デジタルカメラ情報サイト

触ってきました「RICOH GR III」(デジカメWatch)

見た目そのままフルモデルチェンジの詳細
GRのイメージを継承
ワイドコンバージョンレンズを用意
新たに構成されたメニュー画面
メニュー設定項目をチェック
by 鈴木誠@デジカメWatch

関連記事

コメント

    • M-key
    • 2018年 12月 05日

    ワンセグチューナーを内蔵するべきでした。
    マーケティングの拙さを感じます。

      • M-KEY
      • 2018年 12月 06日

      この機種にワンセグチューナーは似合わないでしょうけど、
      ワンセグチューナー付きのデジタルカメラがあってもいいとは思います。
      ただ、そういうコンセプトのカメラを一番出しそうなカシオが撤退しており
      あとは、パナソニックに期待するしかなさそうです。
      「GRにはEVFが欲しい」という人は多いと思います。

        • 雇われ息子
        • 2018年 12月 06日

        >「GRにはEVFが欲しい」

        そうなんです。
        もともとGRはフィルムカメラのGR1から始まっているんでから、
        モニターを取っ払って、モードや画質などのステータス用の
        モノクロ液晶だけつければいいんです。
        背面モニターが必要な場面なんて、バリアンなどできる他のカメラに任せればいい。
        自撮りならスマホで済むし。

        そういうカメラがもうライカから出てるとか言いそうな人には、
        銀塩GR1シリーズを触ってもらいたい。

        • 匿名
        • 2018年 12月 09日

        単焦点なら光学ファインダー(いわゆる素通しファインダー)があってもいい気もしますけどね。

          • M-KEY
          • 2018年 12月 09日

          銀塩GRを使っていましたが、ファインダーではフレーミングが正確でないし
          ピントが確認できないのが不安でした。(コンタックスGも同様)
          ファインダーはEVFメインとし、メニュー操作用のモノクロ液晶とした方が
          より「GRらしい」と思います。
          でも、個人的には1型センサーでいいからズームのGXが欲しいです。
          (って、すでにソニーRX100がありますね)

    • 匿名
    • 2018年 12月 06日

    液晶モニタに広告記事が出るようにして安くしたらどう?

    • 匿名
    • 2018年 12月 09日

    ここをもっとこうして、という要望を出す以前に
    このご時世に1万切りの安物でもないのに
    28mm相当の固定焦点なんて仕様を
    新製品で出してくれることに感謝すべきかもしれません
    固定ファンがいるといっても
    いつ消えてもおかしくない仕様だと思います

      • 雇われ息子
      • 2018年 12月 10日

      確かに出してくれるだけでも感謝ですね。
      ただ、消えるジャンルかどうかはわかりませんよ。
      上でも書きましたが、背面モニターレスにすれば
      大幅な小型化またはフルサイズセンサー搭載も可能かも
      しれませんし、何より単焦点は平凡なスペックでも高性能です。
      SONYのRX1シリーズの35mmはデカすぎですけど。

        • 匿名
        • 2018年 12月 10日

        なぜそう思うかと言うと
        スマホカメラの標準的な仕様と重なるからです
        いまや全てのコンデジがスマホとの共存という
        適者生存の原則に縛られていて、
        差別化に躍起になったり、スマホの機能拡張製品
        というポジションを得るために親和性を
        アピールしたりしているわけですが、
        スマホと同仕様の高画質機という成り立ちだと
        マスに売るには極めて差別化が困難であろう
        ことが予想されます
        さりとてニッチで続けようにも
        APSC程度では尖り具合が中途半端ですから
        こちらもマニア層には物足りないということに
        なってしまう懸念があるわけです

        「高画質」というのは一定レベルをクリア
        してしまうとメリットが非常に伝わりにくくなり
        理解できる相手は際限なく要求をエスカレート
        するものですから、年々着実に進化している
        スマホの立ち位置に居続けるのは根強いファンが
        いても難しいと思います

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LUMIX MEETS/Beyond 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #6(デジカメWatch)

デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS R ボディ」は9位に後退(ITmedia NEWS)

最近のコメント

アーカイブ