デジタルカメラ情報サイト

「RICOH GR III」の動作機が初公開(デジカメWatch)

2019年春に”10万円を少し超えるぐらい”で発売
by 鈴木誠@デジカメWatch

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 12月 05日

    発売時点での価格を見てみるとGRが9万円弱、GRII9万円弱、物価変動を考えると10万円を少し超えるぐらいなら妥当な値段?しばらくすれば「現行モデル+価格差」に落ち着くことを考えるとむしろこれだけ改良されてプラス1万円強なら安いくらいでは?

    • 匿名
    • 2018年 12月 05日

    やっぱレンズ内手ブレよりセンサーシフト式手ブレ補正の方が優秀なのか
    キャノンは遅れてるな

    • nroff
    • 2018年 12月 05日

    「引き算の美学」で評価されているはずなのに、いろいろ搭載して「付加価値アップ」してファンはどう思っているのだろう。

      • 匿名
      • 2018年 12月 05日

      自分はもう手放してしまったんだけど、やっぱり手振れ補正付いてたらなぁという場面は多々ありましたからね。
      これは足した方が良いという判断だったのでは?
      タッチパネルは個人的に要らんけど、要望多かったのかな?

        • 匿名
        • 2018年 12月 05日

        XF10を買って使ってますが、手ぶれ補正は欲しいですね。
        XF10は割り切った仕様で値段もいいのだけど難しいところ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

EOS Rと同時発表された「RFレンズ」の実力とは(デジカメWatch)

LUMIX MEETS/Beyond 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #6(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ