デジタルカメラ情報サイト

まだ見ぬイメージを追う冒険者に使ってほしい超大口径レンズ――LEICA NOCTILUX-M F1.25/75mm ASPH.(デジカメWatch)

ライカレンズの美学
by 河田一規

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (17)

    • 匿名
    • 2018年 6月 30日

    公務員のボーナス時期を狙った記事だな

      • M-KEY
      • 2018年 7月 01日

      ソニーの400mmF2.8が安く思えてくる価格ですね。
      重さも約1/3と、ノクチの密度の高さが凄い!

    • 匿名
    • 2018年 6月 30日

    この記事より マップカメラの記事のほうが参考になるだろうね。大きな画像で描写性能を確認できる。

    http://news.mapcamera.com/k4l.php?itemid=31378

    • 匿名
    • 2018年 6月 30日

    写真小さいけど依田橋のも作例が上手いから、実際にライカを使う人には参考になるよね。
    http://rangefinder.yodobashi.com/lens/leica/noctilux75.html

      • 匿名
      • 2018年 6月 30日

      失礼。ヨドバシのはMマウントのレンジファインダー用だった。

      • 匿名
      • 2018年 7月 01日

      依田橋・・・
      失礼なんてことはないよ。そのMマウントのレンジファインダー用レンズそのものの記事だよ。

        • M-KEY
        • 2018年 7月 01日

        ライブビューのない頃は、こうしたハイスピードレンズで撮影する場合は
        仕上がりは想像するしかなかったのが、今はモニターで見ながら撮れる訳で
        この部分での恩恵は大きいですね。

    • 匿名
    • 2018年 6月 30日

    「まだ見ぬイメージ」……って、何だろうか?

      • 匿名
      • 2018年 7月 01日

      立ち入り禁止区域に入ってUFOとか撮る冒険者の事かな?

      • 匿名
      • 2018年 7月 01日

      夜中に枕元に立つ謎の女性像とか…暗いのでノクチルクスでないと。。。

      • 匿名
      • 2018年 7月 01日

      ぼ、僕は恥ずかしくてネットでは書けませんっ

        • 匿名
        • 2018年 7月 01日

        撮ったんだねwktk

        • 匿名
        • 2018年 7月 01日

        初めて見たのは高校生の頃だった記憶が……今じゃほとんど感動しない……あぁぁぁ

    • 匿名
    • 2018年 7月 01日

    >まだ見ぬイメージを追う冒険者

    むしろこれは既存のブランドイメージにのせられて、
    買ったわいいが、何十年もタンスの肥やしにしてしまう層向けの商品です

      • 匿名
      • 2018年 7月 01日

      レンズ買った後に思っていたイメージで撮れない、でもこのレンズなら撮れるはず!と永遠に「まだ見ぬイメージを追う冒険者」になるんだったら困るな。。。

        • 匿名
        • 2018年 7月 01日

        そういう人多いよ。
        なので マップカメラの店先には新品同様のアポズミクロン50ミリf2がどっさり並んでいる。

    • 匿名
    • 2018年 7月 04日

    なんだこの記事。等倍じゃないのか…。ライカから注文でも付いてるのか?

コメントは利用できません。

Profoto A1で料理写真を撮る(デジカメWatch)

久しぶりに猫宅訪問 友人宅の元気な子猫を撮る(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ