デジタルカメラ情報サイト

ZEISS、Adobe Lightroom内蔵のデジタルカメラ「ZX1」発表(デジカメWatch)

【フォトキナ】
35mmフルサイズセンサー搭載 1台で撮影・編集・共有を実現
by 鈴木誠@デジカメWatch

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (24)

    • M-KEY
    • 2018年 9月 29日

    これ、ボディ部そのままでEマウントでレンズ交換式の方がツブしが効きそうです。
    センサーもAPS-Cで充分なのでは?

      • ken
      • 2018年 9月 30日

      なんでフルサイズ、レンズ固定式の個性的カメラを開発発表したのに
      APS、Eマウント、レンズ交換式とコンセプトやベクトルが違うカメラいいという基準がわかりません。
      多分、M-KEYさんの個人的見解での希望するカメラと思いますが
      それはこれとは別種のカメラなのではないでしょうか?

      単焦点で足で寄ったり引いたりするべきカメラだと思うけど。。。。

      • ふーま
      • 2018年 9月 30日

      発展型としてはAPS_Cより
      マイクロ4/3の方が
      似合うと思う。
      これにデカいレンズ付いた姿は
      似合わない。
      と思う。

        • M-KEY
        • 2018年 9月 30日

        ZEISSにMFTマウントのレンズがないし、
        MFTのレンズとEマウントのAPS-C用レンズの
        実用上のサイズ感はそれほど変わりません。
        全体の小型化を求めるなら1型センサーとして
        RX100VIのレンズにした方が面白いと思います。

          • ふーま
          • 2018年 9月 30日

          マイクロ4/3にも小さなレンズはあるでしょ?
          あとパナがライカ判だす位だから
          今後なにが在るかわからんですよ。

          • 匿名
          • 2018年 9月 30日

          >MFTのレンズとEマウントのAPS-C用レンズの
          実用上のサイズ感はそれほど変わりません。

          またM-KEY基準か。
          お前一度でも賛同受けたことあるかそれ言って。
          そろそろ気づけ老害。

            • M-KEY
            • 2018年 10月 01日

            E 10-18mm F4 OSS:φ70.0 x 63.5mm 225g
            M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6:φ56.5×49.5mm 155g
            DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.:φ73.4×88mm 315g

            E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS:φ64.7×29.9mm 116g
            M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ:φ60.6×22.5mm 93g
            G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S:φ55.5×24mm 70g

            E 16-70mm F4 ZA OSS:φ66.6 x 75.0mm 308g
            M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO:φ69.9mm×84.0mm 382g
            G X VARIO 12-35mm F2.8 Ⅱ ASPH. POWER O.I.S.:φ67.6×73.8mm 305g

            E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE:φ68 X 97.1mm 460g
            M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ:φ63.5×83mm 285g
            G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.:φ67×75mm 265g

            E 55-210mm F4.5-6.3 OSS:63.8 x 108.0mm 345g
            M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R:φ63.5×83mm 190g
            G VARIO 45-150mm F4.0-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.:φ62×73mm 200g

            望遠域を含めるなら「MFTは小型軽量」と言えるのですが、
            広角〜標準域だと「実用上のサイズ感はそれほど変わらない」と言っていいでしょう。

            • 匿名
            • 2018年 10月 02日

            十分差があるだろ。
            逆に言えば画質もその程度の差でしかなく、MFTでも問題ないとも
            言えるわけだ。

            単純に同等のものであればフォーマットサイズに依存するのは間違いなく、
            でも完全に同等のものもないわけで、そこを無視して比較しても意味はないだろう。

            • M-KEY
            • 2018年 10月 02日

            10年近くMFTとEマウントAPS-Cを使った上での感想です。
            望遠域になれば実焦点距離の差がレンズのサイズに影響しますが
            広角〜標準域だと、規格によるサイズ差よりも企画による差の方が
            大きくなり、MFTだからといって小型軽量とはかぎらないということ。
            たしかに、画質も規格よりも規格に依存するので
            もしパナソニックが,こういったコンセプトの製品を出すなら
            当然MFTを選択するでしょうが、ZEISSなら既に提携しており
            銘入りレンズも複数リリースしているEマウントを使う方が合理的です。

            というか、今さらZEISSにMFTに参入せよという方が陳腐です。

            • ふーま
            • 2018年 10月 02日

            おっしゃる事は至極真っ当ですが
            私のコメントはソニーとパナの
            超大型の嵐が起きた時を想定して
            書いてますので悪しからず。
            今日陳腐なものが明日陳腐でなくなる、
            この製品には少しだけその可能性を
            感じます。
            ところでこれ動画は撮れるのかな?

            • 匿名
            • 2018年 10月 02日

            >10年近くMFTとEマウントAPS-Cを使った上での感想です
            その組み合わせは多くの人が使ってると思うが。
            自分も使ってきたが特にMFTになってから十分小さいけどね。
            自分に限らずここでもあんたの持論は多くに否定されてるのが事実だろ。

            • ken
            • 2018年 10月 02日

            【望遠域を含めるなら「MFTは小型軽量」と言えるのですが】
            レンズ交換式カメラは、望遠を含めてのシステムでしょ?
            万人が広角〜標準域だけを使うワケじゃないし。
            システムで考えるならM4/3は小型軽量でいいのでは?

          • 匿名
          • 2018年 10月 02日

          オーバーコッヘンのシネレンズにはMFT有るじゃん。
          コシナで無くZeissの大本で。

            • 匿名
            • 2018年 10月 02日

            そうだね、コンパクトプライムだから小型軽量なんだろうなぁ

    • 匿名
    • 2018年 9月 29日

    うーん・・・ティーザー見てて期待してたけど、妄想してたのとかなり違ってたな。

    • 匿名
    • 2018年 9月 30日

    Lightroom内蔵とはいえ
    レンズ一体、フルサイズ、35mm f2.0でZEISSというと
    SONY RX1系と被る部分が多いんだけど
    敢えて新規に出す意味があるのかな?
    カメラ本体に関しては
    CONTAXに時代からジャーマニーに拘ってないんだしさ。

      • M-KEY
      • 2018年 9月 30日

      そこなんです。
      「レンズ一体、フルサイズ、35mm f2.0でZEISS」
      なら、すでにRX1があるので、このカメラのウリは
      「1台で撮影、編集、共有を行える」部分だと思うんです。
      4.3型ディスプレイで筐体も大きめですし、
      それなら、カメラ部は融通性の低いレンズ固定式でなく
      自由度の高いレンズ交換式の方が面白そうです。

      • 匿名
      • 2018年 9月 30日

      > カメラ本体に関しては CONTAX に時代からジャーマニーに拘ってないんだしさ。

      レンズに関しても民生用はブランド貸すだけだし、産業用も検査と品質保証だけ本体がやるだけだから。産業用レンズも、ピントロックネジつけたコシナツアイスを髭のおっちゃんとゴツイおばちゃんが、検査してるだけみたいな感じでカタログに載せてるくらいだから。
      このカメラもFOXCON、FlextronixあるいはCelesticaといったEMSに作らせたんだろ。

      http://www.taiheiboeki.co.jp/product/1706_Zeiss.pdf

        • 匿名
        • 2018年 9月 30日

        ソニーのなんちゃってツアイス・ズームにも「ツアイスの検査票!」がご丁寧に同封されていたが、描写性能は「がっかりツアイス」そのものだった。あれ性能検査じゃなくてゴミが入っているかどうかの検査なんだろうな(爆)
        今やツアイスよりシグマのほうがコンシューマー用レンズでは性能と品質面で数段上だろう。

    • 匿名
    • 2018年 9月 30日

    一台で完結というコンセプトなんだろうけど、そんな需要あるのかな。
    背面のLCDで色調のコントロールや現像なんてする気起きないけどな。
    ZEISSには正当な路線でカメラを作って欲しいけどな。
    最近のZEISSはよう分からん。

      • 匿名
      • 2018年 10月 01日

      本当にそう思います。
      RAW記録派の人もカメラ内で完結したいという声が多いのですかね?
      私も何度かは出先で余った時間に複数メーカーのボディ内RAW現像というものにチャレンジしてみましたが、自宅に帰ってカラマネされた環境で確認してみると、背面モニター内のチマチマした中での各種調整に悪戦苦闘した割に成果は得られず、自分には必要のない機能という結論に至りました。

        • 匿名
        • 2018年 10月 02日

        昔からカメラ内現像には一定の需要は有る様だが。

      • M-KEY
      • 2018年 10月 02日

      撮影した直後に現場から画像や映像をSNSにアップするとき
      現場ではスマホを使うのが一番てっとり早いです。
      でも、もう少し広角が欲しかったり、望遠が欲しかったり
      被写体のコントラストが強すぎるとか、
      同じ素材を印刷物やWebの素材として使いたいなど
      スマホのカメラ機能で不足する場合は、
      デジタルカメラのRAWで撮ってカメラ内現像、Wi-Fiで
      スマホに転送後SNSにアップするという手順を踏んでいます。
      これがWi-Fi環境があれば、一台で済むと便利で
      オールインワン20万円程度であれば需要は大きいと思います。
      残念ながら、表題のカメラだと安くて50万円
      おそらく100万円近いでしょうけど・・・

    • 匿名
    • 2018年 9月 30日

    むしろ4.3型って小さいんじゃ…

コメントは利用できません。

ライカ「S3」「M10-P」の進化点を聞く(デジカメWatch)

写真の楽しさ・奥深さを体験できる 富士フイルム「アカデミーX」とは?(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ