デジタルカメラ情報サイト

新製品「α6400」の狙いとは?ソニーのミラーレス戦略を聞く(デジカメWatch)

【インタビュー】
フルサイズの最先端技術をAPS-Cモデルにも集約
α6400の存在意義について
フルサイズαのアップデートについて
ミラーレスカメラ戦略について
by 折本幸治@デジカメWatch

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • M-KEY
    • 2019年 2月 24日

    久々のAPS-C機、販売の中核なんでしょうが、組み合わせる標準系のズームの選択肢が少ないですね。
    現状では18−135一択ですが、沈胴ではない16-50mmF3.5-4.5的なレンズも必要なのでは?

      • 匿名
      • 2019年 2月 25日

      何時も十分そろってると言ってるのにそれ?

        • M-KEY
        • 2019年 2月 25日

        ソニーEのAPS-C用レンズ,一応は必要な部分は足りていると感じています。
        望遠系ならFEレンズを選ぶという方法もあり、50mmF1.8や85mmF1.8は
        口径蝕の影響から逃れられるという利点もありますし、
        50マクロもAPS−C機の方がフル機よりも使いやすいと思います。
        ただ、標準ズームが、NEX-5/3と同時に出た18-55mmがディスコンになっているので、
        沈胴で故障しやすいPZ16-50mm、性能比で割高な16-70ZA,、大きく重いPZ18-105G、
        高倍率の18−135mmしかなく、スタンダードな標準ズーム(屋上屋を架す的ですが)が不在、
        同じく設計年次の古い16mmF2.8、55−210mmのリニューアルは必要でしょうし
        コンバーションでなくちゃんとした対角線魚眼も欲しいです。
        これは今までも何度か書いています。

      • 匿名
      • 2019年 2月 27日

      16-50 F2.8 みたいなの考えてるんじゃないすかね?
      単焦点は16mmをのぞけばあんなもんでいいのでは?
      中望遠系はフルと併用で問題ないし。

    • 匿名
    • 2019年 2月 24日

    ソニーのAPS-Cカメラには、魅力的なレンズが殆ど無い。
    フジが充実しているのとは対照的にどうでも良い性能のレンズばかり。
    いくらカメラを充実させてもシステムに魅力を感じない。

    • 匿名
    • 2019年 2月 25日

    ソニーはカメラ本体が売れればいい。PZ 16-50mm付きで売れればいいんでしょ。

コメントは利用できません。

トキナー「opera」第2弾は大口径超広角ズームレンズ「opera 16-28mm F2.8 FF」(デジカメWatch)

リコー、「GR III」を3月下旬に発売。税込12万円台前半(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ