デジタルカメラ情報サイト

「平成」デジカメ栄枯盛衰史(ITmedia NEWS)

【荻窪圭のデジカメレビュープラス】
平成4年(1992年)、PhotoCD
平成6年(1994年)、デジカメ黎明期の始まり
平成11年(1999年)、デジタル一眼レフが始まる
平成14年(2002年)、デジカメ黄金期に突入
平成20年(2008年)、出荷台数が頂点に

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • 匿名
    • 2019年 5月 08日

    1画素1円の時代がありましたね

    今となっては懐かしいです

    ニコンD1を使ってました

    やっぱニコンだわ

    • 匿名
    • 2019年 5月 08日

    写真も動画も撮れて洗濯も掃除も出来る冷蔵庫がこれからは流行ると思います

    • 匿名
    • 2019年 5月 08日

    Apple QuickTake 懐かしいです。
    速攻で買いました。中の人はコダックでしたけど。
    アップル、また何か面白い映像関係のデバイス出してくれないかな。

      • 匿名
      • 2019年 5月 08日

      映像デバイスとしての世界最大シェアはiPhoneシリーズだと思う
      世界シェアではAndroidが大きいが、あれは単一のシリーズではない
      iPhoneの新型はトリプルカメラらしい
      https://www.gizmodo.jp/2019/04/2019-new-iphone.html

    • 匿名
    • 2019年 5月 08日

    私は写真が撮れるアメックスカードを持っていますからね

    時代は変わったものです

      • 匿名
      • 2019年 5月 08日

      別のスレでやってくれ

      荒れるから

      • 匿名
      • 2019年 5月 08日

      オレなんか写真に撮れるアメックスカードだぜ。

      • 匿名
      • 2019年 5月 08日

      オレなんてグリーン車に乗れるSuicaカードだぜ

    • 匿名
    • 2019年 5月 08日

    Photo CDよりも前にニコンのCoolscanをMacで使っていた。

      • 匿名
      • 2019年 5月 09日

      職場でしたが初期のCoolScan(CD-ROMドライブと同じサイズのやつ)を使ったことがあります。
      ポジからの読み込みはともかく、ネガからの読み込みは色の反転処理に苦労しました。
      シャドウ部のノイズやダイナミックレンジはあまり褒められたものではなかったですが、当時シャドウ部にすだれノイズが乗った写真を収録した写真素材集が堂々と販売されていて、それよりは画質面では十分上でした。(写真そのもののクオリティは知らない、あぁ聞こえない)

      ちなみに試しに使ってみたPhoto CDのデータは、見事に色ずれしたデータが記録されていました。しかし一緒に頼んだ同時プリントではそのようなズレは無い。
      どうもフィルムからの読み出しセンサーがずれてしまっているのを、プリントの書き込み側で補正しているのが原因のようで、同時プリントでは正常、しかしCD-Rに書き込まれたデータは見事に色ズレ(レジズレ)でした。

    • nroff
    • 2019年 5月 08日

    PhotoCDはハイライト部の光が滲むのが不満でした。でも当時はそれしか選択肢がなかった。
    ProPhotoCDとかもありましたが、値段が高くてやったことはありません。
    スキャナはもっと高画質だったけど、取り込みに時間がかかりすぎて根気が続きませんでした。

    • 匿名
    • 2019年 5月 09日

    このPhotoCDの作例、結構シャープですね。
    当時の業務用フィルムスキャナだからでしょうけど。
    単焦点のコンパクトカメラ+安いネガフィルムの割には解像してる。
    EXIFの中の
    Date/Time: 1994-08-03 20:01:11
    もすごい時代を感じさせますな。
    擬色がちょっとあるので、lightroomで消したりもしてみました。

    • 匿名
    • 2019年 5月 09日

    「カメラ好き、写真好きの人がいなくなることはないだろう」後者はそうだろうが前者は限りなく無に近づくだろうね。。。

    • 匿名
    • 2019年 5月 13日

    2000年頃にカメラを始めたときに、当時メディアとしてCD-Rが減益だったこともあって
    PhotoCDの説明などで「大容量のCDに写真を~~ さまざまな機器で閲覧できる~」的な説明を読んで
    PhotoCDも扱ってみたいなぁなんて思われていました

    今はどうだかわかりませんが、初心者向けの説明で、
    媒体がリリースされた当時の説明のままで「今となっては時代遅れな」なものに「先進のデバイス」であるかのように書かれていて混乱させられました

    • 匿名
    • 2019年 5月 13日

    今でもCD-RやDVD-Rはかろうじて現役だよ
    2000年ごろ現役だったのに今は見る影もないのがMO

      • ken
      • 2019年 5月 13日

      スーパーフロッピーは認知される前に消えてしまった。
      ボンダイブルーiMacと一緒に大枚はたいて買ったのに。。。

        • 匿名
        • 2019年 5月 14日

        スーパーフロッピーなんて元々ないんだが?

          • M-KEY
          • 2019年 5月 14日

          大容量型の次世代フロッピーディスクは「スーパーディスク」と呼ばれていましたが
          普及以前の問題でしたし、同時期のZIPもMOの普及した日本では広がりませんでしたね。
          CD-R/DVD-Rですが、まだデータ納品では現役で使っています。
          ソニーはこの夏に市場から撤退すると聞き確保しようとしたら
          すでに生産完了でCDーRは在庫撤廃、DVD-Rは1ケース確保できました。
          まだ三菱やマクセルは販売を継続していますが、そろそろレガシーメディアになりそうですね。

          • ken
          • 2019年 5月 14日

          【スーパーフロッピーなんて元々ないんだが?】
          正式にはスーパーディスクですね。ご指摘ありがとうございます。
          当時はスーパーフロッピーで結構通じたよ。
          ググッてもスーパーフロッピーで繋がるし。
          とはいえご指摘があったのでこれからはスーパーディスクで覚えます。
          ごめんなさい。

          ディスク自体は高価でほとんど買いませんでしたが
          普通のフロッピーディスクに多めに入れられるのが魅力で買いました。
          パソコン初心者にはフォーマットとかが面倒だったけど。

コメントは利用できません。

素晴らしい写りと使い勝手と重さの名機、「LUMIX S1R」(ITmedia NEWS)

自然光にストロボを足して作品力アップ!Profoto Connect活用術(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ