500mm超望遠レンズを開発発表(デジカメWatch)

かえってきたカメラバカにつける薬(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ