デジタルカメラ情報サイト

「ボックス&サークル」デザインを懐かしむ――キヤノンIXY DIGITAL(2000年発売)(デジカメWatch)

【オールドデジカメの凱旋】
“最初”のIXY DIGITALの思い出……
by 吉森信哉

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 7月 05日

    この頃のコンデジに付いていた、光学ファインダーってもう復活しないんですかね。
    リコーのR1で結構使ってたので。

      • 匿名
      • 2018年 7月 06日

      単焦点なら光学ファインダーはアリだが、ズーム機の光学ファインダーは精度が悪すぎて使えない

        • nroff
        • 2018年 7月 06日

        京セラContax Gが発売された時、大喜びでカメラ屋さんに行って、(ズーム)ファインダーを覗いて見え味の悪さにすごくがっかりしたのを思い出しました。

        • ken
        • 2018年 7月 06日

        コンデジのファインダーだからだいたいの範囲がわかる程度でいいとは思いますが。。。
        (フィルム時代のコンパクトのファインダー程度で)
        最初に光学ファインダーを廃止したのはソニーが最初でしたっけ?

          • 匿名
          • 2018年 7月 06日

          ズームファインダーのコンデジを使った事ある?

            • ken
            • 2018年 7月 06日

            フィルムのコンパクトは使ったことありますが
            アレよりひどいの!

            • M-KEY
            • 2018年 7月 07日

            銀塩のレンズ一体型機の頃は、ファインダーでしか構図を決められなかったので
            多少の不便は感じていたものの納得できていたのですが、デジタルになると
            すぐ下にある視野率100%のモニターと見比べる事で光学ファインダーの
            パララックスが目立ってしまった、という部分はあるでしょうし、
            銀塩機より小さいデジタル機の光学ファインダーの精度そのものも低い
            という可能性はあるでしょう。
            私は、クールピクスの950や990、5000では背面モニターに
            純正のルーペフッドを使い、光学ファインダーは使いませんでした。

            • ken
            • 2018年 7月 08日

            フィルム時代から視野率100%(約)が必要な場合なら一眼レフを選ぶなあ。
            コンパクトにわざわざそんなフード付けたらコンパクトの意味がないような。。
            まあ使い方はひとそれぞれなので。
            僕はコンデジで作品(商品としての写真)作りをするわけではないのでパララックスはそんなに気になりません。
            それより液晶を見るのではなくファインダーをのぞく行為が写欲をくすぐるのでコンデジには(個人的感覚)簡単でもファインダーがあった方がいいなあ。。

            • 匿名
            • 2018年 7月 09日

            当時のデジイチはライブビューができなかったからコンデジを使うしかなかった

            • M-KEY
            • 2018年 7月 09日

            ライブビューどころか、クールピクス950が出た頃(1990年3月)にはD1はありませんでした。

            クールピクス990(2000年4月)の3ヶ月後にフジS-1Proが発売(2000年7月)
            クールピクス5000(2001年12月)の半年後にD100が発売(2002年6月)されたのですが、
            デジタル一眼レフに完全移行したのは、DX12-24mmF4が出た2003年2月以降で
            その頃までは超広角撮影や魚眼はクールピクスにコンバーションレンズを使っていました。

            D1H/D100体制になっても3年ほどは真俯瞰の撮影にはクールピクス5000を使っていました。

            • ken
            • 2018年 7月 09日

            【当時のデジイチはライブビューができなかったからコンデジを使うしかなかった】
            僕の業務では当時のコンデジではフィルムの代わりにはならなかったです。
            デジイチでもD1でギリギリ。(ギリギリアウトかも?)
            D100でやっと実用、D2Xでフィルムから移行しました。

            当時のデジイチはライブビューができなかったけど(理論的に不可能と当時のカメラ雑誌に書いてあったなあ)
            しっかりしたファインダー(視野率100%じゃなかったけど)があったから
            ライブビューだけでコンデジを選択することはなかったです。
            (あくまで僕の業務の場合)

            • M-KEY
            • 2018年 7月 10日

            ワークフロー上,デジタルカメラを使う必要性があったけど、
            事実上、レンズ一体型機しか選択肢が無い時期があって、
            その時に、アテにならない光学ファインダーを使うよりも
            背面モニターにルーペフッドを使う方が使いやすかったのです。
            当時、C-1400XLのようなレンズ一体型の一眼レフはありましたが
            視野率95%でかつ、ライブビューができなかったので
            ライブビュー可能かつスイバルのE950の方が使いやすかったです。

            • ken
            • 2018年 7月 10日

            【ワークフロー上,デジタルカメラを使う必要性があったけど】
            まあ業務の種類の違いでしょうね。
            この頃のコンデジでは僕の業務では使用するレベルではなかったです。
            画質だけじゃなく使い勝手も含めてね。
            (M-KEYさんの業務とどっちが上とかじゃなくあくまで業種の問題)

            • 匿名
            • 2018年 7月 10日

            【当時のデジイチはライブビューができなかったからコンデジを使うしかなかった】

            オリンパスのデジタル一眼レフにはライブビュー可能なものがあったよ。
            E-410,E-510やその後継機種、E-3やE-30など。

            • 匿名
            • 2018年 7月 10日

            >オリンパスのデジタル一眼レフにはライブビュー可能なものがあったよ。
            >E-410,E-510やその後継機種、E-3やE-30など。
            時系列無視乙

            • M-KEY
            • 2018年 7月 10日

            私の記憶が確かならば、レンズ交換式デジタルカメラでのライブビューは
            E-330(2006年2月発売)が最初です。
            その後,デジタル一眼レフでライブビュー可能の機種が広がり、
            それが動画機能やミラーレス機につながりました。

            • 匿名
            • 2018年 7月 11日

            ていうかね、コンデジは最初っからライブビューだよ。

    • 匿名
    • 2018年 7月 06日

    デザインに関してはこの後に出現したIXY Digital 10がコンデジでは最高だと思う。
    ただし レンズの性能は最低の水準だったが…

    • 匿名
    • 2018年 7月 06日

    最大勢力の余裕からか、最近のキヤノンは攻めの姿勢を欠き製品にもインパクトが足りない印象だけれど、こうしてしつこく一つのシリーズを成長させて継承し、それ自体をブランド化してしまうスタイルは賞賛できる。

    • 匿名
    • 2018年 7月 07日

    初代IXYデジタルに夢中になったなあ。
    画質に対しては、かなりバッシングがあったね。
    評論家の・・・名前はなんといったかな?飛鳥なんとかさん・・・違うかな?その人がバッシングの急先鋒だったと記憶してる。

    でもまあ画質なんて二の次だったな。
    デザインがカッコよくて、発売日に買ったよ。
    当時はCFも相性の良しあしが結構あって、IXYデジと合わせてCFを買うときに「このメーカーのCFは使えますか?もし使えなかったら返品できますか?」と店員に念を押したのを覚えてる。
    その後もIXYデジの新型が出るたびにワクワクしてたけど、IXY1000以降はもう関心がなくなったね。
    いまのIXYは何がなんだか分からないや。

    • 匿名
    • 2018年 7月 09日

    ニコンcoolpix950からこれの後継機ixy digital200に乗り換えた。
    coolpix950は補色系CCDでやや地味な色、ixyは原色系CCDで派手な色
    スタイリッシュで小さく、操作性の良さ、派手で見栄えのいい画質など当時のコンデジの流れを作ったカメラだった。
    当時のニコンは意地でもixyっぽいのは出さないぞとばかりに野暮ったいデザインのカメラばかり出してたっけ
    この次はサンヨーのMZ3という(当時としては)動画に強いデジカメに乗り換えた
    640×480 30fpsで、かなりまともな動画が撮れた。
    この三機種とも200万画素で、これ以降一気に高画素化が進む。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リコーイメージング、修理中に代替機を使える「修理貸出サービス」開始(デジカメWatch)

イッツアフォーサーズワールド(その3)(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ