デジタルカメラ情報サイト

フルサイズミラーレスで新たなステージへ キヤノン EOS R 発表会(デジカメWatch)

高画質と使いやすさを両立 一眼レフ事業も継続
EOSの伝統と技術を継承
ターゲットはフルサイズユーザー&ステップアップ層
by 折本幸治@デジカメWatch

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (43)

    • 匿名
    • 2018年 9月 05日

    ニコンZ7 撃破されました(*^_^*)v

      • 匿名
      • 2018年 9月 05日

      違うでしょ
      ニコンZ7に撃破されたEOS R 。゚(゚´Д`゚)゚。

        • 匿名
        • 2018年 9月 06日

        後からだから迎撃では?

      • 匿名
      • 2018年 9月 05日

      Rには、Z7/Z6にあるIBIS(ボディー内手ぶれ補正)ないのと違うの?

    • 襤褸猫
    • 2018年 9月 05日

    あっさりマウントを新しくしましたね♪
    EFマウントを賞賛していた皆さん、元気ですかー♪

      • 匿名
      • 2018年 9月 05日

      くそ猫
      相変わらずアンチ活動がんばってるなw

      • 匿名
      • 2018年 9月 05日

      EFマウントは支障なくEOS Rにつけられる。更にフィルターをドロップインできるマウントアダプターまでキヤノンは用意している。
      ニコンのようにメカ駆動絞りと電磁絞りが混在しているわけではないので、マウントアダプターもスマートなものが供給されている。
      ファンクションリング搭載のマウントアダプターまである。
      ニコンには出来ない芸当。
      標準ズームが24-105ミリと使いやすいレンジ。Zの24-70ミリじゃ望遠側が不足。

      ニコンZ6は価格を見直さないと対抗できそうにもない。

        • ニコン好き
        • 2018年 9月 05日

        なら何故ソニー機が売れたのか?
        ボディー内手振れ補正のおかげだと思う。

        ニコンとは、実際の写りで勝負だね。
        ニコンの新レンズ
        「Sラインレンズ」は、期待出来そうです。

          • 匿名
          • 2018年 9月 06日

          ソニーが売れたのはフルサイズミラーレスはソニーしか選択肢がなかったからだろ

            • ニコン好き
            • 2018年 9月 06日

            IS手ぶれ補正の無いEFレンズでも
            手持ちで安心して撮れるからだと思うしね。
            もちろんミラーレス機の小型軽量もそうだが
            両方の理由かな

            ソニーα7Ⅱを使ってて
            EVF内蔵と手ぶれ補正機能は、便利だった。

        • 匿名
        • 2018年 9月 06日

        ニコンは古くからの老人信者が支える。若い人たちはソニーやキヤノンを買う。
        老人はどんどん居なくなる。結局はソニーとキヤノンのシェアが上がる。

          • 匿名
          • 2018年 9月 06日

          若い人たちは、スマホ
          昔キヤノ坊
          今はキヤノ爺さんが大勢居る。

        • 匿名
        • 2018年 9月 06日

        EF-SにしろEF-Mにしろあまりにも考えが浅すぎでないかい?

    • 匿名
    • 2018年 9月 05日

    ボディ内手ぶれ補正がないというだけで、萎える。
    ソニーもニコンもミラーレスの在り方はボディ内手ぶれ補正だと
    訴求しているのに、ただミラーを省いただけの6Dプラス。
    これ、誰をターゲットにしているのだろう?

      • 匿名
      • 2018年 9月 05日

      キヤノン信者と年老いたキヤノン爺

        • 匿名
        • 2018年 9月 05日

        いや信者だけど、今回のは食指が動かない…
        やっぱりボディ内手ぶれ補正があってこそのミラーレスなんじゃなかろうか。
        今回は周回遅れ感が否めない。

        でもはじめてカメラ買う層にはウケるんだろうな。安いから。囲い込みにはちょうど良いんだろう。

          • 匿名
          • 2018年 9月 06日

          安いか?α7Ⅲの方が安くて高性能でコンパクト。初めてのユーザーには普通にα7Ⅲの方が売れるでしょ。あとはキヤノンブランドに何処まで力が有るかだよ

        • 匿名
        • 2018年 9月 05日

        どっかと同じマーケティングじゃんw

    • 匿名
    • 2018年 9月 06日

    出来はいまひとつだったけど、Mですらあれだけ売ったのだからこれも売れるんだろうね
    スペックだとソニーが先を行ってるから性能求める人はソニーなのかな
    問題はキャノンもニコンもソニーの進化にどこまで付いていけるか次第
    今もって一周遅れスタートだし

      • 匿名
      • 2018年 9月 06日

      シグマのアダプターでEFマウントレンズが使えるからと、なんとなくソニーに行った連中は、元々ねーちゃん撮りが多かったから、かなりキヤノンに戻るだろう。
      ソニーの肌色にはかなり苦労させられてたから。

    • 匿名
    • 2018年 9月 06日

    しかしZの発表は台風と被ってたし今度は北海道で地震、パナが発表するときは何が起こるやら。。。

    • 匿名
    • 2018年 9月 06日

    Z7、・EOSRと、本家カメラメーカーたちによる。フルサイズミラーレスの発表に
    恐れ、おののいたソニーが。
    アベに指示をしてHAARPを、起動させた。
    己の支持率のために、国土を犠牲にする。アベソニー。 絶対に許しては、ならない。

      • 匿名
      • 2018年 9月 06日

      パヨク特有の気持ち悪い文章ですね

      • 匿名
      • 2018年 9月 06日

      ニコン好き乙

      • 匿名
      • 2018年 9月 06日

      きっとパナのフルサイズはその揺れをものともしない手ぶれ補正を搭載してくるんだよ。。。(* ̄ー ̄)トオイメ

        • 匿名
        • 2018年 9月 07日

        多分、8Kのためのフルサイズだから手振れ補正はナシだと思う。

    • 匿名
    • 2018年 9月 06日

    お決まりの「予想外に注文頂き、ご予約日にお渡しする事が出来ません。」って言うのかな。

    • M-KEY
    • 2018年 9月 07日

    ボディ内手ブレ補正を欲する声が多くて驚いています。
    あれば助かるケースはあるものの、マストの機能なんでしょうか?
    ISのようなレンズ式だと回転ブレが防げないと言うでしょうけど、
    そもそも、どんなブレ補正機構でも被写体ブレには無力な訳ですし
    ブレ補正機構が100%確実に機能するとはかぎらないので、
    確実にブレを防ぐには高速シャッターを使う方が安全です。

    もちろん,船上や櫓の上のような不安定な場所とか、
    プロペラ機を撮る時等、手ブレ補正機構は有効な場面はありますが、
    キヤノンの場合はISレンズが豊富なので特に問題はないでしょう。
    むしろ、センサーの放熱、故障のリスクというデメリットもあり
    他が同機能でセンサーシフト式ブレ補正の有無が選べるなら
    メイン使用機には無しの方を選びたいです。

      • 匿名
      • 2018年 9月 07日

      ありなしで選べるのであれば、断然ありをえらびたいですね。必要ないならオフにすれば良いだけの話で。
      キヤノンだけがボディ内手ぶれ補正なしが信長なのであれば、そう長くは続かないと思いますよ。
      これだけの要望があるのに搭載なしをいつまで続けられるのか…ソニーがあれだけ売れている以上、後継機か上位機種には搭載されるかもしれないという不安?もありますね。
      いずれにせよ手持ちでスローが切れる絵作りが今後のトレンドにもなるでしょうし、やれ三脚、やれセンサー面積なんて古い考えとなるでしょう。コンデジがスマホに圧迫されたように…

        • M-KEY
        • 2018年 9月 07日

        とうぜん「出し惜しみのキヤノン」ですから
        センサーシフト式のカメラも控えているでしょう。
        「断然ありをえらびたい」人も居れば、
        「なくてもいい」「ないほうがいい」人もいる訳で
        フジのX-T3もセンサーシフト式ブレ補正は非搭載、
        キヤノンも有無を併行させる方針かもしれません。

      • 匿名
      • 2018年 9月 07日

      ボディ内手ブレ補正がいらないなんて声が出てきて驚いている。
      あれば助かるケースはあるわけだから ビジネスとしてはマストの機能なんだよ。
      >むしろ、センサーの放熱、故障のリスクというデメリットもあり
      手ぶれ補正を積んでないソニーのAPS-Cで熱暴走とか熱でストップなんてのはあったね (苦笑)

      他が同機能でセンサーシフト式ブレ補正の有無が選べるなら
      まともなユーザーならメイン使用機には有りの方を選ぶ!

      • 匿名
      • 2018年 9月 07日

      ソニーにも付いてるしニコンも内蔵させてきたがキヤノンには付いてなかった。。。
      欲する声が多いというより、特に今はそこがクローズアップされているからだろうね。
      個人的にはレンズ内蔵のものしか選択しない気もするからそれで充分なんですが。

      • 匿名
      • 2018年 9月 07日

      >キヤノンの場合はISレンズが豊富なので特に問題はないでしょう。

      付いてないのもけっこうある。
      現に、同時発表の4本中2本はISなし。
      おまけにEFレンズのISは5軸補正にならない。

        • 匿名
        • 2018年 9月 07日

        >>キヤノンの場合はISレンズが豊富なので特に問題はないでしょう。

        ダウト
        レンズシフト式ブレ補正しか選択肢が無い銀塩カメラや、ファインダー像の安定やAF検知にレンズシフト式が優位な一眼レフならともかく、そうしたしがらみのないミラーレス機の手ぶれ補正はセンターシフト式を選択する方がいい。
        小型化や故障リスク、センサー放熱の為にセンサーシフトを要らないという向きに無しバージョンがあっても構わないがニッチ。
        キヤノンが採用しないのは特許かコストか?

          • 匿名
          • 2018年 9月 07日

          >センターシフト式を選択する方がいい。

          センター??

          • 匿名
          • 2018年 9月 08日

          甘いな。
          ブレ補正の類は、強いGが掛かるような環境下では使えないのだが。
          スナップ程度でお茶を濁してる人にはありがたい機能かも知れないが、
          弊害もあるってこと。
          だから、手ブレ補正入り無しのレンズがそれとなく両方あるわけ。

      • ニコン好き
      • 2018年 9月 07日

      >メイン使用機には無しの方を選びたいです。
      信じられない。驚きです。
      無いのならソニーα7Ⅱは、買わなかったですね。
      (ソニーα7Ⅱは、売っちゃいました。
      ニコンZ7を予約したのでソニーα7Ⅱは、不要になりました。)

      >メイン使用機には無しの方を選びたいです。
      と言われてるM-KEY さんが何でソニーα7R IIIを使われてるのか不思議ですが??

        • ニコムスキー
        • 2018年 9月 08日

        富士のX-T3を予約するので ニコン乙7の予約はキャンセルしました!
        F4の標準ズームが24-70ミリなんて望遠側が使い物にならないからね。
        富士からは24-120ミリ相当のF2.8ズームがでるので そちらのほうが使い勝手がいいですね。

          • 匿名
          • 2018年 9月 08日

          富士から出るのは、
          XF16-80mmF4 では?

    • M-KEY
    • 2018年 9月 07日

    >同時発表の4本中2本はISなし

    たしかに、F1.2で手ブレ補正なら魅力的ですし、
    マクロ域ではブレやすいので手ブレ補正は効果的ですが、
    無いからと言って「買わない理由」には弱いのでは?

      • 匿名
      • 2018年 9月 07日

      買わない理由として強いか弱いかは、もう主観だから言い合ってもしかたないけど、
      私は十分買わない理由になると思うよ。
      特に新規とか、αに流れた層の呼び戻しには。
      ニコンZは未搭載だったけど、いずれピクセルシフトにもつながるかもだしね。

    • 匿名
    • 2018年 9月 08日

    な、なんと瞳AFでの追尾はないそうです。ワンショットAFのみ!
    こんなところでもαに劣っていますね…
    これは早々にネガを潰した上位機種が出るってことですよね〜

    • 匿名
    • 2018年 9月 13日

    「EOS R」って言い難いから、「EROS」にしてよ

コメントは利用できません。

キヤノン、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R」を発表(デジカメWatch)

アウトドア向けの軽さとタフさを究める「MindShift」カメラバッグ(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatarkenソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 21:20)
    →【プロにデジイチが普及し始めた頃になってもニコ爺プロは頑なにMFにこだわっていた。】 これはビックリ! デジイチが普及し始めたD2XのファインダーではMFはかなり困惑。 (拡大アダプター付けてたけど) その時期、久々にFM2のファインダーのぞいたらデッカくて見やすくてびっくりした。 F5でも液晶が入ったからMFはやりにくかった。 高価なインテンスクリーンを入れたF3も使ったことあるけど MFではF4が1番合わせやすかったと記憶しています。(スプリットマイクロ入れてたから誤記憶かも知れないけど) ホントだとすると筋金入りのMFニコ爺さんなんですね。
  • User Avatarソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 18:45)
    →俺はF3AFから使っているんだが?
  • User Avatar新たなるプロフェッショナルモデルの細部をチェック――OLYMPUS OM-D E-M1X(デジカメWatch)へのコメント(03/25 17:35)
    →排気量で比べたがるのは イメージがセンサーサイズ至上主義者の理念なんだろうけど、 安全装置も含めての自動車だし、税金のカテゴリーに過ぎない種別なんだな。 発想の出発点がジイサン臭くて陳腐すぎる。 軸トルクを稼ぐ事で性能を競う物は適当とは思えない。
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/25 16:00)
    →ところで、なんでそんな育ちが悪そうな口調でしか書き込めないんですか?
  • User Avatarストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 15:37)
    →私もライカLマウントレンズ5本持ってますよ。キャノンのね。 もちろんL39スクリューマウントです。ドヤッ
  • User Avatarソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 15:28)
    →そういえばキャノンを使ってるプロはフイルムEOS辺りからAFを使い初めたが、 ニコ爺プロはニコンにAFが導入されてからもそれは邪道としてMFでピントを合わせしていた。 プロにデジイチが普及し始めた頃になってもニコ爺プロは頑なにMFにこだわっていた。 先日、以前付き合いのあったらカメラマンに飲み会で会ったのだが 仕事でD5を使っているが、AFは未だ使ったことがないと豪語しとった。 つまりニコ爺プロには瞳AFどころかAFすら信用できないアマちゃん専用のものなんだそうだ。
  • User Avatarストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 13:11)
    →コミケのカメコは機材は凄いが腕は大したことない奴が多い
  • User Avatarソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 11:49)
    →確かに猫は難しい被写体。早く動物瞳AF試したい。
  • User Avatar4月末まで匿名ソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 10:40)
    →ソニーなんてだめですよ。ニコンZ7なら招き猫も完璧に捉えますよ!
  • User Avatarストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 10:39)
    →触れてやるなよ シグマが悪いんだ
  • User Avatar新たなるプロフェッショナルモデルの細部をチェック――OLYMPUS OM-D E-M1X(デジカメWatch)へのコメント(03/25 08:19)
    →普通車乗りが軽自動車を見るようなイメージと同じでしょ。
  • User Avatarkenストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 08:16)
    →現場にいたワケではないが高宮さんの写真はもう少し上から撮った方がよりかわいくなると思う。 最後のカットもポーズとらせるならややアゴをひかせた方がいいかな。 (僕は女性のウエストアップ以上は台に乗って撮る傾向です) また言うだけ大写真家って言われるな〜!
  • User AvatarM-KEYCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/25 01:15)
    →匿名 : > オールドレンズで黄変しているモノでも、AWBやグレーセットでWBを取れ > ば外部メーター+色補正フィルターよりも、簡単確実に良好な結果が得ら > れます。 これが勘違い。マニュアルでWB合わせる場合でも、G,M,C,Yをパラメーターで調整できるのに、何をわざわざCC(Color Correction)フィルター使うんだよ。使うわけねーだろ。ストロボのキセノン管の焼けの不揃いで色温度合わせる為にはストロボにフィルター装着するが。 > ソニー機でもグレーセットすれば、少なくともデジタル黎明期のニコンの > 黄疸よりは自然な肌再現が可能ですし、現行機でも EOS 5Ds よりは好ま > しい発色をします。 ニコン機で黄色いのは、Expeed 1~3までで、それ以前のCCDやD2Xは黄色くはなく、寧ろ肌が青味がかってたが。それにグレーバランスを取る時点で既にAWBじゃないだろ。 > 露出の決定も色もセンサーのフィードドバックで決定するのがデジタル時 > 代の王道、というか、デジタルカメラが高精度なメーターなんです。...
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/25 01:02)
    →> オールドレンズで黄変しているモノでも、AWBやグレーセットでWBを取れ > ば外部メーター+色補正フィルターよりも、簡単確実に良好な結果が得ら > れます。 これが勘違い。マニュアルでWB合わせる場合でも、G,M,C,Yをパラメーターで調整できるのに、何をわざわざCC(Color Correction)フィルター使うんだよ。使うわけねーだろ。ストロボのキセノン管の焼けの不揃いで色温度合わせる為にはストロボにフィルター装着するが。 > ソニー機でもグレーセットすれば、少なくともデジタル黎明期のニコンの > 黄疸よりは自然な肌再現が可能ですし、現行機でも EOS 5Ds よりは好ま > しい発色をします。 ニコン機で黄色いのは、Expeed 1~3までで、それ以前のCCDやD2Xは黄色くはなく、寧ろ肌が青味がかってたが。それにグレーバランスを取る時点で既にAWBじゃないだろ。 > 露出の決定も色もセンサーのフィードドバックで決定するのがデジタル時 > 代の王道、というか、デジタルカメラが高精度なメーターなんです。 そう思うだろうが、それは平均を取った測定という話で、正確に特定部分について合わせたければ撮像センサーはエリアセンサーだから、隣接画素からの漏光による影響がある。それはエリアセンサーの宿命だよ。金属とてナノメートル単位の薄さになれば半透明の状態になる(反射式NDフィルターが良い例)。同じ厚さでは金属よりも透過性の高いシリコンで、隣接画素と隔てるのはナノメートル単位の厚さのシリコンならば、もっと漏光する。特定部分をスポットでということであれば、測光ポイントにしかセンサーがないものスポットセンサーしか測定域外の影響を受けない測定は物理的に不可能。銀塩時代のTTLの内蔵スポットメーター(何せ測光点にしかCDSセルがないわけだから)なんて存在しない現時点では、単体の露出計やカラーメーターしかないということになる。 だから、結局のところ適所適材ということ。センサーによる測光やWB判断は万能ではない。
  • User AvatarM-KEYCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 21:37)
    →オールドレンズで黄変しているモノでも、AWBやグレーセットでWBを取れば 外部メーター+色補正フィルターよりも、簡単確実に良好な結果が得られます。 ソニー機でもグレーセットすれば、少なくともデジタル黎明期のニコンの黄疸よりは 自然な肌再現が可能ですし、現行機でもEOS 5Dsよりは好ましい発色をします。 露出計の件でも話しましたが、目標は「センサーの欲しがる光を届ける」で、 露出の決定も色もセンサーのフィードドバックで決定するのがデジタル時代の王道、 というか、デジタルカメラが高精度なメーターなんです。
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 20:27)
    →> TTL による AWB はレンズやフィルターによる色被りを吸収するハズですが、 > 単体メーターを使って、それのファクターを掛けていると訳がわからなくな > りそう。ソニー機にかぎらず,デジタルカメラでは、撮影の現場で単体メー > ターの数値をカメラに代入するのは、儀式としての効用はあっても,実利は > まったくないと考えています。 ソニー機に限らずというが、ソニーはAWBで緑成分の取り方に問題あるから、肌色が黄ばむとか植物がCGとか言われつだろ。これは、価格.comの口コミでも他のネットのユーザー情報でも出ていることである程度一般的な情報といえる。 つまり、AWBに問題あるところに更に色被りした光を入れるってのは、錆びた水道管に汚水流したら、更に汚くなりましたってことに繋がるわけだ。レンズやフィルターを通した色の偏りを正しく吸収するのは、元の何の偏りもない晴天時の太陽光やストロボやHMIの光でAWBで偏りがないとか違和感のない色に出来て初めて成り立つことだろ。つまり、校正が出来てない計測器での計測は常に誤りという大原則ってわけ。 原理的にTTLが良くて、外部計測はダメと言うならば、未だにストロボのAUTO調光は外光AUTOの方がいいとかいう声はなくならないよね。一方で、特定メーカーのTTL調光は精度が高いとか、その特定メーカー以外はあてにならないという極論もあるよね。TTL調光の方が原理的に正確な筈だが、元の調光精度が悪ければ、優位な方式使っても優位性を生かせないわけだ。
  • User Avatar「ライカQ2」ハンズオン&開発責任者インタビュー(デジカメWatch)へのコメント(03/24 20:25)
    →半額でも買えないや
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 20:23)
    →M-KEY : TTLによるAWBはレンズやフィルターによる色被りを吸収するハズですが、 単体メーターを使って、それのファクターを掛けていると訳がわからなくなりそう。 ソニー機にかぎらず,デジタルカメラでは、撮影の現場で単体メーターの 数値をカメラに代入するのは、儀式としての効用はあっても, 実利はまったくないと考えています。 実際に撮影するカメラでレンズを通った状態で測定する、すなわち グレーセットで露出やカラーバランスを決定するのが正解です。 灯体管理にはカラーメーターがあると作業は楽ですけど・・・ メーター不要なんてプロとしてあるまじき発言だな
  • User Avatar「ライカQ2」ハンズオン&開発責任者インタビュー(デジカメWatch)へのコメント(03/24 18:36)
    →コンパクトで一番魅力的なカメラだと思うわ。 買えないけど。
  • User AvatarM-KEYCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 17:33)
    →TTLによるAWBはレンズやフィルターによる色被りを吸収するハズですが、 単体メーターを使って、それのファクターを掛けていると訳がわからなくなりそう。 ソニー機にかぎらず,デジタルカメラでは、撮影の現場で単体メーターの 数値をカメラに代入するのは、儀式としての効用はあっても, 実利はまったくないと考えています。 実際に撮影するカメラでレンズを通った状態で測定する、すなわち グレーセットで露出やカラーバランスを決定するのが正解です。 灯体管理にはカラーメーターがあると作業は楽ですけど・・・
  • User AvatarM-KEY日本カメラ博物館、大変革の時代を振り返る「平成のカメラ展」(デジカメWatch)へのコメント(03/24 17:25)
    →鑑賞をスマホなどの端末に任せ,EVF付きのモニターレスにするという方法は あるでしょうけど、DSC-F1は背面モニターによるフリーアングルが肝でしょう。 Nikon AW1,そんなカメラもありましたが,結果的に防水レンズは一本しか出ず それならレンズ一体型で水中ワイコンとかを充実させた方がよかったかも? というか、話の流れはレンズ一体型なんですけどねぇ

アーカイブ