デジタルカメラ情報サイト

新モデル「OM-D E-M1X」はオリンパスの決意か、意地か(日経トレンディネット)

【トレンド・フォーカス】
プロ仕様のマイクロフォーサーズ機
オリンパスはマイクロフォーサーズ一筋
プロ写真家の要望に応えたハイエンドフラッグシップ機
電波システムアクセサリーも新登場
by 堀井塚高、酒井康治

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (46)

    • 匿名
    • 2019年 1月 31日

    欠意か、意辞か

    • 匿名
    • 2019年 1月 31日

    オリンパスの企画やってる奴って本当に無能だと思う。
    技術者は優秀なのに。

    • M-KEY
    • 2019年 1月 31日

    35mmフルに参戦するのではなく,MFTに特化するのはいいけど
    その回答が重厚長大なE-M1Xだけだと、それは違うと思います。

      • 匿名
      • 2019年 1月 31日

      ノクトニッコール58ミリF0.95と同じようなものじゃないの? (笑)

      • 匿名
      • 2019年 1月 31日

      まさにブーメランというか、ニコンZとCANON Rがミラーレス化で犯した愚行ですな

        • 匿名
        • 2019年 1月 31日

        ブーメランの意味がわかってないらしいw

    • nroff
    • 2019年 1月 31日

    まったく出し惜しみなしの、EM-5の新型を出せば見直します。もちろん、重さ大きさは現状維持で。

      • M-KEY
      • 2019年 1月 31日

      同意します。
      E-M1Xの技術を導入し、HLD-6のグリップ部のみをつけたE-M5のサイズでの「E-M5 III」なら猛烈に欲しいです。

        • 匿名
        • 2019年 1月 31日

        nroffじゃないけど、HLD-6のグリップ部付けちゃったらそりゃE-M5サイズではなく、ボリュームはE-M1Ⅱぐらいになっちゃうだろ。ぜんぜん同意になってない。

          • M-KEY
          • 2019年 1月 31日

          E-M5はCP+で体験したのですが、本体のみではホールディングがイマイチでした。
          HLD-6付きだと持ちやすいのですが,今度は大き過ぎる。
          でも、バッテリー部を付けずにグリップ部のみを装着すれば,サイズと持ちやすさが
          ちょうどよく、その組み合せで常用しバッテリー部を装着するのは,長時間連続しての
          撮影でバッテリーの交換のタイミングを自分で決められない時(=舞台)のみでした。
          HLD-6のグリップ部のみで運用すると,バッテリー交換でグリップを外す必要があり
          まるでニコンFのフィルム交換のような手間でした。
          E-M1が発売された時に入れ替えを検討しましたが、カタログ数値上のサイズ差以上に
          大きさの差を感じて,購入を見送りました。
          実は,E-M5II用のHLD-8Gでもグリップを大きく感じています。
          ま、この差は現物比較しないと無理でしょうが、「HLD-6のグリップ部付けちゃったら
           そりゃE-M5サイズではなく、ボリュームはE-M1Ⅱぐらいになっちゃうだろ」
          とは断じてなりません。
          https://camerasize.com/compare/#692,289

            • 匿名
            • 2019年 1月 31日

            断じてならないって、こっちだって所有してたし装着して使ったこともある。グリップのボリュームとボディの大きさのボリュームを混同しないでくれ。

          • 匿名
          • 2019年 2月 01日

          E-M5+HLD-6のグリップのみはちょうどいい大きさだが
          E-M5II+HLD-8Gはちょっと大きいと言っているから
          グリップのボリュウムを問題にしているんだろう
          だったらE-M1系は論外だな

            • M-KEY
            • 2019年 2月 01日

            カメラの大きさには、収納に要するスペースと
            実際に持った時に感じる大きさがあります。
            グリップをつけたE-M5は W121 x H90.6 mm
            E-M1 IIは W134.1 x H90.9 mm
            で幅は13.1mm、高さは0.3mmの差しかないのですが
            持つと、数値以上の差を感じますし、実際の収納スペースでも
            単三電池の直径ほどの差は、ミニマムなバッグなら無視できません。

            • 匿名
            • 2019年 2月 01日

            「グリップのボリュウムを問題にしているんだろう」

            だから、本体のボリュームとグリップのボリュームをごっちゃにするなと言ってる。へんな独自基準で断じてないと言われても迷惑だ。

        • 匿名
        • 2019年 2月 01日

        まだ評価すら出てないのに技術とか

        • 匿名
        • 2019年 2月 01日

        超巨大マイクロ43カメラ第2弾のE-M5Xが出るよ~w

      • 匿名
      • 2019年 1月 31日

      EM-5シリーズの新型、早く出て欲しいですね!
      あのサイズ感、デザインがとても良いと思う。
      今回は100周年記念として
      まずは大型のカメラを出したようですが、
      近いうちに出してくれることを願っています。

    • 匿名
    • 2019年 1月 31日

    実際に市場に出ないと、なかなか評価は難しいけど、
    フルサイズに参入するよりMFTに集中して、
    いろんなことをやっていく姿勢は嬉しいです。
    何時も周りと違うことをして、たたかれることも多かったけど、
    ミラーレスのスタンダードになっている技術もたくさんあるし、
    これからも次々に変わったことしてください。
    大きい製品を出しただけで炎上しそうですが、
    私は今でもここ一番ではフォーサーズの重量級松レンズで出撃してます。

    • 匿名
    • 2019年 1月 31日

    どういうユーザーをターゲットにしているのかわからない。もし、オリンピック狙いなら、
    マイクロフォーサーズの高感度特性の悪さからして問題外。

      • 匿名
      • 2019年 1月 31日

      D500を上回る高感度特性ならば、オリンピックは問題ない

        • 匿名
        • 2019年 1月 31日

        高感度はD500どころか、E-M1IIと全く同じレベルだぞ

        • 匿名
        • 2019年 1月 31日

        オリンピックはカメラの性能が今ほどでない頃からやっている。そしてプロはその時使えるカメラでなんとかするから、問題ないと言えば問題ない。でも、わざわざ高感度で劣るカメラをスポーツ撮影で使いたがるプロは少数。

      • nroff
      • 2019年 1月 31日

      え、ここまでわかりやすいターゲットはないと思うけど。

      対象はハイアマチュア、超望遠を使ってフィールドで動体を撮りたい人に総重量でアドバンテージを提供する。

      場合によってはプロも対象だけれども無理かも。でも、公式には「プロがターゲットです」と言うしかない。

      • 匿名
      • 2019年 1月 31日

      E-M1XなんだからE-M1に2本毛が生えた機種なんじゃないの

      • 匿名
      • 2019年 1月 31日

      オリンピックはある意味、同じようなスポーツと比べて最も恵まれた撮影環境だ。「高感度特性、高感度特性、…..」なんて、オリンピックカメラマンは気にしていないのではないだろうか? わめいているのは関係の全くないアマチュアだけだと思うぞ。

        • 匿名
        • 2019年 1月 31日

        んな訳ねえw

        • 匿名
        • 2019年 1月 31日

        そうだね、オリンピックの室内競技場は4K8K収録の為に驚く程明るい筈だ

          • M-KEY
          • 2019年 1月 31日

          オリンピックの会場で撮影した事はないのですが、プロレスでは
          テレビ中継(収録)の有無で会場の明るさは全然違います。
          テレビ中継のある時ならE-M5IIでもノーストロボで撮影可能ですから
          4K/8K中継されるオリピックの競技場なら、MFTでも感度の問題はないでしょう。
          それにフリーランスなら機材を抱えて自力で会場間の移動をする事も多いでしょうから
          機材がコンパクトになるというメリットは大きいと思います。
          トラック競技など、ある程度先の動きが読める種目ならE-M1Xは問題なく使えるでしょう。

        • 匿名
        • 2019年 1月 31日

        会場が明るくてもできた余裕はSSに回したいから、高感度特性を度外視するなんてありえないよ。東京オリンピックの撮影ブースにE-M1Xがずらり並ぶなんて思ってるのか?

        • 匿名
        • 2019年 2月 01日

        ほとんどのスポーツ系のプロカメラマンは、印刷物(175線/350dpi)にきちんと対応できればいいので、あるレベル以上の高画質は必要ない。
        EM-1MK2ならISO6400くらいならスポーツ雑誌のA4くらいは破綻はないでしょう。
        フルサイズより1段明るいレンズが使えれば、差はほとんどわからないと思います。
        プロが選ぶかどうかは、センサーサイズや重量よりもAFの出来にかかっているでしょうね。

          • 匿名
          • 2019年 2月 01日

          D5や1DX2からE-M1Xに買い換える理由が全くない。
          ミラーレス好きの物好きなプロでも使うならα9だろ。

    • 匿名
    • 2019年 1月 31日

    自分は欲しくないですわ。
    極小センサーに特大ボディって、何だかなあ

    • 匿名
    • 2019年 2月 02日

    どのメーカーも未だ重厚長大を良しと思ってるのか。
    これだけサイズの事を気にしている議論が繰り返されているのに、小型高性能というポジションをどうして誰も狙わずに望遠レンズを着けたスポーツ撮影を頂点としたフラッグシップ的発想になるのか。別にスポーツや野鳥を撮る事が偉い訳でもないだろうに。
    ライカMはある意味そういう所が分かってるから世界で評価されてるんだろうな。

      • 匿名
      • 2019年 2月 02日

      スマホで代替できない対象がスポーツ、野鳥、天体、乗り物系などの望遠、超望遠なんじゃないの。

        • 匿名
        • 2019年 2月 02日

        そういう動きもの重視するなら、電子シャッターの速度が1/60では弱いんだよな。
        1/160のα9に迫る価格なのに。

      • 匿名
      • 2019年 2月 03日

      スポーツや野鳥を撮る事が偉い訳ではないが、その領域は必然的に動体の高度な捕捉能力が求められるし、どうしても超望遠系レンズに見合った性能のボディが要求されるので、結果としてフラッグシップ機という位置付けになってるだけですね。
      ライカMシステムとはベクトルが違うんです。

    • 匿名
    • 2019年 2月 02日

    >ライカMはある意味そういう所が分かってるから世界で評価されてるんだろうな

    ライカもちゃんと重厚長大もやってるぞ。
    Mを続けてるのはそんな崇高な理由じゃなく、一定層がありがたがって買ってくれるからだろ。

      • 匿名
      • 2019年 2月 03日

      だからわざわざMと書いたんだが。
      一定層がありがたく買ってくれるというのがまさに評価なわけで。
      そしてMを評価する人のコメントは大体シンプルな操作系、コンパクトなシステム、レンズの良さ、堅牢性を評価している。

        • 匿名
        • 2019年 2月 03日

        一定層とは目的と手段が逆転してしまって、ユーザーというより所有者になった層の意味だったが、通じなかったようだ。

          • 匿名
          • 2019年 2月 04日

          まあライカの名前を出した段階で噛み付いてくるこのサイトの反応はいつもどおりだね。
          名作の多くがライカで撮られてるのは事実だし、コンパクトで高画質という文脈では間違ってないのだが。

            • 匿名
            • 2019年 2月 04日

            それを言うなら各日本メーカー製カメラも日々多くの名作を出しているが、ライカMがそれらを上回っているという事実でもあるのか?
            いつまでも幻想にひたってるんだな。

            • 匿名
            • 2019年 2月 04日

            【名作の多くがライカで撮られてるのは事実だし】

            今度はわざわざMをはずして、姑息なことするね。

            • 匿名
            • 2019年 2月 07日

            君たちに無縁ということだけは分かった。

        • 匿名
        • 2019年 2月 05日

        Mを使ってる者です。
        デジタルMはコンパクトでもシンプルでもないし、正直コシナのほうが良いレンズな気がします。距離計の信頼性は常に悩みの元です(レンズとボディと撮影者のうちどれがおかしいのか、とか)。
        でもしつこくレンジファインダーボディ作ってくれるのはライカだけです。コシナもエプソンも逃げた。

        ちなみにライカが逃げたら、コシナやエプソンなんか問題にならないくらいぶっ叩くと思います。あの値段が許されてるのはそういう責任を負ってるからだと思うので。
        そういうことです。

          • 匿名
          • 2019年 2月 07日

          いや十分コンパクトでシンプルだよ。

    • 匿名
    • 2019年 2月 05日

    地元の量販店で聞いたら全く予約入ってないみたい。

コメントは利用できません。

2018年のデジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が圧倒的強さ見せる(ITmedia NEWS)

富士フイルム「プレミアムプリントサービス」はどうやって作られるのか……プリントラボを見学してきました(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ