デジタルカメラ情報サイト

見た目では分からない富士フイルム「X-T3」の進化っぷり(ITmedia NEWS)

【窪圭のデジカメレビュープラス】
X-T3はX-T2からここが進歩した
顔検出や瞳検出の性能も上がった
プリ連写も可能
X-T2の操作系にタッチパネルが加わった!
デザインそのまま内部をパワーアップ
by 荻窪圭,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (26)

    • 匿名
    • 2018年 11月 12日

    世の中、総台数はフルフレームよりAPS-Cの方が沢山売れてますから….

      • 匿名
      • 2018年 11月 12日

      正確には昔は売れていたと言うべきだな。キヤノンも今後APSには自社製センサーを使わないという噂も出ているし今後はスマホかフルサイズに2極化するんじゃないかな?昔みたいに猫も杓子もカメラをぶら下げていた世代というのが少なくなってき今の若い人は相当うまい人か金持ちしか買わない時代だからね。

        • 匿名
        • 2018年 11月 12日

        センサーサイズなんてこだわらない層が増えれば、C/PのよいAPSに流れると予想します。NやCはフルフレームの財産があるからそれに縛られている。吉とでるか凶とでるか、あと2,3年は経たねば将来動向は定まらないと思う。

          • 匿名
          • 2018年 11月 13日

          こだわらない層は既にスマホに流れてるよ。レンズの選択肢も限られるし何れ上級機のフルサイズにアップグレードするつもりなら今の若い人は最初から一番いい物を買うんじゃないかな?特に今の20代なんかは親が金持ちってのが多い。

        • nroff
        • 2018年 11月 12日

        「プロと同じ機材が欲しい」と思わず、自分にあった機材を選ぶ人はむしろ増えると思います。

        • 匿名
        • 2018年 11月 12日

        35フルのシェアはこの一年で3倍以上に急進しているが、2018年10月の統計でも販売額はAPS-Cの約半額、台数では2割強に過ぎない

          • ニコン好き
          • 2018年 11月 12日

          逆に言えばフルサイズ機は、
          台数では2割強に過ぎないのに
          販売額はAPS-Cの約半額を売ってる。と言う事ですね。
          まあ ニコン・キャノンのAPS-C機は、10万円未満で買えるから
          それなりに売れるだろうけどね。
          先行き危なそうなのは、ニコン・キャノン以外のメーカーだね。

            • 匿名
            • 2018年 11月 13日

            つまりメーカーとしても高級機を買ってくれる客層をターゲットに商売した方が効率よく利益を上げられブランドイメージも醸成出来ると気付いたんだろう。すでにバイクメーカーでは400cc以上のフルサイズは一定条件を満たした専門店でしか売らないという方式が主流になりつつある。

            • 匿名
            • 2018年 11月 13日

            まあ、レクサス1台のほうがカローラ10台より利益が高いと聴くから、フルサイズにこだわるのは現時点では正解だろうけれど、いずれAPS-Cのほうが総合的に優れていることに気がつく層がどれだけいるかということでしょう。

            • 匿名
            • 2018年 11月 14日

            >いずれAPS-Cのほうが総合的に優れていることに気がつく層がどれだけいるかということでしょう。

            他者に理解されない自分の価値観の正しさに世間がいつ気づくかって、いい年して中二病こじらせすぎだろ。

        • 匿名
        • 2018年 11月 13日

        カメラの性能的には現状APSでも十分な状態で、一部のプロやハイアマでもなければ
        フルサイズが必要な事はなくなるのかと。

        今のペースでフルサイズが巨大化高額化していくと、流行も数年程度のものかもと
        思いますが

          • M-KEY
          • 2018年 11月 13日

          同じ画素数ならAPS-Cよりも35mmフルの方がダイナミックレンジや高感度特性で
          優れますが、通常の用途でAPS-Cで不足する事は少ないですし、超望遠域であれば
          一段明るいレンズで同じ画角を得る事が可能で,高感度特性の差は相殺出来ます。
          また、このとき機材のサイズも一回りコンパクトになり機動性も増します。
          広角域でなければ、APS-CのF1.8で充分なボケを得られます。
          たしかに35mmフルは現実的な選択肢の中では最大のフォーマットで
          レンズラインアップも含めた絶対的な性能では中判をも凌駕しますが、
          その真価を発揮しようと高性能なレンズを選ぶと、大きく重く高価になってしまい
          APS-Cの方がサイズや価格,描写性能のバランスはいいと思います。
          キヤノン、ソニー、パナから35mmフルのミラーレス機が出た事で、
          一時的に35mmフルの台数シェアはAPS-Cの50%近くまで上がるでしょうけど、
          いずれAPS-Cの10~15%くらいで落ち着くのでは?と予想します。
          レンズも含めた売り上げ額のシェアはAPS-Cの50%付近を維持するでしょう。

            • ニコン好き
            • 2018年 11月 14日

            >キヤノン、ソニー、パナから35mmフルのミラーレス機が出た事で、
            ニコンを忘れてますよ~

    • ニコン好き
    • 2018年 11月 12日

    ヨドバシ価格だが
    FUJIFILM X-T3 レンズキット
    価格:¥248,670(税込)
    これを出せる人がどれだけ居るか?
    ニコン・キャノンのレンズ資産が有る人は
    素直にニコン・キャノンのフルサイズミラーレス機を買った方が良いと思うけどね。

      • 匿名
      • 2018年 11月 12日

      …高い。
      これでAPS-Cかぁ…

        • 匿名
        • 2018年 11月 13日

        安いのが欲しい人には、X-T20やX-E3、X-T100もあるよ。

        • 匿名
        • 2018年 11月 13日

        画質だけに限って言えば、H1, T2, T20, E3は違いが見つからないぐらい均質です。全部試写して確かめたので本当です。現在はH1, T20, E3を手元においています。

        雑誌によればT3もほとんど同じようだから、ゆっくり静物など、激しく動く物を撮らない人はどれを買っても同じように満足します。ここがフジのすごいところ。レンズもすばらしい。

    • 匿名
    • 2018年 11月 13日

    APS-Cで十分と昔からずーーーーっと言われてきたのにミラーレスでも結局フルサイズに移行が進んでますよね。。
    スマフォと高性能な1インチ、フルサイズがあれば基本他はなくてもいいなと最近よく思います思います。
    当然、着地点としてのAPS-Cやマイクロ4/3はあると思いますが、そちらにすべてが収束することは結局ないのかなと思います。

      • 匿名
      • 2018年 11月 13日

      これそのままバイクに置き換えて同じことが言える

      中型で十分と昔からずーーーーっと言われてきたのに販売店ベースでも結局大型に移行が進んでますよね。。
      原付とオフ車、大型があれば基本他はなくてもいいなと最近よく思います思います。
      当然、着地点としての250や400はあると思いますが、そちらにすべてが収束することは結局ないのかなと思います。

      実際250や400は東南アジアで生産したものをもってきて一応ラインナップに入れてる感じだしね

        • nroff
        • 2018年 11月 14日

        バイクは存在自体が斜陽なので、たとえとしては危険なような……。

        上のクラスにステップアップする「入門モデル」がなくなると、市場が崩壊してしまいかねない点は似ていますね。

    • ニコン好き
    • 2018年 11月 13日

    >スマフォと高性能な1インチ、フルサイズがあれば基本他はなくてもいいなと最近よく思います思います
    iPhoneX・ソニーDSC-RX100M3・ニコンZ7レンズセット
    最近私が使うカメラですね。

      • 匿名
      • 2018年 11月 13日

      全部ソニーのセンサーですやんw

        • ニコン好き
        • 2018年 11月 13日

        え?iPhoneXもそうなの?
        知らんけど?

    • 匿名
    • 2018年 11月 14日

    EOS MやSONYのα6500シリーズの大きさで本気で造ってくれたら本当はそれでいいんだけどな。
    APS-Cかどうかと言うよりも造りやターゲット(APS-C=女性、アマチュアみたいに)で差をつけているのがどうしてそうなっちゃうのと言う感じなんだけどな。

    Fujiは狙いどころはいいんだけど結局APS-Cの利点を超えて大きくしすぎて、Fujiのサイズまでいくならフルサイズの方がいいじゃんと言うことになってしまう。X-t20以下のモデルはチープだし。
    本当にAPS-Cの小型を活かした造りの良いカメラが出ないかな。

      • 匿名
      • 2018年 11月 14日

      小型APS-C機のサイズでフルのモノが出たら凄いんですけどね
      フルだからといって最先端を目指さずシンプルにフルの画角・画質を優先したスナップカメラ、レンズ交換式RX1みたいな。
      センサーも、現行の技術レベルで一世代前程度のスペックに収めれば、省エネ低価格にできるんじゃないんですかねぇ
      プロ用途とは完全に住み分けをアピールして、連射は秒3枚とか。
      ただし、ブラケットやインターバルみたいな、カメラ初心者でも楽しみを知る機会は残しておくことで、上級機へのステップアップを誘導することを忘れないようにする。ソフトで実現できるし。
      (写真入門書やカメラ題材の漫画では絶対扱う機能ですし)

      • nroff
      • 2018年 11月 14日

      EOS Mもα4桁も、ハイエンド指向の次期モデルは出るはずなので、小型APS-Cはしばらくは期待できると思っています。

コメントは利用できません。

フルサイズミラーレス使いの女性写真家3名が語る“本音”カメラトーク(デジカメWatch)

シグマのDC DNシリーズ3本用オリジナルレンズケース(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ