デジタルカメラ情報サイト

富士フイルムの開放f2.0大口径レンズで街を撮り歩いた――「X-H1」との相性もバッチリ(日経トレンディネット)

【三井公一の最新デジカメ撮って出し】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名
    • 2018年 10月 29日

    80万出してこの作例みたいな写真は撮りたくないなあ。

    • 匿名
    • 2018年 10月 29日

    このレンズの本領を発揮するのは、室内スポーツとか、ステージの撮影でしょうけど、作例用には撮影ができなかったんでしょうね。
    これだったら、解像度が判るチャートとか、点光源を前後にぼかしてボケの形や光束の分布が判る画像の方が参考になりますね。
    トンボの複眼が一つ一つ解像できるかというのも知りたいですね。

コメントは利用できません。

トキナー新ライン第1弾「opera 50mm F1.4 FF」実写レビュー(デジカメWatch)

今一番注目されてるフルサイズミラーレス一眼、キヤノン「EOS R」(ITmedia NEWS)

最近のコメント

アーカイブ