デジタルカメラ情報サイト

シグマのハイエンドレンズ「ボケマスター」でボケ猫を撮る(ASCII.jp)

【荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”:第584回】
ボケマスターに俺はなる!
超重量級のレンズだが、実力は一級品

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 11月 07日

    きれいにボケマシター。

    • 匿名
    • 2018年 11月 07日

    ネコさんさえ写っていればボケなんてどうでもいいよ

      • 匿名
      • 2018年 11月 07日

      本来は主題を際立たせるためのボケ味なんだけど
      カメラヲタにはボケ自体が主役になってるからね。

        • 匿名
        • 2018年 11月 07日

        デジ一ブームの頃に分かりやすく「ボケの大きさ」を販促に使った弊害ですね

        • 匿名
        • 2018年 11月 07日

        確かに、本末転倒になっている。

        • 匿名
        • 2018年 11月 08日

        ボケ量が絶対の人いるよね

    • 匿名
    • 2018年 11月 08日

    さすがオギクボケさん

  1. この記事へのトラックバックはありません。

助川康史さんが語る「ニコンZ 7が描く鉄道写真の世界」(デジカメWatch)

TSUKUMOの写真家向けPCに中原一雄さん監修モデルが登場(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ