デジタルカメラ情報サイト

ブラボー火星観察2018(その3)(デジカメWatch)

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • 匿名
    • 2018年 7月 27日

    ビクセンのVISACは光学性能高いんだけど、近くの街灯の光が鏡筒内に入るとコントラストが落ちて見にくくなる。
    最近、シュミットという望遠鏡ショップかがショップブランドで扱いだした米国の望遠鏡メーカーのミードやセレストロンの下請けやってる中華メーカー製のマクストフカセグレンの方が光学性能は劣ってもトータル的には扱いやすいだろう。

      • 匿名
      • 2018年 7月 27日

      近くに街灯があるようならフードを使えばいいし、その前にそんな場所は観察条件としては不適

        • 匿名
        • 2018年 7月 27日

        お前全く分かってないな。VISACは鏡筒先端が開放状態だから相当斜めからの環境光由来の迷光でも鏡筒内で散乱する。鏡筒先端に補正板があるカタデイオプトリク系は補正版で屈折するから全ての斜入光が鏡筒内で散乱しない。勿論、フードは必要だが。
        筒先開放の反射系はフードをつけても効果がないんだよ。どんなに長いフードつけても斜入光は直接鏡筒内を照らすから、鏡筒内散乱の影響は筒先閉鎖のカタディオプトリック系よりも大きくなる。
        それから、月惑星は単位面積辺りの光量が多く輪郭もはっきりしているから都会地の光害のある場所向けの観測対象なんだが。

          • 匿名
          • 2018年 7月 27日

          >相当斜めからの環境光由来の迷光でも鏡筒内で散乱する。
          >都会地の光害のある場所向けの観測対象なんだが。

          矛盾してて草生える

      • 匿名
      • 2018年 7月 27日

      フードを長くして(たとえば1m以上)、かつフード内部を無反射塗料(カーボンブラック)で覆えば、実質問題ないのではないかいな?

        • 匿名
        • 2018年 7月 27日

        そんなにフードを長くしないでも、内側が植毛のフードで街灯の光が直接レンズに当たらなければ通常は問題無いのでは?
        厳密に言えば大気中の水蒸気による反射とか望遠鏡内の湿度とかも影響するだろうが、そこまで求めるのは一部のマニアだ

    • 匿名
    • 2018年 7月 27日

    この望遠鏡の直接焦点でも、火星はセンサー上に0.2mmの大きさにしかならない。

    • 匿名
    • 2018年 7月 27日

    私はシグマの1000mmミラーにテレコンで勝負しますわ。

    • 匿名
    • 2018年 7月 27日

    台風に月食に火星大接近、大丈夫か?

コメントは利用できません。

ポケットサイズの高画質カメラがより高倍率に――SONY RX100 VI(デジカメWatch)

編成から風景まで、あらゆるシーンへの幅広い適応力が魅力/鉄道写真・助川康史さん(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ