デジタルカメラ情報サイト

カメラの画質、センサーサイズでどう変わる? ガスタンクで検証(ITmedia NEWS)

【荻窪圭のデジカメレビュープラス】
いろんなカメラでディテール描写力をチェック
スマートフォンと普及型コンデジ
高級コンデジとマイクロフォーサーズ
マイクロフォーサーズとAPS-Cサイズ
APS-Cと35mmフルサイズ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • nroff
    • 2019年 2月 13日

    はてなブックマークのホットエントリーにも上がってたから見たけど、
    何度見ても(カメラ本来の)画質が判別できなかった。
    これ見てなんか語れる気がしない。

    昔はrawファイルを置いてくれるレビュアーとかいたけれど、そこまで期待するのは無理なのかな。

      • 匿名
      • 2019年 2月 13日

      明るいところで低感度だとパッとみてセンサーのサイズの差がでにくいけど初心者はそのことを知らないので、この記事をみて、まるでオーディオのケーブルの違いによる音の差異を語ることができるのと同じようなレベルのことをこの筆者ができるのだなと思わせることが狙いの一つなのではないだろうか。
      センサーサイズによる画質の違いを語るのに高感度で比較しないのは何らかの意図があるとしか思えない。

    • 匿名
    • 2019年 2月 14日

    1/2.3インチセンサーのコンデジで画素数が2000万画素だと理論値でF2が限界で、実際はレンズの残存収差(特に球面収差、倍率の色収差とコマ収差)の絞り込みによる減少との相関で絞り込みによる収差減少による解像改善が回折ボケに解像悪化に埋もれるまでは、理論値より2段から2.5段絞れるが、コンデジは限界にきているから1/2.5インチセンサーでも1200万画素のiPhoneが上とかはそりゃ当然。
    他のサイズ同士でも基本は同じ。この点説明しないで撮って出しの画像比較してもあまり意味がない。
    荻窪圭は理系なのにそんなこともわからんのかな。出版社の編集や記者出身の文系(こいつら小学生の算数忘れ去っても入試を突破できる私立の文学部が多い)とあまり差がないこと書いたらダメだろう。一応数IIIまで履修して大学で高等数学まで修めた者がこれじゃいかん。回折限界と残存収差の絞り込みに減少はどちらも計算でシミュレート(エクセルのマクロがいっぱい公開されている)できるんだから、ソフトウェア系の記事書いてたテクニカルライターが主観的な比較ですませたら手抜き。

コメントは利用できません。

YASHICA ELECTRO 35風のデジタルカメラ、ヴィレッジヴァンガードで予約販売(デジカメWatch)

ポケットに入る超望遠、イマドキのコンデジはここまで進化していた(前編)(ITmedia NEWS)

最近のコメント

アーカイブ