デジタルカメラ情報サイト

サムヤンのフルサイズEマウントレンズに「24mm F2.8」登場(デジカメWatch)

小型軽量でAF対応

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 7月 14日

    シグマは大きくて重くて値段の高いレンズばかりだ。
    タムロンやトキナーも動きが鈍いね。
    ミラーレス機向けにはもっと小型軽量のレンズ出さないと、韓国・中国メーカーに足元をすくわれるだろう。

      • 匿名
      • 2018年 7月 14日

      E:マウントでも小型軽量なレンズを欲しがるのはM-KEYのような底辺だけだろう。
      純正で35mmF2は欲しいけどな。

        • 匿名
        • 2018年 7月 15日

        はやとちりちゃんみたいだが、このレンズはFE つまりフルサイズ用だよ。

      • 匿名
      • 2018年 7月 15日

      韓国メーカーはパクリで警戒されまくって単独では日本での技術情報の開示や技術認証対応が困難になっているから、代理店のケンコートキナーがないとAF対応は立ち行かんだろ。以前にケンコートキナー(厳密にはKPI)で扱っていたSMDVのストロボ用汎用ラジオスレーブもケンコートキナーのお陰で技適取れてたからケンコートキナーに頼らんと駄目だった。ケンコートキナーのお陰で日本向けビジネスやEマウントのライセンス取れている以上、トキナーブランドのレンズのラインナップを補完する役割以上はケンコートキナーが許さんだろ。
      光学ではまがりなりにも資金力とパクリ力のあったサムソンテックウィンはサムソンのデジカメ事業からの自滅撤退の時に投資ファンド会社に売却されて解体されたから、光学でが韓国は大幅後退だよ。光学系精密機器の分野で韓国メーカーがそれなりシェア持っている監視カメラじゃレンズは尽くシグタムトキナーKOWAからの調達品。
      中華メーカーはライセンス?特許?見つかったら逃げ隠れすればいいだろってところは、トランプ大統領が第2弾の中国製品に対する報復関税発動すると対米向け輸出がガタガタになるし、そもそも報復関税は知的財産権侵害を理由とした通商法301条に基づく措置だからパクリビジネスも困難になる。日本メーカーは米国特許を取ってるから日本メーカーの米国特許違反も対象にできるわけだから。

      • 匿名
      • 2018年 7月 15日

      サムヤンが特殊低分散ガラスを使えるのはケンコートキナーに代理店引き受けてもらっているお陰でHOYAからEDやUDガラス供給してもらえるから。EマウントのAF信号情報もケンコートキナーのお陰。つまり、ケンコートキナーから見放されたら日本向けビジネスやAF対応レンズの開発は立ち行かなくなるからケンコートキナー本体のトキナーのレンズの売上の足引っ張ることは絶対にケンコートキナーが許さんだろ。

      • 匿名
      • 2018年 7月 16日

      ケンコートキナーって1回書くと度になんかもらえるんか?w

    • nroff
    • 2018年 7月 14日

    商品情報を見ても、AF機能の互換性やレンズプロファイルに関する記述がない。
    接点なしレンズならそれでも構わないけれど、純正の代替を目指すならきちんと情報公開してほしいな。

      • 匿名
      • 2018年 7月 15日

      これかな

      http://digicame-info.com/2018/06/samyang-af-24mm-f28-fe.html

        • nroff
        • 2018年 7月 15日

        ハイブリッドAFへの対応とか、AF測距点の増減とか、カメラ内収差補正用データの有無とかを知りたかったのです。

        例えばtokinaのFiLIN 20mm AFモデルには、きちんと対応する旨が記載されていました。

        そもそもSamyangのFE専用レンズ、Sonyのライセンスを受けているのでしょうか?

          • 匿名
          • 2018年 7月 15日

          メーカーに電話ゃ。

            • nroff
            • 2018年 7月 15日

            そうね。

          • 匿名
          • 2018年 7月 15日

          > 商品情報を見ても、AF機能の互換性やレンズプロファイルに関する記述がない。

          AF機能の互換性はEマウントはNDAを取り交わせば、レンズのAF信号の情報は無償で提供してもらえるから、tokinaのFiLINのAFモデル並みには確保されているだろ。サミャンの代理店はケンコートキナーだから、自社のFiLINと包括契約にして一緒に情報貰っているだろ。
          但し、レンズプロファイルについては、明るいレンズについては対応させる意義は大きいが、F2.8と無理のないレンズには無理に対応させるより素直な設計にして光学性能を安定させた方がかえってコストがやすくなるから、対応させてないだろうな。

            • M-KEY
            • 2018年 7月 16日

            サムヤンに限らずメッツやゴドックスなどケンコー(KPI)の公式カタログ情報が不親切ですね。

    • 匿名
    • 2018年 7月 16日

    こういうレンズを平気で買う奴を、いわゆる売国奴と言うんだろうな。
    恥をしれ恥を。

      • 匿名
      • 2018年 7月 16日

      ↑ 興奮しているが 誰に向かってわめいているんだ?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW」の品不足が予告(デジカメWatch)

今勢いのあるフルサイズミラーレスと、その専用設計レンズを徹底検証!(望遠・ポートレート編)(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ