デジタルカメラ情報サイト

4万円でおつりが来る、耐荷重10kgのトラベル三脚――マンフロット befree GT アルミ三脚(デジカメWatch)

【新製品レビュー】
手が出しやすい本格トラベル三脚
by 今浦友喜

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 12月 08日

    耐荷重何kgといったって安全係数があるはずだし、どうもメーカー独自の基準があるようで、相互に比べられない。それに耐荷重は高いが、振動には弱い。耐荷重は低いが振動には強いのがありそう。シャッターブレ抑制には後者が有利。グローバルな指標が無いものだろうか?

      • 匿名
      • 2018年 12月 08日

      少しグラグラしていても粘りのある感じの振動減衰の早い三脚のほうが使いやすいのには同意。一番困るのは耐荷重は高いけど高周波の振動がおさまらない硬いだけの三脚。

      まあ変数が多すぎて客観的にデータで比べるのは難しいと思うけど。。。

        • 匿名
        • 2018年 12月 08日

        なるほど。かなり昔だが奮発してマンフロットのカーボン三脚を買ったんだけど、
        真ん中のポールを伸ばすと根本のネジを締めても少しグラグラしていて、
        こんな高い三脚買ったのにと、ショックを受けたことがある。
        ネットで検索すると、同じような人がいて、ジッツオにしとけば良かったのかと悔やんだものだが、
        三脚ってそれだけじゃないのね。

        ちなみにその三脚今でも使ってます。

      • 匿名
      • 2018年 12月 08日

      華奢な三脚でも脚を外にしならせるとブレにくくなるよ

        • 匿名
        • 2018年 12月 09日

        なるほど、細くてもつっぱっているからですな。今度試してみます。

        • 匿名
        • 2018年 12月 09日

        >脚を外にしならせるとブレにくくなるよ

        どうやるの?上から押さえつけるってことかな?
        でも内側にしなりそう

          • M-KEY
          • 2018年 12月 09日

          三本の脚をちょっとずつ外に蹴り出すといいのですが、
          あまり強くすると脚の基部が壊れます。
          私はマンフロの初代#190を壊しましたし、
          基部の強化されていない古いハスキーはもちろん、
          丈夫そうなスリックのプロフェッショナルでも
          壊れたときいた事があります。

    • 匿名
    • 2018年 12月 08日

    素晴らしい広告記事ですな

    • 匿名
    • 2018年 12月 09日

    なるほど、細くてもつっぱっているからですな。今度試してみます。

    • 匿名
    • 2018年 12月 10日

    最近三脚禁止のところが多いから、バックパックを中で補強して雲台がつけられないものかと思案している。
    もちろん人がごった返しているところで使う気はないけれど。

      • 匿名
      • 2018年 12月 10日

      展望台でテーブルがあるところなんかでは意外に三脚座が意外に役に立ったりする。
      三脚座の底面にもう少し大きな面積のプレートでもつければ、手持ちで撮るより確実に安定する。
      文京シビックセンターの上とか。

      • 匿名
      • 2018年 12月 11日

      ヘルメットのてっぺんに雲台を取り付けて 直立不動で撮影するんだよ!
      下を撮りたいときにはお辞儀する!
      上を撮りたいときにはふんぞり返る!
      人間性が反映した写真が撮れる!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Joy to the World! the Lens is come(前編)(デジカメWatch)

シグマの新型レンズ「56mm F1.4 DC DN」は猫撮り必携レンズ!(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ