デジタルカメラ情報サイト

42万円! キヤノンの要注目レンズ「RF28-70mm F2L」で萌え娘を激写(ASCII.jp)

キヤノンが世に問う「モンスターレンズ」
まるでバターのようにとろけるボケにため息しか出ない
【まとめ】ずしりと重いが描写は目を見張るものがある
by 栗原祥光

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (57)

    • M-KEY
    • 2019年 4月 15日

    個人的には,このF2ズームよりもF1.8単焦点を数本の方が合理的だとは思いますが
    RFマウントの優位性を示すには、AFの効かないF0.95よりはずっと効果的でしょう。
    1.4kgという重量も標準ズームしては重いのですが、EOS Rならば、
    バッテリーグリップ付きの5Dに24-70mmF2.8とほぼ同じ重さです。
    EOS 5Dmk4 (890g)+ BG-E20 (388g)+EF24-70mm F2.8 L II (805g)=2083g
    EOS R(660g)+RF28-70mm F2 L (1430g)=2090g
    実売価格も最安で30万円を切っているので購入障壁も低くく
    なかなかに考えられたレンズだと思います。

      • 匿名
      • 2019年 4月 15日

      >RFマウントの優位性を示すには、AFの効かないF0.95よりはずっと効果的でしょう。

      買う気も無いのに、いちいちニコンZレンズを持ち出して話す。
      余計なお世話だと思う。
      私は、値段が高いので買えないけどね。

      • 匿名
      • 2019年 4月 15日

      EOS Rにボディ内5軸手ブレ補正機能が付いたら
      このF2ズームレンズは、検討しても良いな。

      • ken
      • 2019年 4月 16日

      【1.4kgという重量も標準ズームしては重いのですが、EOS Rならば、
      バッテリーグリップ付きの5Dに24-70mmF2.8とほぼ同じ重さです。】
      総重量よりバランスが問題かな。
      望遠ならともかく標準なら特にね。
      また広角側が28ミリというのはここの方々はガマンできるのだろうか?
      とはいえF2のズームが選択肢に入ったことはCanonユーザーにとっては喜ばしいと思う。

        • 匿名
        • 2019年 4月 16日

        ケンちゃんはカメラの正しい持ち方を先生に習って無いのかな。
        重さは左手のレンズで支えて右手は添えるようにするんだよ。
        広角端を24mmにしてf2.0にすると、さらに大きくなる。
        妥協点だと思うよ。

          • 匿名
          • 2019年 4月 16日

          ちゃんと習っていたらカメラマンとして大成しただろうに…
          残念なことだ。

        • M-KEY
        • 2019年 4月 16日

        長時間手持ちで構えるとき以外は,カメラの重量はあんまり気になりません。
        それよりも移動時の総重量の方が気になる事が多いです。
        それにレンズとのバランスが悪いという人もいますが、
        正しいホールディングができていれば、EF200mmF2のように極端に重心が
        前玉寄りのレンズ以外は、レンズ側が重い方が持ちやすいです。
        最広角を24mmにすると,更に大きく重くなるだけでなく描写性能にも影響しそう。
        24mmが欲しいなら、もうじき出る予定の24-70mmF2.8を選べばいいでしょう。

          • 匿名
          • 2019年 4月 16日

          >24mmが欲しいなら、もうじき出る予定の24-70mmF2.8を選べばいいでしょう。

          これまさかIS 手ぶれ補正が付いてますよね?
          まさか?付いて無いのなら
          ニコンZレンズの方が良いですね。
          ニコンZ7/6なら
          ボディ内5軸手ブレ補正機能が付いているから。

            • 匿名
            • 2019年 4月 16日

            RF24-70mm F2.8 L IS USM”
            とりあえず、良かったですね。

          • ken
          • 2019年 4月 17日

          【長時間手持ちで構えるとき以外は,カメラの重量はあんまり気になりません。】
          それならば何故、重量の比較を書いたのでしょう?
          移動時の総重量に為?それならばM-KEYさんの言われるように1.8単玉数本の方が軽いかな?(最近はそうでもない?)

          【正しいホールディングができていれば、EF200mmF2のように極端に重心が
          前玉寄りのレンズ以外は、レンズ側が重い方が持ちやすいです。】
          まあ持ち方はそれぞれ千差万別ありますから否定はしません!
          (以前、望遠レンズを左肩に乗せて左手を外側から上からかぶせるように操作していたOM使いの方がいてびっくりしました)
          僕の場合、標準・広角系ズームはボディの下部もしくはレンズとの結合部分あたりを掌に乗せて、親指&中指(+薬指)でズームリングを操作、人差し指でピントリングあたりにを支えています。
          望遠ズームの場合は三脚座に掌を乗せて後は同じ。
          つまりだいたい三脚穴位置に掌を乗せてホールドしています。
          三脚座のない巨大標準ズームだとズームリングあたりをホールドすることになりそうなのでちょっと操作しにくいかな。(あくまで僕の場合)

          【最広角を24mmにすると,更に大きく重くなるだけでなく描写性能にも影響しそう。】
          それならば広角側を35ミリにすればより小型で描写性能のいいF2レンズができますね。
          過去の標準ズームは35-70でしたがさすがにそれでは現在のズーム域に見劣りするので28ミリを落としどころにしたのかな、と感じますが
          それならば現在主流の24ミリまで頑張ってほしかったかな。
          (こないだまで20年前の28-70使ってたからそれほど不自由じゃないけど)

          【24mmが欲しいなら、もうじき出る予定の24-70mmF2.8を選べばいいでしょう。】
          これは28ミリでいい理由にはならないんじゃないかな〜?

            • M-KEY
            • 2019年 4月 17日

            全然買うつもりがないので,今まで気付いていませんでしたが
            1.4kgのレンズなのに三脚座が用意されていないのは問題ですね。
            三脚上で安定して縦位置で撮影するにはL型プレートが必須になりそう。
            (というか、ミラーレスならレボリング可能のボディが出てもいいと思います)

            レンズの商品性はスペックとサイズ,価格のバランスだと思います。
            キヤノンは28mmスタートとしてでも,常識的なサイズに収める事を
            選んだ訳で,別に24-70mmF2.0を否定しているわけではありません。
            これには,少しくらい長くなっても24-70mmF4よりも24-105mmF4を
            選んだ点や「寄れる単焦点」「短くなるF2.8望遠ズーム」も含めて
            キヤノンの企画力の上手さを感じています。

            個人的には、24mmスタートよりも、35mmスタートにして
            105mmまで包括してたF2ズームの方が「欲しいレンズ」です。
            (もちろん三脚座付き)これをAPS-C機で使えば55-170mm相当と
            人物撮影や舞台撮影には便利です。(あんまり売れなさそうですが・・・)

            • 匿名
            • 2019年 4月 17日

            単玉・・・昔のライツには1群構成の望遠レンズはあったが…

    • 匿名
    • 2019年 4月 15日

    黒~い!
    太~い!

      • 匿名
      • 2019年 4月 15日

      それだけじゃだめ。
      「硬~い」が無いと。。。

      • 匿名
      • 2019年 4月 15日

      使うときだけ伸びればいいんだよ!!

        • 匿名
        • 2019年 4月 16日

        今度出る新型のRFレンズ
        70-200F2.8 もそうだな。
        びょ~んと首が伸びる。ろくろっ首レンズ

          • 匿名
          • 2019年 4月 16日

          ニコンのカリ高広角レンズは勘弁して欲しい

      • ニコン好キン
      • 2019年 4月 15日

      私そういう話大好きです

      混ぜて下さい

        • 匿名
        • 2019年 4月 15日

        本当に貴方好きですねそういうの。
        外国行くのもソレ目的だよね。

    • 匿名
    • 2019年 4月 15日

    42万のレンズが泣いてる、下手ね・・・、瞳にピンがきてない上に露出ダメダメ!!!

      • 匿名
      • 2019年 4月 15日

      そうそう、もっと露出して貰わないと

    • 匿名
    • 2019年 4月 15日

    町中でこのレンズを構えている人を見たら ギョッとするだろうな。

    • 匿名
    • 2019年 4月 15日

    ありゃ〜本当に瞳にピンきてないショットが何枚かあるね。
    なんでだ?
    ミラーレスのアドバンテージってレフ機より正確なピント精度なのにね。

      • M-KEY
      • 2019年 4月 16日

      ズームでF2は超大口径ですが、単焦点でいうと凡庸な明るさなので
      それほどピントがシビアではなく、カメラのAF性能というよりも
      シングルAFで撮って、モデルとカメラの距離が測距時とレリーズ時で
      変わっている可能性があります。
      でも、マンツーマンの撮影なんですから撮影時にピント確認して欲しかったですね。
      EVF内でピントの確認ができるというのが、EVF機のメリットですから。

        • 匿名
        • 2019年 4月 16日

        解説ありがとうございます。確かにその可能性はありますね。
        でも掲載の前にチェックしなきゃですよね。

        瞳AFを使ってみることにした、って書いているから、これじゃキャノンの瞳AFの精度に疑問を持ってしまいます。

          • M-KEY
          • 2019年 4月 16日

          EOS Rの場合、ファームアップまでは瞳AFはシングルAFでしか使えないので
          このようなアクティブな撮影でピンを外すのは仕方ないと思います。
          むしろ顔認識でのAIサーボの方がよかったのかも?

            • ken
            • 2019年 4月 16日

            【このようなアクティブな撮影でピンを外すのは仕方ないと思います】
            掲載前提のプロなら【仕方ない】じゃダメですよ!
            ましてや広告記事なんだから!

            • 匿名
            • 2019年 4月 18日

            出たよ
            https://cweb.canon.jp/eos/info/eosr-firmware1902/

          • 匿名
          • 2019年 4月 16日

          上に「ピント確認して欲しかった」と書いている
          この「仕方ない」はカメラに対してだろう

            • ken
            • 2019年 4月 16日

            それではカメラの限界だからピンボケなのは仕方ないと?
            ピント確認しなかったとして、その写真を世にだしたプロとしての意識はどうなのだろう。
            ましてや広告記事です。
            読者が機能(この場合、瞳AF)に疑問を持たせるような事態は仕事としていかがなものだろうか。
            ノーチャックで納品したとしたら、それはそれで問題。

            • ken
            • 2019年 4月 16日

            【ノーチェック】でした!
            ノーチャックはそれはそれで大問題!

            • M-KEY
            • 2019年 4月 17日

            このレビューだと,スキルのない人は「EOS Rの瞳AFの精度に問題がある」と
            受け取りかねないのですが、ピントの悪いのはカメラのせいではなく
            使い方の問題だと指摘しているだけです。

            このレビューの主旨だとピントが最優先される訳ですから,
            撮影時からピントにかんしては細心の注意をはらう必要があります。
            撮影時のチェックの不備については既に言及しています。
            私がレビュアーなら,撮影時には三脚を使いモデルにも座らせるとか
            何かに寄りかかるとか、顔のカメラとの距離が変わらない方法をとり、
            シチュエーションごとに拡大再生でピントのチェックします。

            • ken
            • 2019年 4月 18日

            【この「仕方ない」はカメラに対してだろう】
            【ピントの悪いのはカメラのせいではなく使い方の問題】
            どっち?

            まあ結果として瞳AF使ってのピンボケ写真を掲載したのは
            広告記事としては失格でしょう。

            • M-KEY
            • 2019年 4月 18日

            現状のEOS Rの仕様なら、手持ちのポートレート撮影で
            モデルの動きもある場合は、ピントの歩留まりが悪いのは「仕方ないのですが
            カメラマンは、そうしたカメラの弱点をカバーする運用をする必要がある。
            という事で,ピンボケショットの掲載はカメラのせいでなく,カメラマンや
            編集の責任だということなんですが、どうして理解できないんでしょう?

            • 匿名
            • 2019年 4月 18日

            >どうして理解できないんでしょう?
            爺のフリしてベテランを気取っているが実はお子ちゃまとか?

            • ken
            • 2019年 4月 18日

            カメラの性能が悪い(この場合、瞳AFが)のは『仕方ない』ので
            それを理解して運用しなかったカメラマン、ピンボケ写真をそのまま乗っけた編集部が悪いってことですか?
            いずれにしろCanonにとってはマイナスな記事でしたね。
            記事チェックしなかった(であろう)Canonの広報も良くないけど。
            でもピンボケ写真をそのまま納品したカメラマンが筆頭かな〜!

    • 匿名
    • 2019年 4月 16日

    モデルの周囲に黒山の人だかりで
    自由な撮影ポジションが得られないときに
    こういうレンズはいいのかなと思う反面
    F2.8だったらどれくらい安くなるのか
    などとも考えてしまう

      • 匿名
      • 2019年 4月 16日

      ボディもレンズも手ぶれ補正機能を付けなかったのは、残念です。
      F2.8でも良いからIS手ぶれ補正機能を付けて欲しかった。

        • 匿名
        • 2019年 4月 16日

        RF24-70mm F2.8 L IS USM”ですね。

      • 匿名
      • 2019年 4月 16日

      文句言う前にロードマップくらい確認しろよな

        • 匿名
        • 2019年 4月 16日

        >文句言う前にロードマップくらい確認しろよな
        申し訳ないです。

        • 匿名
        • 2019年 4月 17日

        標準ズームがわずかばかり明るくなることに
        大枚をはたく異議があるのだろうかということを
        遠まわしに言ってるんだよ

          • ken
          • 2019年 4月 20日

          さすがに【意義】と【異議】は訂正してほしいなあ。
          わずかでもF2ズームに大枚はたく意義とロマンはあると思うよ。
          F4ズームからF2.8ズームに大枚はたいて移行した僕らにとっては。
          ただ40万は。。。個人的には今回は大枚はたくのは難しい。
          ない袖はふれないからね。

            • 匿名
            • 2019年 4月 22日

            異議と誤変換して見過ごしたのは後で気づいたけど
            気にせず引用されてるのにいちいち訂正することもないかと
            思ったんで放置しておきました

            そして大元の話が(F2が)F2.8だったらどれくらい安くなるのか
            という話をしてたんで、F2.8がF4だったらという話をしてるつもりは
            なかったんですがね
            ねんのため

            • M-KEY
            • 2019年 4月 22日

            RF28-70mm F2 L USM:φ103.8 × 139.8mm 約1430g フィルター径95mm

            EF24-70mm F2.8L II USM:φ88.5 × 113.0mm 約805g フィルター径82mm
            EF24-70mm F4L IS USM:φ83.4 × 93mm 約600g フィルター径77mm

            EF24-105mm F4L IS II USM:φ83.5 × 118mm 約795g フィルター径77mm
            RF24-105mm F4 L IS USM:φ83.5 × 107.3mm 約700g フィルター径77mm

            AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR:φ88.0 × 154.5mm 約1070g フィルター径82mm
            NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S:φ89 × 126mm 約805g フィルター径82mm
            NIKKOR Z 24-70mm f/4:φ77.5 × 88.5(沈胴時)mm 約500g フィルター径72mm

            SONY FE 24-70mm F2.8 GM:φ87.6 × 136mm 約886g フィルター径82mm
            SONY FE 24-105mm F4 G OSS:φ83.4 × 113.3mm 約663g フィルター径77mm
            SONY FE 24-70mm F4 ZA OSS:φ73 × 94.5mm 約426g フィルター径67mm

            Tamron 28-75mm F/2.8 Di III RXD(A036):φ73 × 117.8mm 約550g フィルター径67mm

            サイスと利便性で24-105mmF4のバランスの良さを感じますが、
            タムロン28-75/2.8も捨てがたいです。

            • ken
            • 2019年 4月 23日

            【大元の話が(F2が)F2.8だったらどれくらい安くなるのか
            という話をしてたんで、F2.8がF4だったらという話をしてるつもりは
            なかったんですがね】
            機能(ここでは明るさ)を落とすことによりどのくらい価格を抑えられるのかという考えもありますが
            より明るいレンズが必要だったフィルム時代、F4からF2.8になったらどれくらい高くなるかと考えました。
            この値段の壁は意外と低くかったです。(それでも当時は大枚だったなあ)
            今回のF2.8からF2の壁は数十万だから。。。そうそうと越えられないです。個人的には。
            でもこの壁を越すのに大枚はたく意義のある方々も存在するのは事実だし
            こういったレンズにロマンを感じます。
            しかしレンズってどんどん高くなるなあ。。。

      • 匿名
      • 2019年 4月 18日

      50mm辺りから望遠になると、F2とF2.8では表現が全く違うと個人的には思う。
      50mm以下になると、結構微妙かな。
      28-70だから、50-70辺りはF2のボケ表現の価値がある。
      50mmF1.8と85mmF1.8を買ったほうがいいという落ち。
      85mm辺り以上からはF値一段に対して顕著に効果的だと思う。

        • M-KEY
        • 2019年 4月 18日

        同感です。
        マーケティング上は明るい標準ズームは必要なんですが、
        実用では大きく重く高価な純正F2.8標準ズームは使わず
        F3.5-4.5やF4ズーム+F1.8単焦点という組み合わせが有用です。
        (タムロンA09のようにコンパクトなF2.8標準ズームは使っています)
        ですから F2ズームにするなら「28−70mm」よりも「35−105mm」です。
        いっそ「43−86mmF2」で20万円以下というのもアリかと?

          • ken
          • 2019年 4月 19日

          【実用では大きく重く高価な純正F2.8標準ズームは使わず
          F3.5-4.5やF4ズーム+F1.8単焦点という組み合わせが有用です。
          (タムロンA09のようにコンパクトなF2.8標準ズームは使っています)】
          F2.8ズームを否定しているようでタムロンを使用しているのは安価ってのもあるのかな?
          純正の大きく重くってのは運搬時以外は気にならないでしょうし。

          【ですから F2ズームにするなら「28−70mm」よりも「35−105mm」です。
          いっそ「43−86mmF2」で20万円以下というのもアリかと?】
          43-86ってのは結構使うミリ数ですね!それ以上なら望遠ズーム使うし。
          (でもそれを常用しても予備で24-70をバッグに入れてしまいそう)
          F2じゃなくF2.8なら10万以下?

            • M-KEY
            • 2019年 4月 19日

            必要な性能を得られるなら、レンズもカメラも小さいほどいいと考えています。
            その上でリーズナブルであれば、それにこしたことはないです。
            大きく重いレンズは、スタジオならいいのですがロケでは持ち出すのが億劫になります。
            それに高感度特性がよくなった現在、ズームを使う時は明るさの一段差よりも
            ズーム比が大きい方が有用な場合が多いです。
            よって、24-70mmF2.8よりも24-105mmF4を選びますし、28-70mmF2はなおさら。
            それに13群19枚と5群6枚の50mmF1.8の2倍以上の反射面があるので、
            実際の明るさでは、もっと差がある可能性があります。

            >標準ズームがわずかばかり明るくなることに
            >大枚をはたく異議があるのだろうか
            コレに尽きますね

            • ken
            • 2019年 4月 20日

            【大きく重いレンズは、スタジオならいいのですがロケでは持ち出すのが億劫になります。】
            たぶんこのあたりがM-KEYさんと僕との考え方の違いでしょうね。
            より好結果を求める手段として大きく重いレンズを使うことで自分に負担をかけることが億劫かどうかです。
            【それに高感度特性がよくなった現在、ズームを使う時は明るさの一段差よりも
            ズーム比が大きい方が有用な場合が多いです。】
            高感度特性がいかによくなったとはいえ、常識内なら低感度の方が画質的に好結果になると信じてます。(低感度にしたせいでブレが出やすいというのは別の話)
            そう考えると一段分の明るさはギリギリの撮影条件では大きいです。
            高感度特性の進化を信用しすぎると
            手ブレのない安全なシャッター速度、ピンボケのない安全な絞りを得るために必要以上に高感度をつかって
            腕が落ちていく方々の姿を目の当たりにしています。
            何本もレンズ(及びカメラ)を持つには重いのでという理由で高倍率の暗いズームを使っている方はそういった場合が多いです。
            レンズ交換の手間、自分が一歩動くこと(動けない場合もあります)を億劫と思うかどうかも多分にあると思います。
            まあそれほどのクオリティを求められない業務ならば問題ないのでしょうが
            カメラマンとしてはよりいい結果を追求していくべきだと僕は思います。
            もちろんこの辺は考え方や写真に対しての向き合い方の違いがあるので
            どれが正しいということは決められません。

            • M-KEY
            • 2019年 4月 20日

            クオリティを求めるからこそ、F2.8標準ズームよりF1.8単焦点を優先します。
            カメラ位置が制限されて自由度が低い場合はズームやむなしですが
            一世代前の24-70mmF2.8よりもアタリ個体のタムロンA09の方が像のキレが
            良かったですし、一段高感度でキットズームを半段絞って使う方が好結果でした。
            最新の24-70mmF2.8の描写は良いようですが、あのサイズや価格に見合うかどうか?
            でも、中望遠以上ならハイスピードズームの恩恵は大きいです。
            ですから「24-70mmよりも35-105mmや43-86mm」ということです。
            定価12万円くらいで43-86mmF2.8が出たら欲しいです。

            • ken
            • 2019年 4月 20日

            M-KEYさんが書かれているように【億劫】と感じるかどうかですよ。

    • 匿名
    • 2019年 4月 19日

    ken :
    カメラの性能が悪い(この場合、瞳AFが)のは『仕方ない』ので
    それを理解して運用しなかったカメラマン、ピンボケ写真をそのまま乗っけた編集部が悪いってことですか?
    いずれにしろCanonにとってはマイナスな記事でしたね。
    記事チェックしなかった(であろう)Canonの広報も良くないけど。
    でもピンボケ写真をそのまま納品したカメラマンが筆頭かな〜!

    最初から,カメラマン側の不手際だと書いています。

      • M-KEY
      • 2019年 4月 19日

      記名が抜かっていました。

      • ken
      • 2019年 4月 20日

      【【このようなアクティブな撮影でピンを外すのは仕方ないと思います】
      掲載前提のプロなら【仕方ない】じゃダメですよ!】
      と僕も書いていますが。。。

    • 匿名
    • 2019年 4月 20日

    美環ちゃん可愛い。だけでいいじゃない

コメントは利用できません。

カジュアルでガシガシ使えるキヤノン「EOS RP」で美少女を撮影(ASCII.jp)

確かな進化を感じるフルサイズコンパクト――ライカQ2(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User AvatarD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 17:53)
    →フィルムの時代は今程のピント精度は要求されなかったが、デジタルになって要求が高くなった。 結像面でピントの検出を行なっている以上、カメラの組み立て精度の問題が出る。
  • User AvatarnroffD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 17:15)
    →私のコメントは実践に基づいたものではなく、思考実験のようなものなので適当にスルーしてください。 各種掲示板で、「レンズをメーカーに調整に出したらよくなった」といったコメント、フォーカス微調整機能の搭載、専用のDockなど見ますが、どれも基本レフ用なので「レフ機は(のみが)調整が欠かせない」といった思い込みになっているのだと思います。
  • User AvatarM-KEYD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 16:53)
    →センサー自体の精度(ピント検出能)とカメラとしてのピント精度を 分けて考える必要があると思います。 ミラーレス機が「原理的に精度が高い」のは画像用センサ=そのもので 測距するからだと考えています。 一眼レフの場合は結像面とピントグラス、AF専用位相差センサーの3点が 光学的に一致させる必要があり、その光路には1秒間に何度も往復する クイックリターンミラーがあります。 そのクイックリターンミラーとサブミラーが所定の位置で静止している時のみにしか 測距できない一眼レフにたいして、常にセンサーが曝露されている電子シャッター時の ミラーレス機は相対的に測距にかけられる時間が長いというメリットと画像と測距が 固定されているというメリットは大きいです。 たしかに,像面位相差の測距精度は低いでしょうが、それをコントラスト式で補う事で 低い組み立てコストで高性能なAFを実現していると言えます。 TLM方式であれば,物理シャッタ使用時も測距を継続できるというメリットがありますが ソニーはそのメリットよりも像面位相差を進化させる方を選んだようです。
  • User AvatarM-KEY豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 16:31)
    →フジのX-Pro3が「変わり種」と言われていますが,コチラの方もなかなかの「変わり種」 というかモノクロ専用機が、こうして継続できるのがライカのライカたる所以。 残念ながら、国内メーカーからモノクロ専用機は出なさそうですし、出ても一代限りになりそうです。
  • User AvatarD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 15:56)
    →似たような経験があります。その時は撮影の依頼側だったのですが、イタリアの田舎料理の撮影で、こちらが用意した食器が撮影者のイメージにそぐわなく、撮影を中断して一皿一皿、料理に合うお皿を一緒に買いに出ました。 コストも時間も結構オーバーしましたが、撮影結果を見ると、そういうこだわりというか、撮影者の美意識の最低ラインの線引きというのは大切な気がします。
  • User Avatar富士フイルム、2万円台のXマウント単焦点レンズ「XC35mmF2」(デジカメWatch)へのコメント(01/27 15:36)
    →OEMじゃないですけど。サードパーティのレンズということで。
  • User Avatar富士フイルム、2万円台のXマウント単焦点レンズ「XC35mmF2」(デジカメWatch)へのコメント(01/27 15:35)
    →>フジユーザーもニコ爺に劣らず、OEMに敷居高そうなイメージ(個人的感想)ですがどうなんでしょう? Xマウントツアイスの、ディスタゴン2.8/12mm、プラナー1.8/32mm、 M.プラナー2.8/50Mはすべて買って試しましたよ。 フジのレンズとの撮り比べは楽しかったです。 マクロプラナーはすごくいいです。他はまあ、僅差でフジのレンズの方が総合的に描写は優れていると思いましたけど。
  • User AvatarネガティブD800ユーザーD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 15:11)
    →像面位相差の短所の説明をしてくださった匿名さん、ありがとうございます。 なるほど、腑に落ちました。 nroffさんのご心配もわかります。 でもセンサー周りの組付の精度については、心配いらないように思います。 むしろレンズの方の問題で絞りの変化やズームレンズと言いながら実はバリフォーカルレンズだったりしてのフォーカスシフトの方がよっぽど顕著に現れ厄介だと思いますし、これらはレフ機にもレス機にも等しく起こる問題です。 フジのレス機はピントがピークを迎えて「合った!」と思ったところからに後ろにズレる持病があるので、絞りを開けての撮影で後ピン気味に感じることがちょくちょくあります。 像面式だから無条件に精度が保証されるわけではなく、結局は動作させるソフトウェアやそのプログラムの精度など様々な要因が絡むのだと思います。 「世の中には必ずしもベストに調整済みでないカメラがそれなりに存在するよう」というのは、レフ機レス機どちらにも言えることだと思います。
  • User Avatarニコン好き豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 13:48)
    →あんた、いい加減にしたら 私の書き込みを 所構わずパクリ、コピペしてからに すでに私は、ニコンZ7を買ってるのだし
  • User AvatarnroffD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 13:18)
    →一眼レフの位相差センサーですが、 ・像面と物理的に別の場所にある。 ・調整が可能である。 ことを知ってからどうしても信用できません。原理的に高精度・低照度対応だとしても、それは「きちんと調整済」であることが前提ですが、世の中には必ずしもベストに調整済みでないカメラがそれなりに存在するようなので。
  • User Avatarパズルのように隙間をなくしたスリム三脚――Peak Design「Travel Tripod」(デジカメWatch)へのコメント(01/27 13:15)
    →この三脚自体はとても気になるんですが、このナリでこの対過重は本当に信じても良いのかなぁ? 他社とは対過重として想定している状況が違うんじゃないかと勘ぐってしまいます(足を伸ばしていないとき限定とか)
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 12:50)
    →これがニコンだったら、すぐにでも買うのですが ニコンユーザーならレンズは、持ってるからニコンD850は、買いやすい。 つまりニコンD850を持ってる私の事 ソニーα7R IIIだとレンズも買わなくてはならない。 かなり財布と相談しないと踏み切れない。 本音を言うとニコンのレンズは欲しいけどソニーのレンズは、あんまり欲しくない。 私は、ソニーα7Ⅱと24-70F4と35F2.8を持ってます。 ニコンがミラーレス機のフルサイズ機をなかなか発表しないので ソニーα7R IIIを買うかもしれないけどレンズが欲しい気がしないです。
  • User AvatarD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 12:25)
    →> 精度について、センサー面での像面位相差による測距の方が高精度になるのは > わかっているのですが、実際に撮影してみると合ってるようで合ってないこと > もちょくちょくあります。 原理がわかってないな。像面位相差は一眼レフの専用ラインセンサーを使用する場合と比べ、位相差方式でAFを行う限り精度は確実に劣る。理由は以下の通り。 (1)センサーの像面位相差は、専用ラインセンサーの様にセパレーター(一種の拡大レンズ、一眼レフの場合は2.5~3倍に拡大しているから、AFラインセンサー自体の物理的な基線長が20mm程度でも50~60mmに拡大されている)有効基線長を稼ぐことが出来ない。基線長はセンサーの長辺長以上にすることは物理的に不可能。 (2)ラインセンサーは直交するズレのみを感知すればいいので、像面位相差で使用する撮像センサーの素子(エリアセンサー)よりもはるかに大きな開口数が得られ低照度限界が高い。像面位相差は、高画素になればなるほど位相差に使用する素子も小さくなり開口数が悪化する。 (3)撮像センサー側の画像エンジンと独立しているから、撮像センサーの信号を処理する画像エンジンの応答性(CPUのコアの動作クロックやバスクロック)に律束されない。 像面AFが精度が高いのは最後のピントの追い込みにコントラストAFを併用しているから。逆にいうと微小なピントのズレならコントラストAFでも合焦点の前後を往復する移動距離が極少なくて済むので、ウォブリングによる合焦の遅れが目立たないだけ。ただ、最後の追い込みがコントラスト方式だから精度が出るだけの話。
  • User Avatarニコン好き      .D780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 12:07)
    →今、あしかがフラワーパーク駅に居る。 Z7を2台持って歩き回るのに疲れた。 今晩は、足利市のホテルに泊まる。 体力の限界で70-200F2.8は見送るかもしれない。 Zレンズ 24-70F2.8で良いかも知れない あと今月出るZDX 望遠レンズにするかも知れない。
  • User AvatarM-KEYD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 11:59)
    →匿名 : M-KEYはうざいけど部下に居たら、その蘊蓄が役に立つかも知れない。 でも、無能なくせに些末なダメ出ししかしない上司は嫌だな。 相手が上役(というかクライアント)であっても、割と意見をする方なので そういう部分では煙たがられているかもしれません。 強面で有名な人気シェフに対して、盛りつけで写真写りのいいように注文したら 厨房は凍り付きましたが,当のシェフは「どうすればいい?」と訊いてきて ベストショットを得る事ができました。
  • User Avatarニコン好きD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 11:43)
    →成り済ましの偽者が湧いて来た。 **が湧く
  • User Avatarニコン好き      .D780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 11:36)
    →その点私の場合はどこへ行っても人気者ですよ。いつも嫉妬されて迷惑なんですよ。いい加減にして下さい。
  • User AvatarD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 10:42)
    →M-KEYはうざいけど部下に居たら、その蘊蓄が役に立つかも知れない。 でも、無能なくせに些末なダメ出ししかしない上司は嫌だな。
  • User AvatarM-KEY最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 09:29)
    →カップリング式AFでは、レンズの駆動速度はボディ側のAFモーターに依存するので 上位機の場合は、カップリング式の方がレンズ内モーターよりも速いと感じる事はありますね。 でも、少なくとも現行のAF-Sレンズでカップリング式AFより遅いレンズはないのでは? タムロンの28-75mmF2.8XRで、カップリング式からレンズ内モーターに替えた時は AFスピードが遅くなったので驚きましたが,その後に改良されたのか現行の28-75mmF2.8は ストレスのないスピードになっています。
  • User Avatar最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 09:07)
    →けっこう遅いのもあるよね。大口径の重たいレンズやモーターの種類で。 なので圧倒的というより、速いのもあるけど、ボディ駆動のレンズの方が速い場合もけっこうある。
  • User Avatarken最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 08:12)
    →【今はどのレンズもレンズ内にAF駆動用モーターを持っているため(その方がAFは圧倒的に速い】 全ての面で圧倒的に速いんだっけ?そうでもないレンズもあると思うけど。。。

アーカイブ