デジタルカメラ情報サイト

助川康史さんが語る「ニコンZ 7が描く鉄道写真の世界」(デジカメWatch)

ニコンファンミーティング2018 ステージイベントレポート
by 中村僚

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 11月 07日

    広告記事だ!…と騒ぐやつが出てくるよ~(笑)

      • 匿名
      • 2018年 11月 07日

      ↑広告コメントだ!…

      • 匿名
      • 2018年 11月 07日

      デジカメWatchは全部が広告みたいなもんだから
      いまさら広告記事とか言ってもねぇw

    • 匿名
    • 2018年 11月 07日

    Z7よりも24-70/4を褒めているね
    それしか褒めるポイントが無かった?

      • 匿名
      • 2018年 11月 07日

      レンズの描写はなかなかいいと思うぞ。
      でも ここでは「某人物」のために極めて印象の悪いカメラになってしまったね>Z7

    • 匿名
    • 2018年 11月 07日

    広告記事だ!

    • 匿名
    • 2018年 11月 07日

    ファンミーティングを取材したんだから、
    こういうのはいくらニコンをよいしょしてても広告記事とは言わないでしょ。
    問題なのは機材のレビューを装ったステマ記事だよ。

    • 匿名
    • 2018年 11月 07日

    鉄道写真でいちばん気になるのは
    EVFの表示タイムラグなのですが、
    記事中では触れずじまい

      • 匿名
      • 2018年 11月 08日

      そこは ほれ 大人の事情ですよ、、、

      • nroff
      • 2018年 11月 11日

      撮影対象の移動先が読めないスポーツならともかく、連写を前提にした鉄道写真でEVFのタイムラグって、そんなに重要なのですか?
      各社EVFの性能向上には力を入れているので遅延も減っているようですし、実用上は問題ないような気もしますが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キヤノン、ピンクで揃えた「EOS M100」と小型フォトプリンターのセット(デジカメWatch)

シグマのハイエンドレンズ「ボケマスター」でボケ猫を撮る(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ