デジタルカメラ情報サイト

リコー担当者に聞く「GR III」一問一答(デジカメWatch)

【フォトキナ】
5年の技術進化を反映 手ブレ補正+ゴミ取り搭載 操作性も新しく
「GR III」担当者インタビュー
レンズ、センサー、手ブレ補正「SR」について
機能について

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (26)

    • 匿名
    • 2018年 9月 27日

    1,000ユーロ以下を目標にしていると言うことは現行レートで132,174.45 円、13万円として消費税がついて14万400円、うかうかしてると消費税10%にアップして14万3千円。GRIIの下取りが3万前後だったとしても10万越えかぁ。。。ちょっと考えるなぁ

    • ニゴン好き
    • 2018年 9月 28日

    coolpix Aに勝てるわけがない

      • sh
      • 2018年 9月 29日

      24mmのcoolpix8400もいいですよ?私はAはシルバー派です

      • 匿名
      • 2018年 9月 29日

      coolpix A がGRに勝っているところを教えてください。

        • 匿名
        • 2018年 9月 29日

        フードとファインダーが金属製でカッコイイです!

          • 匿名
          • 2018年 9月 29日

          ファインダーいいよね! ニッケルバージョンのやつ俺も買った(\15,000くらい)。小さいわりに倍率高くて、コシナとはフォルムが違うからニコン自社設計だと思うけど、こんなん久しく作ってないだろうにレベル高くてニコンさすがと思った。
          本体は買ってないから、ライカMにつけてる。

    • 匿名
    • 2018年 9月 29日

    コメント数が少ないですね。
    もうGRは過去のもの・・・なのかなあ。

      • 匿名
      • 2018年 9月 29日

      今更盛り上がりはしないだろうが「己の信ずる道を行く」というスタンスを時代に合わせながら守ってる姿が健気だと思いますよ。
      数を売るモデルではないが固定客が付いてるのは確かだと思う。

      • 匿名
      • 2018年 9月 29日

      問題はフジがXF10を出してしまったこと

      XF10の実売価格を見ると4万5千円〜5万円
      GR IIIは1,000ユーロ以下を目標ということは上にも出てるように実売10万が超え確実?

      両者を比べると画素数2424万画素で同じ、レンズも18.3mm F2.8最小絞りF16という所は同じで構成だけが違う、GR III(4群6枚)XF10(5群7枚)<両者とも非球面2枚>撮影範囲10cm〜∞も同じだがGR IIIには0.06m~0.12mのマクロモードがある。

      重さもほぼ同じGR III(257g)XF10(278.9g)、大きさもほぼ同じだがGR3の方が若干小さくGR2>XF10>GR IIIといった感じ。

      発表されているスペックを見比べて見ると

      「GR IIIだけに付いている機能」
      3軸手ブレ補正
      NDフィルター
      マクロモード

      「XF10だけに付いている機能」
      内蔵フラッシュ
      電子シャター30秒~1/16000秒
      Bluetooth Ver. 4.1
      4K 3840×2160 15p, 4K連写

      手ぶれ補正が絶対欲しい人も一定数いるだろうけど28mmに手ぶれ補正必要か?と言われると微妙な感じもする。そりゃE-M1 MarkIIの5軸手補正みたいに手持ちで夜景の超秒撮影が出来るくらい効くなら話は別だが。。。

        • 匿名
        • 2018年 9月 29日

        X70が大爆死したから、レンズ開発費回収するためとかで下請けに安く作らせただけだと思うんだ>XF10
        その程度にはGRはこの分野で強すぎるし、それってつまり固定ファンはもはやGR以外に見向きもしないってことなのよ。どのカメラにどんな機能がついてんのかじゃなくて、次のGRに何を付けてほしいのか。
        というか28mm単焦点コンパクトの市場なんてそもそも存在しなくて、たぶんGRというクラスタ(もはや市場とも呼べない)があっただけなんだと思う。
        XF10のライバルは中古のX70じゃねえかな。

          • 匿名
          • 2018年 9月 29日

          X70は良いカメラだったんだけどGRIIのライバルとしては値段が高かった。もしX70が売れていたとしてそれの対抗機としてGRIIIを10万で出すというなら自然な流れに見えるんだけどね

            • 匿名
            • 2018年 9月 29日

            高いとか安いとかじゃない。28mmコンパクトなんてまじめに作って売ったって商売になるほど売れないんだよ。行きがかり上、GRが、たまたま、釣り合う程度には引き合いがあるんだよ。それが、他社にとっての不幸。そこに市場があるという幻覚を見る。
            あと思うんだけど、28mmコンパクトのもう一つの不幸があって。DP1なんだけど。あれだってユーザーは純度の高いFoveonをより手軽に摂取するためのソリューション(あるいは交換レンズの一種)としか思ってなくて、本質的に28mmコンパクトとは別物。
            一方作ってる方は作ってる方で、赤字とか黒字とかいう次元を超越して、シグマを世界に浸透させるための洗脳装置か何かだと思ってるから、要所でコンスタントに新型が登場する。
            その様子を見て、高画質28mmコンパクトがジャンルだと勘違いする不幸なメーカーが出た。
            28mmコンパクトは要するに魔界。次元がねじれていて自然な流れなんてものがそもそも存在しない。まっとうなメーカーは近づいちゃイカンよ。

            • 匿名
            • 2018年 9月 29日

            魔界とまではいかんだろうがレンズ交換できない時点で広角的にも標準的にも使える28mmが無難な選択となるんだろう。手ブレやピンボケが目立ちにくいしフォーカス速度もそれほど気にならない。

        • 匿名
        • 2018年 9月 29日

        XF10買いました。
        やはり安いのは大きいです。

        GRのスペックは魅力的ですが、それに10万超えて出すかと言えば難しく
        GRの固定層とはいえどのくらい買う人が居るのかどうか

        後、発表から発売まで半年は長すぎる

          • 匿名
          • 2018年 9月 30日

          >後、発表から発売まで半年は長すぎる

          その間にXF10は更に値下がりして4万円切るだろうしね。
          単に28ミリ相当画角の単焦点カメラ…というだけでなく、フジが主張するフィルムシミュレーションってどんなの?・・・という興味でXF10を買う客もいるだろう。

        • 匿名
        • 2018年 10月 02日

        XF10の価格は魅力的なのでお店で展示品を触ってきたのですが、アルミプレス(?)の前後カバーの段差とか隙間が目立って萎えてしまいました… 
        写りには直接関係ない部分ですが、作り込みがちょっと甘いような感想を持った次第です。
        値段なりと言えばそうなのですが、このクラスのカメラってやはり外装にも拘って欲しいですね。

          • 匿名
          • 2018年 10月 02日

          正直外装は値段なりかと。
          ただし逆にこの軽さはメリットです。

    • 匿名
    • 2018年 9月 29日

    厚さはあるけど、フジのXT100はかなり小さいしいざとなればレンズ交換も出来て、WBの制御もリコーよりうまくて、値段も安くてEVFもついてるから、こういう単能機に10万超す金出す気になれない。

      • 匿名
      • 2018年 9月 29日

      GR IIIがもう少し標準画角寄りのレンズで画素数少なめの高感度仕様のセンサー+手ぶれ補正だったら10万越えでもスナップシューターに訴求力があったように思う。

    • 匿名
    • 2018年 9月 29日

    よく頑張ったと褒めてあげたいけど、
    フルサイズ化やレンズの明るさの変更は難しいのかな。
    やはりもう少しぼかせると表現がリアルになり表現の幅が広がるんだけどな。

    まあこのカメラを使う人はそういうのは求めてないんだろうな。
    でもボケが必要なく、いつでも持ち歩けるという事ならもうスマホで十分なんじゃないかな。

      • 匿名
      • 2018年 9月 29日

      みんなスマホで十分って言ってるんだけど、今度のiPhoneも真っ先にカメラがテストされて、画質が上がったとかいって大騒ぎなんだよね。じゃあ全然十分じゃないじゃんっていう…
      実際あの絵はスマートフォンの外には出したくないかなって思う。
      逆に、ぼかせればいいならスマホなのかなって思った。スマホの自動フォトショなら二線ボケとかいって大騒ぎしないで済むし。

        • 匿名
        • 2018年 9月 29日

        われわれカメラマニアから言わせるとそうなるが世間の現実といえばほぼほぼスマホ内の小さいSNS画像程度の需要しかない。だから絶妙なコントラスト、精細な高画素高画質写真よりも高コントラスト高彩度の現実世界をプリクラが写したようなスマホの外に出す必要もないような写真が映えるともてはやされているのが実情

          • 匿名
          • 2018年 9月 29日

          なんだかんだ言っても世代交代が成されていく訳だから、スマホじゃちょっとねと考えるマニアの領域に一定の需要があるんでしょう。

          • 匿名
          • 2018年 9月 29日

          じゃなくて、カメラ持ってる人に何か言いたくて「スマホで十分」とかぶっこいてるだけなんじゃないかってこと。ホントに十分ならアイフォーンと中華ホン並べてどっちがこっちとかやる必要ないじゃん。お前らも十分カメラマニアだろみたいなことをよく考える。
          俺の使ってるArrows M03は、こんなロースペ機を作っている日本メーカーは世界の貧困の最大の原因になっているEvilな奴らであるのだから速やかに滅ぶべしぐらいの勢いでこき下ろされるようなスマホなんだけど、換算22mmの超広角ってだけでなんかもう幸せになれる愛い奴でさ。モノクロ写真かっこいいよ。もう1mm頑張ってくれるとなおよかったんだけど。
          スマホ外にデータ出さないなら16万円の最新M字ハゲよりこっちよね。
          要するにあいつらこそクソカメオタを煮詰めたようなスペック厨の類似品でどうしようもないなという意見。

      • 匿名
      • 2018年 9月 30日

      プリントでも意外と綺麗だよ。スマホ。
      所詮スマホという心理的な壁があるだけだと思う。
      あとはホールディングなどの部分で扱いずらいと思うけど、アタッチメントなど着ければ解決する。
      それに十分と言うのは決して今のスマホという意味ではなくて、今後の進化も含めてスマホの領域じゃねと言ってる訳さ。
      少なくともキャンディッドフォトという意味ではGRがになってた分野を侵食するだけの性能は有してきている。

    • 匿名
    • 2018年 9月 29日

    EVFでもいいから内蔵ファインダーが欲しいや

コメントは利用できません。

ニコン、フルサイズミラーレス用レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」を発売延期(デジカメWatch)

Profoto A1にデュオ(2灯)キットが登場!活用法を徹底解説(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatarkenソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 21:20)
    →【プロにデジイチが普及し始めた頃になってもニコ爺プロは頑なにMFにこだわっていた。】 これはビックリ! デジイチが普及し始めたD2XのファインダーではMFはかなり困惑。 (拡大アダプター付けてたけど) その時期、久々にFM2のファインダーのぞいたらデッカくて見やすくてびっくりした。 F5でも液晶が入ったからMFはやりにくかった。 高価なインテンスクリーンを入れたF3も使ったことあるけど MFではF4が1番合わせやすかったと記憶しています。(スプリットマイクロ入れてたから誤記憶かも知れないけど) ホントだとすると筋金入りのMFニコ爺さんなんですね。
  • User Avatarソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 18:45)
    →俺はF3AFから使っているんだが?
  • User Avatar新たなるプロフェッショナルモデルの細部をチェック――OLYMPUS OM-D E-M1X(デジカメWatch)へのコメント(03/25 17:35)
    →排気量で比べたがるのは イメージがセンサーサイズ至上主義者の理念なんだろうけど、 安全装置も含めての自動車だし、税金のカテゴリーに過ぎない種別なんだな。 発想の出発点がジイサン臭くて陳腐すぎる。 軸トルクを稼ぐ事で性能を競う物は適当とは思えない。
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/25 16:00)
    →ところで、なんでそんな育ちが悪そうな口調でしか書き込めないんですか?
  • User Avatarストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 15:37)
    →私もライカLマウントレンズ5本持ってますよ。キャノンのね。 もちろんL39スクリューマウントです。ドヤッ
  • User Avatarソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 15:28)
    →そういえばキャノンを使ってるプロはフイルムEOS辺りからAFを使い初めたが、 ニコ爺プロはニコンにAFが導入されてからもそれは邪道としてMFでピントを合わせしていた。 プロにデジイチが普及し始めた頃になってもニコ爺プロは頑なにMFにこだわっていた。 先日、以前付き合いのあったらカメラマンに飲み会で会ったのだが 仕事でD5を使っているが、AFは未だ使ったことがないと豪語しとった。 つまりニコ爺プロには瞳AFどころかAFすら信用できないアマちゃん専用のものなんだそうだ。
  • User Avatarストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 13:11)
    →コミケのカメコは機材は凄いが腕は大したことない奴が多い
  • User Avatarソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 11:49)
    →確かに猫は難しい被写体。早く動物瞳AF試したい。
  • User Avatar4月末まで匿名ソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 10:40)
    →ソニーなんてだめですよ。ニコンZ7なら招き猫も完璧に捉えますよ!
  • User Avatarストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 10:39)
    →触れてやるなよ シグマが悪いんだ
  • User Avatar新たなるプロフェッショナルモデルの細部をチェック――OLYMPUS OM-D E-M1X(デジカメWatch)へのコメント(03/25 08:19)
    →普通車乗りが軽自動車を見るようなイメージと同じでしょ。
  • User Avatarkenストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 08:16)
    →現場にいたワケではないが高宮さんの写真はもう少し上から撮った方がよりかわいくなると思う。 最後のカットもポーズとらせるならややアゴをひかせた方がいいかな。 (僕は女性のウエストアップ以上は台に乗って撮る傾向です) また言うだけ大写真家って言われるな〜!
  • User AvatarM-KEYCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/25 01:15)
    →匿名 : > オールドレンズで黄変しているモノでも、AWBやグレーセットでWBを取れ > ば外部メーター+色補正フィルターよりも、簡単確実に良好な結果が得ら > れます。 これが勘違い。マニュアルでWB合わせる場合でも、G,M,C,Yをパラメーターで調整できるのに、何をわざわざCC(Color Correction)フィルター使うんだよ。使うわけねーだろ。ストロボのキセノン管の焼けの不揃いで色温度合わせる為にはストロボにフィルター装着するが。 > ソニー機でもグレーセットすれば、少なくともデジタル黎明期のニコンの > 黄疸よりは自然な肌再現が可能ですし、現行機でも EOS 5Ds よりは好ま > しい発色をします。 ニコン機で黄色いのは、Expeed 1~3までで、それ以前のCCDやD2Xは黄色くはなく、寧ろ肌が青味がかってたが。それにグレーバランスを取る時点で既にAWBじゃないだろ。 > 露出の決定も色もセンサーのフィードドバックで決定するのがデジタル時 > 代の王道、というか、デジタルカメラが高精度なメーターなんです。...
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/25 01:02)
    →> オールドレンズで黄変しているモノでも、AWBやグレーセットでWBを取れ > ば外部メーター+色補正フィルターよりも、簡単確実に良好な結果が得ら > れます。 これが勘違い。マニュアルでWB合わせる場合でも、G,M,C,Yをパラメーターで調整できるのに、何をわざわざCC(Color Correction)フィルター使うんだよ。使うわけねーだろ。ストロボのキセノン管の焼けの不揃いで色温度合わせる為にはストロボにフィルター装着するが。 > ソニー機でもグレーセットすれば、少なくともデジタル黎明期のニコンの > 黄疸よりは自然な肌再現が可能ですし、現行機でも EOS 5Ds よりは好ま > しい発色をします。 ニコン機で黄色いのは、Expeed 1~3までで、それ以前のCCDやD2Xは黄色くはなく、寧ろ肌が青味がかってたが。それにグレーバランスを取る時点で既にAWBじゃないだろ。 > 露出の決定も色もセンサーのフィードドバックで決定するのがデジタル時 > 代の王道、というか、デジタルカメラが高精度なメーターなんです。 そう思うだろうが、それは平均を取った測定という話で、正確に特定部分について合わせたければ撮像センサーはエリアセンサーだから、隣接画素からの漏光による影響がある。それはエリアセンサーの宿命だよ。金属とてナノメートル単位の薄さになれば半透明の状態になる(反射式NDフィルターが良い例)。同じ厚さでは金属よりも透過性の高いシリコンで、隣接画素と隔てるのはナノメートル単位の厚さのシリコンならば、もっと漏光する。特定部分をスポットでということであれば、測光ポイントにしかセンサーがないものスポットセンサーしか測定域外の影響を受けない測定は物理的に不可能。銀塩時代のTTLの内蔵スポットメーター(何せ測光点にしかCDSセルがないわけだから)なんて存在しない現時点では、単体の露出計やカラーメーターしかないということになる。 だから、結局のところ適所適材ということ。センサーによる測光やWB判断は万能ではない。
  • User AvatarM-KEYCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 21:37)
    →オールドレンズで黄変しているモノでも、AWBやグレーセットでWBを取れば 外部メーター+色補正フィルターよりも、簡単確実に良好な結果が得られます。 ソニー機でもグレーセットすれば、少なくともデジタル黎明期のニコンの黄疸よりは 自然な肌再現が可能ですし、現行機でもEOS 5Dsよりは好ましい発色をします。 露出計の件でも話しましたが、目標は「センサーの欲しがる光を届ける」で、 露出の決定も色もセンサーのフィードドバックで決定するのがデジタル時代の王道、 というか、デジタルカメラが高精度なメーターなんです。
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 20:27)
    →> TTL による AWB はレンズやフィルターによる色被りを吸収するハズですが、 > 単体メーターを使って、それのファクターを掛けていると訳がわからなくな > りそう。ソニー機にかぎらず,デジタルカメラでは、撮影の現場で単体メー > ターの数値をカメラに代入するのは、儀式としての効用はあっても,実利は > まったくないと考えています。 ソニー機に限らずというが、ソニーはAWBで緑成分の取り方に問題あるから、肌色が黄ばむとか植物がCGとか言われつだろ。これは、価格.comの口コミでも他のネットのユーザー情報でも出ていることである程度一般的な情報といえる。 つまり、AWBに問題あるところに更に色被りした光を入れるってのは、錆びた水道管に汚水流したら、更に汚くなりましたってことに繋がるわけだ。レンズやフィルターを通した色の偏りを正しく吸収するのは、元の何の偏りもない晴天時の太陽光やストロボやHMIの光でAWBで偏りがないとか違和感のない色に出来て初めて成り立つことだろ。つまり、校正が出来てない計測器での計測は常に誤りという大原則ってわけ。 原理的にTTLが良くて、外部計測はダメと言うならば、未だにストロボのAUTO調光は外光AUTOの方がいいとかいう声はなくならないよね。一方で、特定メーカーのTTL調光は精度が高いとか、その特定メーカー以外はあてにならないという極論もあるよね。TTL調光の方が原理的に正確な筈だが、元の調光精度が悪ければ、優位な方式使っても優位性を生かせないわけだ。
  • User Avatar「ライカQ2」ハンズオン&開発責任者インタビュー(デジカメWatch)へのコメント(03/24 20:25)
    →半額でも買えないや
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 20:23)
    →M-KEY : TTLによるAWBはレンズやフィルターによる色被りを吸収するハズですが、 単体メーターを使って、それのファクターを掛けていると訳がわからなくなりそう。 ソニー機にかぎらず,デジタルカメラでは、撮影の現場で単体メーターの 数値をカメラに代入するのは、儀式としての効用はあっても, 実利はまったくないと考えています。 実際に撮影するカメラでレンズを通った状態で測定する、すなわち グレーセットで露出やカラーバランスを決定するのが正解です。 灯体管理にはカラーメーターがあると作業は楽ですけど・・・ メーター不要なんてプロとしてあるまじき発言だな
  • User Avatar「ライカQ2」ハンズオン&開発責任者インタビュー(デジカメWatch)へのコメント(03/24 18:36)
    →コンパクトで一番魅力的なカメラだと思うわ。 買えないけど。
  • User AvatarM-KEYCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 17:33)
    →TTLによるAWBはレンズやフィルターによる色被りを吸収するハズですが、 単体メーターを使って、それのファクターを掛けていると訳がわからなくなりそう。 ソニー機にかぎらず,デジタルカメラでは、撮影の現場で単体メーターの 数値をカメラに代入するのは、儀式としての効用はあっても, 実利はまったくないと考えています。 実際に撮影するカメラでレンズを通った状態で測定する、すなわち グレーセットで露出やカラーバランスを決定するのが正解です。 灯体管理にはカラーメーターがあると作業は楽ですけど・・・
  • User AvatarM-KEY日本カメラ博物館、大変革の時代を振り返る「平成のカメラ展」(デジカメWatch)へのコメント(03/24 17:25)
    →鑑賞をスマホなどの端末に任せ,EVF付きのモニターレスにするという方法は あるでしょうけど、DSC-F1は背面モニターによるフリーアングルが肝でしょう。 Nikon AW1,そんなカメラもありましたが,結果的に防水レンズは一本しか出ず それならレンズ一体型で水中ワイコンとかを充実させた方がよかったかも? というか、話の流れはレンズ一体型なんですけどねぇ

アーカイブ