デジタルカメラ情報サイト

ラップフィルムで宙玉(そらたま)を作ろう!(デジカメWatch)

【特別企画】
玉の中に浮かぶ不思議な世界を楽しむ
宙玉とは?
まずは材料を揃えよう
実際の工作
どんな写真が撮れるのか?
広がる宙玉の世界
by 上原ゼンジ

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 8月 08日

    HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 を使っているが、宙玉機能がある。
    SONY は、遅れてる。

    • 匿名
    • 2018年 8月 08日

    高品質のガラスで値段もG並みで宙マスターレンズなんか出たら意外に売れるかもね

    レンズ側面に「宙」のマークなんて格好良くないか?

      • 匿名
      • 2018年 8月 08日

      とっくに飽きられてるから、いまさら出しても宙マスターレンズなんか売れないでしょ。
      この記事だって夏休みの工作向けの記事。

    • 匿名
    • 2018年 8月 08日

    いまさら宙玉かよ。

    • 匿名
    • 2018年 8月 08日

    なんか、夏休み工作の定番になってないか?

    • 匿名
    • 2018年 8月 08日

    こんなのは一回撮ったら確実に飽きるだろ。
    作例をみれば一目瞭然だが写真自体がとてもつまらない。
    宙玉レンズ買う人の気が知れないわ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

G MASTERらしい高い解像性能と軽さを両立――SONY FE 400mm F2.8 GM OSS(デジカメWatch)

夏のイギリス南西部への小さな旅――キヤノンEF70-200mm F4L IS II USMを携えて(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ