デジタルカメラ情報サイト

3本の標準ズームレンズ、その役割分担とは?写真家・野呂希一さんに聞く(デジカメWatch)

【FUJIFILM Xレンズ 写真家インタビュー】
近景から遠景まで、フットワーク軽く自然を切り取る
シリーズの中核をなす標準ズームレンズ
北海道の大自然を捉えるレンズ群
撮影者の目となる標準ズームレンズ
X-H1の登場で利用価値がアップ
by 曽根原昇

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2018年 7月 24日

    この人はXF16-80mmF4 R OIS WRも買いそうだ
    そしてメインになる

    • 匿名
    • 2018年 7月 24日

    18-55と18-135を使っていますが、18-55はさることながら、18-135が高倍率であるのにすばらしいことに感銘を受けています。どうしても小さい方がよいときは18-55、あまり気にならないときは18-135と使い分けてます。

    • 匿名
    • 2018年 7月 24日

    フジは写真文化も大切にしてますね。

    • M-KEY
    • 2018年 7月 25日

    XマウントとEマウントの標準ズームを比較してみました。
    XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS:ø65.0 × 70.4mm 310g フィルター径58mm

    XF16-55mmF2.8 R LM WR:ø83.3 × 106.0mm 655g フィルター径77mm
    には対応するEマウントレンズがありませんが

    XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ:Φ62.6 x 44.2mm (収納時)135g フィルター径52mm
    E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS;φ64.7×29.9mm 116g フィルター径40.5mm
    は、焦点域の差の分だけEマウントの方が小型と言えます。

    XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II:ø62.6 × 65.2mm 195g フィルター径58mm
    E 18-55mm F3.5-5.6 OSS;φ62.0 x 60.0mm 194g フィルター径49mm
    のサイズは「ほぼ同等」ですが、E 18-55mm F3.5-5.6 OSSはディスコンです。

    XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR:ø75.7 × 97.8mm 490g フィルター径67mm
    E 18-135 mm F3.5-5.6 OSS:φ67.2 x 88 mm 325g フィルター径55mm
    これはEマウントが一回り小型軽量で、このあたりにフジとソニーの方向性の差を感じます

    XF16-80mmF4 R OIS WRのスペックは不明ですが
    E 16-70mm F4 ZA OSS:φ66.6 x 75mm 308g フィルター径62mm
    よりは一回りくらい大きくなるでしょう。
    とはいえ、XF18-135mmF3.5-5.6 R を越える事はないでしょうから
    フジXの標準レンズの中心的な存在になると思います。
    というか、もしフジXを買うならレンズはXF16-80mmF4 Rにしたいです。

      • 匿名
      • 2018年 7月 26日

      今、フジの15-45、18-55、18-135、55-200を使ってますが、すばらしいことにクォリティはほとんど同じなんですよ。私の経験では他社ではこんなことはありません。廉価版はそれなりのことが多い。

      フジの異なるレンズの性能キープへのこだわりは半端ではありません。その意味で16-80へは期待していますが、これがでたら少なくとも15-45、18-55、さらには18-135も下取りに出すかもしれません。

        • 匿名
        • 2018年 7月 26日

        10年くらい前のニコンのキットズームは当時のf2.8ズームよりもキレが良かったけどなぁ

          • 匿名
          • 2018年 7月 27日

          後出しだったらそんなこともあるでしょうね。特にNikonはCanonと違って頻繁に下克上しますから。

コメントは利用できません。

ニコン、スペシャルサイトで新型カメラを予告か(デジカメWatch)

富士フイルム & マグナム・フォト共同プロジェクト「HOME」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ