デジタルカメラ情報サイト

徹底した観察を経て被写体と向き合う…菅原貴徳さん――M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO(デジカメWatch)

【オリンパスPROレンズ 写真家インタビュー】
by デジカメ Watch編集部

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (18)

    • 匿名
    • 2018年 11月 01日

    「広告だ、ステマ記事だと騒ぐやつが出てくる」に一票!

      • 匿名
      • 2018年 11月 02日

      オリンパスがこのカメラマンのスポンサーなんだから
      ステマじゃなくて普通の広告

    • 匿名
    • 2018年 11月 01日

    あえて鳥の名は載せていないようですが、筆者が世界を飛び回っていることが分かる人にはわかる被写体です。日本にはいない種ばかり。うらやましい…..

    最初の鶴はアネハヅルだと思いますが、これは日本にも飛来したことがありますね。
    二番目のアジサシは、ハシブトアジサシかなぁ?
    三番目はマユグロアホウドリかなぁ?
    四番目はゴクラクチョウの一種とおもう?
    五番目はキンカムリブチタイランチョウに近いけど、違うだろうなぁ?
    六番目はおそらくクロミヤコドリ、
    七番目は十中八九、キンメペンギン。

    他人の撮った野鳥でも種の同定はたのしいですな。

    • 匿名
    • 2018年 11月 02日

    オリンパスはフルサイズ参入できないみたいだから、
    このままフェードアウトしそう。

    • 匿名
    • 2018年 11月 02日

    OMもフォーサーズもやめちゃったしね。いつマイクロフォーサーズから撤退するかな

      • 匿名
      • 2018年 11月 03日

      オリがマイクロフォーサーズから撤退する時はデジタルカメラ事業から撤退するという事
      オリの事業内でデジタルカメラ事業の占める部分は少ないが、撤退するならとうにしている筈だ。

        • 匿名
        • 2018年 11月 03日

        海外のフォーラムとかだと、パナのフル参入でマイクロフォーサーズは死んだって言われてるけどね

        • 匿名
        • 2018年 11月 03日

        オリンパスは医療部門が好調だけど、だからと言って赤字垂れ流し続けてる映像事業部なんかいつまでも養っていられないだろう。

      • ken
      • 2018年 11月 04日

      皆さん、何かといえば撤退予想が好きですね!

        • 匿名
        • 2018年 11月 05日

        ペンタとオリとどっちが先にカメラ事業から撤退するかな

        • 匿名
        • 2018年 11月 05日

        自分のひいき以外は敵って宗教と一緒だからね

          • 匿名
          • 2018年 11月 05日

          宗教のこと何も知らないんだ

    • 岩清水
    • 2018年 11月 04日

    今までミラーレスといえばAPS-C以下の素子サイズだったのが、フルサイズというとミラーレスのイメージが出来上がり始めてさみしい気持ちです。唯一の小フォーマットのマイクロフォーサーズは残りそうな気がしますけどね。

    それより皆さん、このサイトを見てると勝手にマイクロソフトの偽サイトに飛ばされたりしませんか?
    私のPCがウイルスに感染してるか、サーバが感染しているか…

      • M-KEY
      • 2018年 11月 04日

      私もMFTは残ると考えています。
      その為にオリンパスは積極的な広告を展開していて、
      それをアンチが「ステマ記事だ」と騒いでいますね。
      たしかにキヤノンRFやライカLマウントなどの大口径マウントの方が
      レンズ設計に対する制約が少ないですが、それらの大口径を活かそうとすると
      レンズは大きく重く高価になるので、MFTやEマウントの小型軽量との
      棲み分けは充分に可能でしょう。

        • 匿名
        • 2018年 11月 05日

        オリンパスは、何度も何度もユーザーを裏切ってきたメーカーだから嫌われているんでしょうね

      • 匿名
      • 2018年 11月 05日

      MFTが残るかはオリンパス、Panasonicの戦略しだいのような気がします。
      今の路線で行けば残るでしょうが国内の低価格帯はkissMにシェア奪われているのが大きく、テコ入れをしくじるとまた製品群の整理をやることになるかもしれませんね。
      問題はグローバルではイメージが悪いことで、今だに引きずってますよね。昔はシェア3位だった時期があったのに色々あってシェアが右肩下がりでやっと落ち着いて微増したと思ったらCanonや富士の攻勢にジリ貧。オリンパスは海外販売の苦戦を早く改善しないとさらに厳しい状況になりますよね。
      パナソニックはシェアがずっと低空飛行でGH以外は価格の下落が早く厳しい状況ですし135判出したらMFTも高級路線に進みそうですよね。最近出したレンズは価格帯が上がってますし。

        • 岩清水
        • 2018年 11月 06日

        例えば野鳥とか望遠中心の人に向けた製品を充実させるとかしてほしいです。昔シグマにあったサンヨンズームとか安いやつ。この300/4は値段が高すぎますね。

          • 匿名
          • 2018年 11月 07日

          オリンパスは今まで超望遠系レンズを出してないのでどうですかね。
          43はシグマが超望遠系レンズを出してくれましたがm43についてはシグマは消極的ですしPanasonicしだいなような気がします。
          オリンパスが積極的なレンズ展開してくれれば可能性有りますが…オリンパスが43系の利点を生かしたレンズを出さないのが今までの流れなのでその辺は不満んですよね。

コメントは利用できません。

アメリカからやってきた〇〇って休めるカメラバッグ――ZÜCA NAVIGATOR + ZÜCA Professional Organizer(デジカメWatch)

写りは非凡な標準ズーム APS-C用Lマウントレンズの原点――LEICA VARIO-ELMAR-TL F3.5-5.6/18-56mm ASPH.(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ