デジタルカメラ情報サイト

独特な焦点距離“70mm”はなぜ生まれた?――SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art(デジカメWatch)

【インタビュー(前編)】
開発コンセプト、商品企画について
画質を最優先した光学設計
by 杉本利彦

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 匿名
    • 2018年 8月 14日

    つまらない提灯記事

      • ニコン好き
      • 2018年 8月 14日

      私は、ニコンのレンズ
      AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
      を持ってるので、このシグマのレンズは、不要ですね。

        • 匿名
        • 2018年 8月 15日

        私はタムキューを持っているので

        AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

        は不要です。

    • M-KEY
    • 2018年 8月 15日

    銀塩時、メインの中判では120ミリマクロを使っていたので
    35mmではニコン純正のマイクロ105ミリよりもタムロン90ミリの方が使いやすかったです。
    引きのない状況では90ミリでも長いと感じることがあり、銀塩末期からズームマイクロを
    デジタルのAPSーC機では50マクロが使いやすいです。

    • 匿名
    • 2018年 8月 15日

    筐体が長いよね。ミラーレスにつけると余計長く感じる。
    話は変わるが、Fマウントレンズもフランジバックがとても長いので、
    ミラーレスにアダプターかまして付けるとかなり間延びしてかっこ悪いんだよね。
    ニコンのミラーレスは場合によると先行するαよりもフランジバックが短い可能性もあるから
    50mmを付けても180mmクラスの望遠に見えるだろうね。

    • 匿名
    • 2018年 8月 16日

    Contemporaryならまだ判るんだけど、Sportsのマクロってどんなんだろう?

コメントは利用できません。

富士フィルムならではの色再現を気軽に楽しめる――FUJIFILM X-T100(デジカメWatch)

“カミソリ”描写だけではない、使い心地への工夫も――SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ