デジタルカメラ情報サイト

静止画から動画への切り替えがスムーズかつ好バランス――TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(デジカメWatch)

【私はこれを買いました! 2018年】
撮り歩きにベストマッチ
by 大村祐里子

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (18)

    • 匿名
    • 2018年 12月 27日

    これ良いね。できるならEOS RとZ用も作ってコストをもっと下げて欲しいわ。
    あとやっぱり24から始まるやつも欲しいな。

    • 匿名
    • 2018年 12月 27日

    >>今年はこのレンズのおかげで公私ともに世界が広がったように思います。ありがたや。

    なんてわかりやすい広告コメント

    • 匿名
    • 2018年 12月 27日

    M-KEYさんは例外として
    ソニー機をメイン機として使ってる
    プロカメラマンなんて無視!
    信用できないね。

      • 匿名
      • 2018年 12月 27日

      なりすましはいい加減にしてくれ。
      私はM-KEYさんも信用してませんよ。
      ニコンが最高です。

      • 匿名
      • 2018年 12月 28日

      あんたみたいな信用ない人に言われてもね(笑)

    • 匿名
    • 2018年 12月 27日

    そして、何よりも素晴らしいのはそのコンパクトさです。何kmも歩くような現場は、機材は軽ければ軽いほど助かります。そのような現場で、信頼できるレンズを楽に持ち歩ける、というのは心理的・肉体的負担をゴッソリ減らすことができます。
    つまり
    ソニーとかキヤノンの24-105レンズは、
    重くて大きいので駄目だ。と言う事ですね。

      • 匿名
      • 2018年 12月 27日

      GMレンズ全否定ですねw

      • 匿名
      • 2018年 12月 27日

      >ソニーとかキヤノンの24-105レンズは、
      >重くて大きいので駄目だ。と言う事ですね。

      ソニーの24-105はA036とは100gちょっとしか違わない上に、全長はわずかに短い。
      駄目なのはあんたですよ。

        • 匿名
        • 2018年 12月 27日

        なら何でソニーレンズを使わないのかな?
        タムロンなんて買う必要が無いのでは?

          • 匿名
          • 2018年 12月 28日

          まずは重くて大きいから駄目と言った自分が見当外れだったことを認めてからにしろよ。この人がタムロン使う理由なんて知らないが、価格も焦点域も明るさも違うんだから、理由を考えられない方がおかしい。目先の利益のためユーザーの利便性や業界の活性化を考慮せずレンズ情報を非公開にしているニコンキヤノンと違い、ソニーだとレンズメーカー製も安心して使える。

            • 匿名
            • 2018年 12月 28日

            重さ大きさの件は、分かった。
            焦点域重視で24-105mmF4、
            明るさ重視でタムロン28-75mmF2.8
            それにしても
            24-70mmF4 ZAや28-70mmF3.5-5.6
            こんなレンズを何で売ってるんだろうか?

            • 匿名
            • 2018年 12月 28日

            >こんなレンズを何で売ってるんだろうか?
            28-70にかんしてはキットの値段を抑える目的だろうが、24-70ZAは謎だな

            • 匿名
            • 2018年 12月 28日

            24-70mmF4 ZAは、Zeissを付けとけば買ってくれるって顧客を舐めてるのか?
            それとも小型軽量な高性能ズームレンズを作る技術が無いのか?

            今年発売の最新のニコンZレンズと比べるのは酷だが
            ニコンZ7の24-70F4と比べて、思う。

            • 匿名
            • 2019年 1月 03日

            今のラインナップだと2470Zはもはや必要ない感じかな。
            今だにこれを持ち出してソニーがダメという輩もいるんだから
            さっさとディスコンかリニューアルすれば良いのにね。。

            • 匿名
            • 2019年 1月 05日

            24-70mmF4 ZAってデジカメWatchの広告記事で絶賛されてたよw

          • 匿名
          • 2018年 12月 29日

          タムロンから金もらってるんだろうな。
          いつもの宣伝記事です。

          • 匿名
          • 2018年 12月 31日

          記事のスポンサーがタムロンなのにソニーレンズ使えるわけないだろ

        • 匿名
        • 2018年 12月 28日

        FE 24-105mm F4 G OSS:83.4×113.3mm 663g 14万円前後
        FE 24-70mm F4 ZA OSS:73×94.5mm 426g 9万円前後
        FE 24-70mm F2.8 GM:87.6x136mm 886g 22万円前後
        RF24-105mm F4L IS USM:83.5×107.3mm 700g 13万円弱
        NIKKOR Z 24-70mm f4 S:77.5×88.5mm 500g 12万円前後
        Tamron 28-75mm F2.8 Di III:73×117.8mm 550g 9万円前後

        ソニーユーザーなら、焦点域重視で24-105mmF4、
        明るさ重視でタムロン28-75mmF4、
        重さ,価格度外視で24-70mmF2.8という選択肢があり、
        それらは排他的でなく、撮影対象に応じて使い分けも可能です。
        (さすがに24-70mmF4 ZAや28-70mmF3.5-5.6は選びにくいです)
        またAPS-C機だと、タムロン28-75mmF2.8が
        42-105mm相当F2.8としても使えると言うメリットがあります。

コメントは利用できません。

距離計に連動するF1.2標準レンズ 開放での画質も○――Voigtländer Nokton 50mm F1.2 Aspherical VM(デジカメWatch)

大口径中望遠レンズ2本の使いこなしを浅岡省一さんに聞く――XF56mmF1.2 R/XF56mmF1.2 R APD(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ