デジタルカメラ情報サイト

ニコンのフルサイズミラーレス、ティザー動画「LENS」が公開(デジカメWatch)

発表会まで1週間 ノクトニッコールが登場
by 鈴木誠@デジカメWatch

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (85)

    • 匿名
    • 2018年 8月 16日

    マウント内径の物理的制約がなくなってもっと高価でとんでもなく明るいレンズも登場しますよ!っというメッセージか?

      • ニコン好き
      • 2018年 8月 16日

      欲しいけど買えるかな??
      値段が怖いですね。

      取りあえずボディ内手ぶれ補正機能が欲しいですね。
      マウントアダプターを介して
      所有してるAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで撮ってみたいですね。

        • 匿名
        • 2018年 8月 16日

        ボディー内手ぶれ補正に関しては動かすユニットの慣性の問題があるので物理法則を覆さない限りマイクロフォーサーズのほうが有利でしょうね。

          • ニコン好き
          • 2018年 8月 16日

          そうですね。
          長所と短所は有りますね。
          確かに
          ボディー内手ぶれ補正に関しては、マイクロフォーサーズのほうが有利でしょうね。
          その代わり背景のボケなんかは、断然フルサイズ機の方が有利ですね。
          取りあえず
          私は、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで撮るのを補助してくれれば良いかなと

            • 匿名
            • 2018年 8月 16日

            あと高感度画質なんかもマイクロフォーサーズよりフルサイズのほうが有利でしょう。でもどこまで必要?という点を考えると、今のマイクロフォーサーズはもう必要十分かな、とも思います。
            また画素数なんかもセンサーサイズの大きいほうが多くすることができるでしょうね。そしてこれもどこまで必要?という話になれば、人によるがまぁ24Mくらいあれば必要十分かな、と思います。
            そしておっしゃる通りボケもフルサイズの方が有利でしょうね。しかしこれもどこまで必要?という点は冷静に考える必要あるでしょうね。フルサイズのF1.8以上のボケが欲しいならフルサイズ必須でしょうが、その時はフルサイズを使えばいいかな、とも思いますね。
            システムとしての大きさ・重さ、そしてコストを考えれば、フルサイズは本気モードの時しか出番がなくなっているのが私の状況です。

            • ニコン好き
            • 2018年 8月 17日

            >今のマイクロフォーサーズはもう必要十分かな、とも思います。
            実は、E-M5 Mark IIに25mm F1.8を付けて時々撮りに行きます。
            各社性能が向上してるので昼間なら必要十分かもしれませんね。

            でも私は、ニコン信者なのでニコンのフルサイズ・ミラーレス機が欲しいですね。
            趣味の世界なので、それで良いと思います。

            • 匿名
            • 2018年 8月 17日

            >でもどこまで必要?という点を考えると、今のマイクロフォーサーズはもう必要十分かな、とも思います。

            世の中スマホで必要十分という人が大多数なんだから、今よりの向上を望まない人の意見はどうでもいい。

            • 匿名
            • 2018年 8月 17日

            「今よりの向上を望まない人」
            そう言う人はフルサイズで思考停止してる場合が多い。

            あのフォーマットに拘るがためにどれだけ無理して小さいセンサーに詰め込もうとしてるか考えてみれば中判が最適解だと分かるはず。

            • 匿名
            • 2018年 8月 17日

            写真下手なのにカメラスペックばかり「今より向上」を求める人達・・・w

            • 匿名
            • 2018年 8月 17日

            >そう言う人はフルサイズで思考停止してる場合が多い。

            μ43よりフルサイズのメリットに反発する人って、それこそ中判を出せばいいと思考停止してるよね。適材適所ではない「最適解」って、実際の運用が念頭にない証拠。現状、レンズ交換式カメラの中で、魚眼から超超望遠までレンズが使えて高速AF高速連写もできる、一番大きいフォーマットが35mmフルサイズなんだよ。「考えてみればわかる」とか言ってるけど、頭の中だけで考えてないで、自分で写真撮る中で考えてみろよ。

            • 匿名
            • 2018年 8月 17日

            >写真下手なのにカメラスペックばかり「今より向上」を求める人達・・・w

            おれは揺れる船の上で、この状況で星を撮れるスペックのカメラが欲しいと切実に思ったよ。人のことを嗤う君はさぞ写真がうまいんだろうが、撮っていて今よりの向上を求めたことはないとは驚きだね。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            船が岸についてから星を取れば良いのに 揺れている船の上で星を撮るのが「向上」だと思いこんでいる馬鹿らしさに笑ってしまった。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            >船が岸についてから星を取れば良いのに

            お前のような輩は他人が撮った写真の映ったモニタを撮影してればいいんじゃないかな

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            船でも岸でもなく星は山頂で撮るものだ

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            安い餌でも釣れる時は釣れるもんだなw

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            実際の運用考えれば使い分ければいいだけの話なんだけど、
            何故どれが一番偉いかって流れになるのだろうか?

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            「船が岸についてから星を取れば良いのに 揺れている船の上で星を撮るのが「向上」だと思いこんでいる馬鹿らしさに笑ってしまった。」

            陸地から離れているから星がきれいに見えるのもわからない、おのれの馬鹿らしさには気づかないのかw 夜のうちに着かない船があるのも知らないんだな。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            >何故どれが一番偉いかって流れになるのだろうか?

            何かを「最適解」にしないと満足できないんだろうよ。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            その時見た同じ空は、二度と見られないということも知らない馬鹿がいるんだね。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            >その時見た同じ空は
            何も言っていない一般論(笑)

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            >何も言っていない一般論(笑)

            岸に付いた時点で同じ空ではないことも理解できない馬鹿w

            • 匿名
            • 2018年 8月 23日

            揺れる船の上で星を取っていたら海に落ちてしまった→馬鹿w

    • 匿名
    • 2018年 8月 16日

    今までのFマウントはカメラメーカーの中でもっとも小さく、
    光学的に相当不利だったんですな。

      • 匿名
      • 2018年 8月 16日

      その代わりに辛うじて旧レンズとの互換性を保って来たけどな。。。

      まあ今のセンサー解像度からして後発のキヤノンも十分な大きさとは言い難いし一番理想的なソリューションはレンズ+マウント+センサーを全部大きくする事かな?

      • 匿名
      • 2018年 8月 16日

      Fマウントは小口径でEFマウントより不利だとずっと言われながら、EFにあった50mmf1.0がないくらいで別に遜色はなかった。それどころか、広角ズームなどはニコンの方がが明確に上回る状況が長く続いた。マウントが大きくなってレンズがどれも高性能化するならいいけど、Noct復活しかいいことないなんてことにならなきゃいいね。

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        マウントコンバーターが造りやすくなって、他社のビンテージレンズが使えるようになる。まあ、ごく一部のマニアしか恩恵を感じないことは確かだけど…..

      • 匿名
      • 2018年 8月 17日

      相当悔しかったんでしょうね。ニコン。
      85/1.2が無理だったから105/1.4出したりして。
      あの時は痛ましさすら感じたな。
      いいレンズだけどね。

      • 匿名
      • 2018年 8月 17日

      > 今までのFマウントはカメラメーカーの中でもっとも小さく、

      違う。銀塩時代を含めるなら、トプコンのエキザクタマウントが最も小さかった。
      Fマウントは、小さく感じるのはバヨネットの爪の内側の最小内径だから。
      中華のアクセサリーでこんなのあるのだが、これはマウントの座金径が同寸でないと物理的に成立しない。
      https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/item/662567.html

      つまり、コニカARマウント、ペンタKマウント、ニコンFマウントはマウント座金径では同寸。それで、コニカARは47mmと公表、一方で、ニコンFマウントは44mmと公表。つまり、コニカはマウント座金径をマウント径として公表し、ペンタKマウント、ニコンFマウントは真面目にバヨネットの爪の内側の最小内径をマウント径と公表してるってわけ。コニカ方式は実はソニーEマウントでも同じ方式だから、ニコンやペンタと同じ基準で計測すると43mmと現行フルサイズ対応で最小なのは、ソニーEマウントなんだよ。

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        >違う。銀塩時代を含めるなら、トプコンのエキザクタマウントが最も小さかった。

        それも違うな。
        デッケルマウントのほうがもっと小さい。

          • 匿名
          • 2018年 8月 17日

          マウントの話でマウンティング

            • 匿名
            • 2018年 8月 21日

            >マウントの話でマウンティング
            開発に参加したわけでもない、資格が必要なわけじゃなく、金を出せば買えるだけの道具で自分を語るなんて
            自らの能無し加減を喧伝してるようなものだよね

        • M-KEY
        • 2018年 8月 17日

        Aマウントもマウント径こそ大きいものの連動レバーの関係で実効径はかなり小さいし
        実際に見比べると、FマウントもEマウントも実装できる後玉の最大径は、ほぼ同じです。
        OMボディにFマウントレンズが嵌ったりと、Fマウント自体は銀塩時の感覚では
        平均的か、むしろ大きめの口径だと言う印象です。

          • 匿名
          • 2018年 8月 17日

          確かにEマウントとFマウントの後玉最大径はほぼ同じではあるのだが、Eマウントは電子接点の位置と形状から、フランジ面ギリギリに後玉を置くことができず、ショートフランジバック18mmが活かせていないですね。後玉の大きなレンズはそのほとんどが電子接点よりも奥、バックフォーカスが大きくなる位置に置かれ、あたかもフレアカッターでござい、というようなマスク部材と一体化した電子接点が後玉よりもセンサー側に置かれています。せっかくデジタル化以降に作った新規格であるのに、残念な制約ですね。

            • 匿名
            • 2018年 8月 17日

            制約と言われながらEマウントでGMのいいレンズが出てるのはなぜなんだろうね。今度のニコンは大口径マウントだから、さぞコンパクトで高性能なレンズが出てくるんだろうよ。もうすぐ答えが出るんだから、楽しみだね。

            • 匿名
            • 2018年 8月 17日

            すまん、どうやらZマウントのレンズはかなり大きいらしい。Eマウントは制約があるから小型化できないと言ったのは、なかったことにしてくれ。

            • 匿名
            • 2018年 8月 17日

            制約がある=いいレンズができない、とはならんだろw
            ただ設計上困難が多いということだろw?
            脊椎反射でバカこくでねぇよw

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            ここに発生してた、制約があるからレンズが小さくできないとか描写が悪いとか言ってるやつの話だろ。お前がそう言ってないんなら、脊椎反射することはないんだよw

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            > 制約と言われながらEマウントでGMのいいレンズが出てるのはなぜなんだろうね。

            制約が出るのは、焦点距離20mmを切る超広角とF1.4を超える大口径比の準広角から中望遠と400mmを超える望遠でF2.8以上の大口径比のレンズ。
            あと、画角180度を超える超魚眼でF3.5より明るいレンズ。ニコンもFマウントでOP Fisheyeというのがあったが、後玉が飛び出ているので、ミラーアップ必須でマウント口径の制約からF5.6なんて暗いレンズだった。魚眼でF2.8なんてやると超巨大なレンズになるが、F4位ならそれほど無理がないのにマウント口径の制約でF5.6だった。ミラーレスだとミラーアップ不要だが、マウント口径の制約からは逃れられない。
            Noctや星景撮影を考慮した周辺減光が少なく周辺のサジタルコマ収差と非点収差の少ないレンズは後玉径が画面の対角線をカバーする大きさであることが望ましいから、バヨネット爪の内径と電子接点を除いてなおかつ後玉径が43mm確保できる必要がある。
            それと口径が小さいマウントだと口径の大きいマウントの同焦点よりもレンズの全長が長めになる。
            そういったEマウントでは実現不可能なレンズは大して売れないから出さないと割り切れば、Eマウントでもそこそこレンズはそろう。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            >制約が出るのは、焦点距離20mmを切る超広角

            12-24や16-35F2.8は、コンパクトな上に高性能と言われているけど?

            • 匿名
            • 2018年 8月 21日

            >12-24や16-35F2.8は、コンパクトな上に高性能と言われているけど?
            よく知らないが、
            「Eマウントはフランジバックが短いから以前とは違う高性能な広角レンズが作れる」みたいなことを言う人も居るし、
            「フランジバックが短いので広角高性能につながる」が「口径が小さいのはマイナス」ということでは

            ちなみに醜い自分語りで申し訳ないけれど、Eマウントで星・星雲撮ってるよ
            Aマウント用のレンズ使うことで、マウントアダプタ内にフィルタのスロットをつけられるので(フライスと3Dプリンタで加工)前玉の飛び出た超広角レンズでもフィルタがつかえて便利

            突っ込みいれてくる人が居そうな項目に先に答えておく
            Q・ソニー機はすたーいーたーの糞カメラ
            A・そもそもソフトフィルタで明るい星だけ強調する撮り方をするので気にならない。

            Q・バッテリー容量が少ない糞カメラ
            A・モバイルバッテリーをバッテリーとしてつなぐカプラ使ってる。α9以降の容量はもって無いから知らない

            Q・インターバル撮影に一枚30秒制限がある糞カメラ
            A・ケーブルレリーズつこうた

            Q・ボディの蓋を開けて各種ケーブル使わないと満足に使えないのでは、極限環境でうんぬんな糞カメラ
            A・星関連の本を見ると、結局ニコンもキヤノンもケーブルレリーズや外部バッテリ使ってるけど?
            っていうか極限環境とやらに身をおく必要があるのは全ユーザーの何割? ニコンだったら8割くらいいるの?

            Q・でも糞カメラなんでしょ?
            A・そういわれるとそうかも・・・

          • 匿名
          • 2018年 8月 18日

          今振り返ると、コンタックスNマウントはすごい先見の明があったと思うが、
          受け入れられなかった。この場合マウントだけの問題じゃないけど。
          今回も大きくしたが、その結果はどうなるか。
          安価で良質な単焦点がたくさん出ると受け入れられそうだけど。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            フルサイズで純粋な光学性能を求めたらあのサイズになるってのが真理なんだろう。
            そういう意味からも、デジタルカメラ時代のハンドリングまで含めたシステムとしての総合的な最適解はAPS-Cかマイクロフォーサーズではないかと思うのだが。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            出た、「最適解」w
            普及もしなかったサイズを基準にして無理やり最適解とやらを出して、何が真理だよ。

          • 匿名
          • 2018年 8月 18日

          マウント座金やバヨネットの爪の内側の最小内径で条件揃えれば、Nikon F、Pentax K、Olympus OM、Minolta MC/MD、Konica AR、Yashika-Contaxは殆ど同寸で精々1mmしか違わない。
          フランジバックにしても、Nikon F、Pentax K、Olympus OM、Yashika-Contaxは、最大で1.5mmしか違わないから、マウントの座金リングを変えて金属箔をスペーサーにしてバックフォーカスを調整することで相互に使いまわすことが可能。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            >Yashika-Contax

            Yashicaだよ。

      • 匿名
      • 2018年 8月 17日

      Fマウントは口径の小ささもそうだし、フランジバックの長さも一番長いから
      相当不利だったんでしょうな。

    • 匿名
    • 2018年 8月 16日

    Nikonの本気度は如何に
    Canon程度のミラーレスも今後は力を入れていきます程度か
    Nikonのこれからはミラーレスで切り開いていくつもりなのか
    ミラーレスもミラー有りも両方すすめる体力はないだろうから、どれくらいの本気度で
    発表がされるのかが楽しみというか不安というか….

      • 匿名
      • 2018年 8月 17日

      ソニーはあっさりとAマウントを捨てても不思議ではないし、現状は既にEマウントへ全力投球の状態だが、ニコンは当分Fマウントも止められないだろうから、開発リソースが分散して厳しくなりそうな中、真っ向勝負を挑むソニーとどう戦っていくのか興味深い。
      キヤノンはまだ情報が少な過ぎるけど、APS-Cミラーレスのシェアでは既に上位グループへ食い込んできているのでニコン程焦ってはいないだろう・・・フルサイズミラーレスはEF-Mマウントのスタート時と同様、ちょっとした牽制球程度の、とても本気になってるとは思えない始まりかたを予想してますが、さてどうなりますかね。

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        Fマウントは充分にレンズは揃っていて5年くらいは、そのままで問題ない

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        >APS-Cミラーレスのシェアでは既に上位グループへ食い込んできているのでニコン程焦ってはいないだろう

        キヤノンも、カメラ業界全体が高付加価値化に舵を切ってる中で、低価格機しかなくて台数シェアだけ取ってる状態じゃおちおちしてられんだろ。

      • 匿名
      • 2018年 8月 17日

      ミラーレスがメジャーになりはじめると、逆に従来のレフが復権するところもあると思う。ミラーレスはレフのリアルタイムファインダーの有利さを決して凌駕できないから。

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        といっても人間の神経反応速度ってそんなに早く無いからね。
        命のかかる自動車のサイドミラーもカメラ化が許される位だから、必要十分にタイムラグを消す事は既に難しくもないでしょ。
        リソースやコスト的にはまだちょっとの猶予が有るって程度ですね。

          • M-KEY
          • 2018年 8月 18日

          ミラーレス機であればプリキャプチャーでレリーズタイムラグを
          マイナスにすることも可能ですが
          EVFによる遅延があるので、フレーミングの段階で
          動体を追いきれないという問題が出てきます。
          一方、一眼レフの場合はファインダーの表示遅延はゼロで
          動体追尾に向いているのですが、ミラー動作も含むレリーズタイムラグは
          (ペリクルミラー機でないかぎり)機構的に排除できません。
          でも、撮影者の予測で補うことが可能で、どちらは優位かは被写体によって
          変わってくるでしょうね。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            望遠でスポーツ選手追ったり飛んでる鳥をフレームいっぱいで撮るような反射神経を駆使して撮るような状況では光学のほうが良いだろうけどそれって特殊な需要だし他の用途ではEVFのほうが便利な場合が多い。

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        >ミラーレスはレフのリアルタイムファインダーの有利さを決して凌駕できないから。

        そのミラーが跳ね上がってブラック・アウトしてから先幕が走り出すので、レフ機は永遠にタイムラグから逃れられない(笑)

        まあ 覗いているだけでシャッター切らない人にはレフ機が一番かもね。

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        キャブ車が無くなったようにミラーも無くなると思う。利点以上に不利な部分が多すぎるから。。。

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        これまでの流れを見てると復権というよりしぶとく残り続けるって感じじゃないかな。
        プロアマ含めレフ構造が絶対必要と考える層は今の所それなりに存在するけど、ニコン、キヤノンのフルサイズミラーレスが一通りラインナップとして揃う頃になればかなりの少数派になっているものと思われる。

    • 匿名
    • 2018年 8月 17日

    > Fマウントは口径の小ささもそうだし、フランジバックの長さも一番長いから

    またまたデマと光学に対する無知をさらけ出してるな。
    フランジバック長がContax Nマウントが35mm判用としては最長。REICA RもFマウントより長い。
    それから、一眼レフの場合、フランジバックが短いと長いミラーが使えず望遠使用時にミラー切れが発生する。だから、キヤノンはFDからEFにマウント変更した時にフランジバックを長くした。
    更にフランジバックが長い方がテレセン性も確保しやすいから、デジタル・銀塩の両方狙ったContax Nマウントはマウント径を拡大しながらフランジバックも35mm判ベースとしては最長にしている。無印4/3があの画面サイズでハーフ判の銀塩PEN F並のフランジバックにしたのも同じ理由。産業用だと完全なテレセン性確保の為に1インチセンサーにFマウント使うくらいだから。
    フランジバックが短くて有利なのは広角系の設計自由度が高まることとボディーの薄型化。それと最近は短いフランジバックでもレンズの後玉を大きくすることでテレセン性を確保出来る様になったから、短フランジバックの欠点がある程度解決されたから。但し、これには十分に大きな後玉径確保出来るマウント径にすることが条件。そういう意味ではNikonのZマウントは光学的には王道を行っている。

      • 匿名
      • 2018年 8月 17日

      Contax NマウントとかREICA Rとかほとんど普及しなかったレアなマウント持ち出してデマとか(笑)
      こんなまったく普及しなかったマウントと比較しないといけないくらいFマウントのフランジバックは長かったんですな(笑)

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        無知だねえ。もう少し光学の勉強をしたほうがいいよ。なお、上でも間違えてるが、REICAではなくLEICAね。

          • 匿名
          • 2018年 8月 17日

          ほんとにあんた無知ですね笑

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        なんで?正しいことを言ってると思うがね?デマというならどこが間違ってるか書くべきだよ。できないならお前のがデマだな。

          • 匿名
          • 2018年 8月 18日

          フランバックは、Leica RやContax Nの方がNikon Fマウントよりも長い。
          単純なテレセン性はバックフォーカスを長くする方が有利。

            • 匿名
            • 2018年 8月 18日

            バックフォーカスを長くしてもショートフランジバックかつセンサー対角線長未満の小径マウントだとマウント部で外周の光線が蹴られないかい?

      • 匿名
      • 2018年 8月 17日

      REICAってよく知らんがロシアのカメラか?w

        • 匿名
        • 2018年 8月 17日

        ニコ爺には存在するカメラらしいよ。

    • 匿名
    • 2018年 8月 17日

    ミラーレスカメラでクラシックレンズ遊びをしてる人は判ると思いますが、
    ニッコールはフランジバックが長いので、Fマウントアダプターは他のマウントと比べてかなり間延びしてます。
    なのであまりカッコ良くありませんが、その代りニコンミラーレスでは筒の幅があるのでその分細工しやすいかもしれませんね。
    逆に一眼レフのマウントでもFDやARにMDなどは比較的フランジバックが短く、ミラーレスに付けても様になるレンズが多いです。
    2ミリ3ミリの長さの違いでもマウントアダプターを介すとかなりイメージは変わるもんなんですよね。

      • 匿名
      • 2018年 8月 18日

      筒の幅があることで、fマウントアダプターは自動絞り連動レバー対応も完璧なものとして出てきそうですね。
      別に非ai用の外爪対応のアダプターも出てきそうだし。

      • 匿名
      • 2018年 8月 18日

      Canon FDマウントやMinolta MC/MDよりは3mmフランジバックが長い。
      但し、Penta K、Olympus OM、ヤシコン、プラクティカと比べたら、その差は0.5~1mmでマウントアダプターが間延びするほどの差ではないが。Konica AR、FDやMC/MD用のフランジバックが最短に近いクラスのものと比べるとそれは3~4mm違えから長さの違いはわかるだろうが。

    • 匿名
    • 2018年 8月 18日

    あくまで噂だが、Nikonはかなり矢継ぎ早にミラーレス用の交換レンズとアクセサリーを出してくるようだね。
    https://nikonrumors.com/2018/08/17/nikon-z-mirrorless-roadmap-2018-2019.aspx/

    ただ、レンズやバッテリーグリップはわかるが、スピードライトもミラーレス用を出す模様だが、既存の一眼レフ用のスピードライトとは違った機能を搭載するのかな。ぱっと思いつくのは、減光のSB-500の様なAF補助光を白色LEDにして動画撮影時の補助光にも使えるようにしたものとかだが。あるいは、もう一歩踏み込んで、本来センサーでリアルタイムに測光出来るミラーレスやコンデジではプリ発光などせずに、銀塩のTTLと同じ様にリアルタイムで適正露出になった段階で発光止めればいいわけだから。
    コンデジを含めてデジカメ黎明期から、デジタル用のTTL調光がプリ発光方式に完全に移行したのは、黎明期のセンサーはCCDで信号の同時マルチ読み出しが困難でセンサー測光でリアルタイムTTL調光が出来ないのと、センサー反射光はフィルムの反射光に比べて強すぎて微弱な光の変化を制御できないという問題があったから、コンデジしかやってないメーカーでもプリ発光ありだったが、信号の同時マルチ読み出しが普通に出来るCMOSならば、銀塩時代のリアルタイムTTL調光の方が正確な兆候が出来る筈なので、未だに銀塩時代のTTLと互換性のあるSU-4モードを残しているNikonなら案外やってしまうかも。
    逆にデジタルのなってから参入したメーカーにはノウハウないから、直ぐには模倣できないところだろうし。

    • 匿名
    • 2018年 8月 19日

    直接関係ないが、Nikon 1はNikonosとして生き残るらしい。
    Nikonosの関連特許はとっくに保護期間が切れているからなのか、Nikonはここに来てNikonosを改めて商標登録した。Nikon 1 AW1の後継機が出なかったが、ハウジングなしで水没出来るのは、一部の産業用途で需要があったそうなので、そういう用途向けに特化したモデルに転換するんだろう。
    カメラとレンズを防水にするには、マウント口径小さい方がOリングによる防水処置がし易いわけだから。

      • 匿名
      • 2018年 8月 20日

      特許と商標はまったく別物だよ。

        • 匿名
        • 2018年 8月 21日

        当たり前だろ。根拠法が違うんだから。
        自社の物だろうが、既に先発明が有れば、特許の取り直しは出来ない。せめて、名前だけでもパクられないに様にするには、商標登録しかないだろーが。

          • 匿名
          • 2018年 8月 22日

          なーに 興奮してるんだ? (笑)

    • ニコン好き
    • 2018年 8月 20日

    いよいよ、発表まであと3日
    せっかくの新マウントなのだから
    何とかかんとか、いちゃもんを付けられない事を祈ってます。

      • 匿名
      • 2018年 8月 22日

      君が書き込むからいちゃもんが増えるんだよw

      • ニコン好き
      • 2018年 8月 22日

      いよいよ明日ですね。
      楽しみです。

      デジカメinfoに
      「Nikon Z6」「Nikon Z7」と交換レンズの画像が出てますけどね。

    • 匿名
    • 2018年 8月 20日

    昔ニコンを使って今ソニーの人は落ちつかないだろな。

    • 匿名
    • 2018年 8月 21日

    ソニーの風景にもボートレートにも向かい変な色を嫌う層には、フルサイズミラーレスではよい選択肢ができる。
    フォトテクの口絵写真で今時女の子のポートレでこんな黄色っぽいのは、あり得ないと思うのはソニー。風景でビビッドなだけで、こんな植物の色あり得ないと思うのもソニー。
    ニコンは人物に弱く、キヤノンは風景に弱いと言ってもそれでも、NCで弱いと言われる被写体撮っても色味は常識的だが、ソニーは全方位的に不自然。
    NC以外なら、フジは比較の対象にもならないし、勿論オリパナよりも色はおかしい。

      • 匿名
      • 2018年 8月 21日

      >ソニーの風景にもボートレートにも向かい変な色を嫌う層には、フルサイズミラーレスではよい選択肢ができる。

      日本語が変。留学生?

    • 匿名
    • 2018年 8月 23日

    正式発表が、きましたね。
    さぁ、道に迷ってソニーなんかを買ってしまった人たちは、明日の帰りにでも、すぐに売りに行きましょう。
    その際は、カメラに、水を注いでいずれ、壊れるように、して、おきましょう。
    ソニーのカメラなんて、生かしておいてはいけません。
    大丈夫、すぐには、壊れません。査定の間くらいは、動いてくれます。 私も、経験があります。

      • 匿名
      • 2018年 8月 24日

      フタを開けると 瞳AFも無いし バッテリーはソニー機の半分しか持たないし、AF/AE追従では秒5.5コマしか出ないし…残念なニコンの新製品だった。

      >その際は、カメラに、水を注いでいずれ、壊れるように、して、おきましょう。
      こういう人が世の中にはいるんだね。キモイね。怖いね。これがN信者の体質なんだね。

        • 匿名
        • 2018年 8月 24日

        べつに、ニコンの信者ではないです。
        わたしは、家電屋がカメラを語るのが、許せない!l。
        カメラ文化を、けん引していくのは、やはり、ニコンのように、”歴史”のあるカメラメイカーがふさわしい。
        それは、すべてのカメラユーザーも、異論ないはず!。

          • 匿名
          • 2018年 8月 24日

          それこそ測量屋&フイルムカメラ屋の門外漢がデジタルカメラ語っちゃいかんでしょ笑

コメントは利用できません。

Map Cameraの2018年7月 新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)

首が楽になるカメラストラップ(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ