デジタルカメラ情報サイト

滝・渓流を自分ならではの視点で撮るには?……木村琢磨さんに聞く“水辺の風景”撮影術(デジカメWatch)

【特別企画】
by デジカメ Watch編集部

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 匿名
    • 2018年 8月 10日

    そうか、最近のカメラの手ぶれ補正だと三脚なしでコレが撮れるんだな。。。

    • 匿名
    • 2018年 8月 12日

    縦グリ付けなきゃカメラを逆さにしなくとも極端なローアングルは可能

      • ???
      • 2018年 8月 12日

      逆さにして縦グリに指引っ掛けるだけの方が姿勢が楽だろう。

        • M-KEY
        • 2018年 8月 13日

        縦グリを持ってカメラを上下逆に構える方が持ちやすいとは思いますが、
        オリペンやα6000系のように上面がフラットならともかく
        一眼レフだとファインダーの出っ張り分でカメラの低さが制限されるのでは?
        私はローポジション撮影では縦グリなしのボディで親指でレリーズしています。

      • 匿名
      • 2018年 8月 12日

      大雨で水かさの増した河川ではやらないように

        • 匿名
        • 2018年 8月 13日

        そういう場面こそ、他人が撮れないものが撮れるんでは? 川に入らずんば傑作を得ず!

コメントは利用できません。

突撃!となりのカメラ店(フジヤカメラ店編 その2)(デジカメWatch)

最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト――Ashampoo Photo Commander 16(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ