デジタルカメラ情報サイト

キヤノン、ピンクで揃えた「EOS M100」と小型フォトプリンターのセット(デジカメWatch)

1,000台限定 カードサイズ用紙も付属

関連記事

コメント

    • nroff
    • 2018年 11月 06日

    シルバーのボディの樹脂製のグッタペルカを張り替えるだけで限定ボディの出来上がり。
    キヤノンはコスト意識が本当に高いと思う(ほめてます)。

    プリンタは既存色を組み合わせているだけ。新規開発なし。単体販売よりも売り上げアップ。
    キヤノンは商売が本当にうまいと思う(ほめてます)。

      • 匿名
      • 2018年 11月 07日

      ピンクのモーツァルト ねえ感じてる?
      EOS-MのMはモーツァルトのM

      CMはそう松田聖子で決まり

        • 匿名
        • 2018年 11月 07日

        林家ペー・パー子師匠の方が適任だろ

    • 匿名
    • 2018年 11月 06日

    これはすばらしい!!

    • 匿名
    • 2018年 11月 06日

    キヤノンのカメラは色んな所が壊れた。壊れそうな部材をあちこちに使っているのだから当然。
    壊れそうな部材だからコストは低く抑えられてキヤノンは高収益企業!(ほめてます)

    • M-KEY
    • 2018年 11月 07日

    最盛期には、キヤノン、ソニー、パナソニック、コダック、フジフィルムなど
    数社があった昇華型コンパクトフォトプリンターもキヤノンのセルフィだけになりました。
    CP900まではブラックモデルもあったのですが、CP910以降はホワイトとピンクの2色展開で、
    ターゲットがファミリー層のみになっているようです。

    • 匿名
    • 2018年 11月 07日

    ニコンZもグッタペルカを羊羹にしたらニコ爺にウケるかも。

    • 匿名
    • 2018年 11月 09日

    「女性向け」としてピンクの商品を作ると、
    「ピンクが好きな女性」しか買わず、結果的に売り上げが落ち込むらしいですね

    • 匿名
    • 2018年 11月 09日

    女性向け=ピンク

    という発想の貧しさが会社の将来を危うくしているのに気が付かないおそまつな経営者(笑)

      • nroff
      • 2018年 11月 09日

      ピンクを買う女性は一定程度いるので、いかにローコストで受け皿を作るのかを考えるべきで、そういう意味でキヤノンは満点なのですよ。

        • 匿名
        • 2018年 11月 13日

        なるほど、そういう考え方もあるのか(上で「ピンク好きにしか売れない話」を書いた者です)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本カメラ博物館、銀塩写真180年を見直す「フィルムカメラ展」(デジカメWatch)

助川康史さんが語る「ニコンZ 7が描く鉄道写真の世界」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ