デジタルカメラ情報サイト

自然光にストロボを足して作品力アップ!Profoto Connect活用術(デジカメWatch)

【特別企画】
簡単操作でオフカメラライティングを身近に
by 武石修

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • 匿名
    • 2019年 5月 09日

    オフカメラライティング、うん、言いたいことは分かるんだけどね。
    カメラマン一人だと、大変なんだよね。
    指示通り動くアシが入ればいいんだけど、アマチュアなんで難しい。
    一応、バンク3個、スタンド2台持ってるけど、
    公園とかでセッティングするのも、割と難しい。
    後は、太陽を光源にするか。
    その場合、所定の時間になるまでその場で待機だし。
    アマチュアレベルでモデルを待機させるのもかなり困難だ。
    要するにお金の問題なんだけどw
    被写体と、ライティング(面光源)を用意するのが最強だ。
    アマチュアでやるのはすごいコスト面で大変だ。
    まあ、サークルでやればいいんだろうけど、
    囲み撮影みたいになっちゃって、なんか本当のポートレイトじゃないよね。

    この手の記事を読むと上記のことをいつも思うw

    • 匿名
    • 2019年 5月 09日

    > 被写体と、ライティング(面光源)を用意するのが最強だ。

    その通り。一人でやる場合は、A1×2とアシスタントよりも、B10を1台でスタンドにOCFソフトボックスの方が簡単に綺麗に安上りで撮れるからね。
    それと、Profoto Connectは何気に使いづらい。これマニュアルでの使い勝手を考えてない。GodoxのX Proトランスミッターの方が何倍も使いやすい。TTLならニッシンやGodoxよりもProfotoの方が正確だけど、オフカメラで屋外でTTLって背景の空の入り具合で光量が変化するTTLじゃ、オフカメラの意味がなくなる。ProfotoのAirスリーズのトランスミッターは、そもそもいちいちストロボのバリエーターを弄らずに多灯でも手元でそれぞれの光量を任意に弄れるというコンセプトの筈だったけど、なんでこうなってしまった。こりゃ、Godox V1を叩かないとやられてしまうわな。

    • M-KEY
    • 2019年 5月 10日

    オフカメラフラッシュ撮影ですが、室内ならともかく、屋外だと風との戦いになりますね。
    モデルが複数いるとか、マネージャーがいれば、アシスタントとして小型のバンクライトを
    持ってもらえますが、マンツーマンの場合はオンカメラで妥協することが多いです。
    しかし、この記事を見るとゴドックスAD200が欲しくなります。

      • 匿名
      • 2019年 5月 11日

      屋外でスタンドにソフトボックス(アンブレラは風に弱い)の場合、ダイソーの2lのペットボトル用ホルダーで2lのペットボトル飲料を3つぶら下げると流石に6Kgのウェイト噛ませたのと同じだから、ちょっとの風では動かなくなるよ。ペットボトルでなくてもポリ袋に公衆トイレの手洗い場から調達した水を入れて詰めても同じこと。
      いまからAD200買うなら、正規流通品ではないが既に上位バージョンのAD200Proがアマゾンで予約可能になっているからそっちを検討したほうがいいかも。Broncolorからの生産委託を通じて習得した色温度安定化機構があるから、業務用途ならProバージョンがだろうね。マスター機能がなく、スレーブ専用だからそもそも技適の対象外だから、電波法違反の問題もない。Amazonのプレミアム会員なら、倒したとか落としたとかは駄目だが、正常な使用状況での不良は何回でも交換してもらえるから、下手に修理にだすよりも手っ取り早い。

        • M-MEY
        • 2019年 5月 11日

        情報ありがとうございます。
        ペットボトルホルダーはいいアイディアですね。
        https://www.kirin.co.jp/products/softdrink/fire/oneday/
        今だとペットボトルホルダー付きなので砂を入れたら約1.2kg、
        1リットルのボトル3本で6kgになりますね。
        でも風が強い場合、ウエイトがは10kg近くでも不安です。
        (コメットのスタンドウエイトに鉛玉約3kgを入れたモノ×3)
        位置の微調整も含めて、アシスタントがいる方が安心です。
        ワンオペだとウエイトも一人で運ばないといけなくなるし
        水道が近くにあるとも限らないので、ケースに応じて
        臨機応変で対応していきたいと思います。

        AD200を買おうと思っていましたが、そろそろ新型が出そうな気配で、
        AD200Proの登場は朗報、5000円アップ以上の御利益がありそうです。

    • 匿名
    • 2019年 5月 15日

    Profotoが早くもA1X出してきたね。A1ではSony用を出す出すといってついに出さなかったが、今度はSony用を出してきた。
    でも、フジ用を出した方が良かったと思う。トランスミッターのAir Remote TTLはヨドバシや銀一等でフジ用はよく欠品になるのに、Sony用は一度も欠品になったことないから。実際Sony用は売れてないらしい。SonyユーザーはSony側でGodox弾きしていて実際相性よくないが、Godox買うんだよな。Sonyの方から無償で仕様公開して土下座して対応してもらったProfotoの方が圧倒的に相性はいいのにね。

      • 匿名
      • 2019年 5月 15日

      新型と言うが、バッテリーが変わってファームアップしただけで本体は同じっぽいね。

        • M-KEY
        • 2019年 5月 16日

        二年たらずで旧製品?
        と驚きましたが、実際にはファームアップとバッテリーの変更で
        本体は(おそらく)変わっていないようで少し安心しました。
        とは言っても、この価格では手を出しにくいです。
        たしかにGODOXをソニー機で使うには手順というか
        面倒な作法が必要ですが、ボタン呼び出しの操作性の方が
        問題としては大きいし、ニコンでも通信不良は時々おきます。
        フジ用の絶対数が少ないという可能性もありますが、
        フジ機のユーザーの方が機材に予算をかける傾向が強いようにも感じます。

          • 匿名
          • 2019年 5月 16日

          ProfotoとGodoxの大きな違いは、Profotoは正規にライセンスしてもらって各社のTTLやHSSに対応している一方、Godoxはリバースエンジニアリングで独自解析ということ。それから、キヤノンとソニーは結構露骨にサードパーティ(ライセンス契約なしにリバースエンジニアリングするところ)の互換ストロボ弾きをしている。だから、Godoxのソニーとキャノン用はファームのアップデートをまめにやらないと発光すらしない、発光不良の頻発、HSSでの露出ムラやTTLが使い物にならない等の問題がでてくる。Godoxのニコン用だと純正、ProfotoやMETZなら1/250や1/320まで通常のシンクロ(TTL但し少しGNが落ちる)が出来るのにGodoxとニッシンでは1/200を超えると上位機でもFP発光になる(これニッシンも同じ)。フジだと発光ミスが多いのとバウンスするとTTLの調光が不正確。
          フジユーザーでProfoto選択が多いのは、GFXユーザーが動作が純正同等なProfotoを選択するから。
          でも、Sonyはカメラはα9でも使っている層もなかなかProfoto買わないみたいだよ。α9ユーザーがProfoto買ってくれていれば、フジ用並みには売れているはずだから。

コメントは利用できません。

「平成」デジカメ栄枯盛衰史(ITmedia NEWS)

キヤノン、フルサイズミラーレス用の大口径中望遠レンズ「RF85mm F1.2 L USM」(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatarふーま小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 12:10)
    →素のパイプなら太い方が強いのは当然だけど勘合部は??? どうなんだろうね? 俺も良くわからん。
  • User Avatar写真で見る――SIGMA fp(デジカメWatch)へのコメント(10/22 12:08)
    →MSNに 「コンパクトフルサイズミラーレス一眼「SIGMA fp」ハンズオン:持ち運びのしやすさに対して画質良すぎ」 という記事へのリンクがあったのでみてみたんだけど、 写真のサンプルに添えられたテキストで「出てくる写真がこんな感じなんですよね。」とか言ってる割に 作例が、こう、なんというか、「虚無」としか言いようのないもので、さっぱり伝わってこない GIZMODだし、読み手はスマホの写真と比較すること前提なのだろうけど 最近はiPhoneやファーウェイはデジタル処理でぱっと見キレイなのも多いし・・・
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 11:53)
    →ソニーα7Ⅱを使ってるけど 眼の悪い私には、EVF内蔵は便利だけど、なんか愛着が湧かない。 α9とかα7R III 2~3万の値段ならともかく 40万弱とか50万 とてもじゃないけど付いて行けない。
  • User Avatarkenオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 11:29)
    →【別に表明してもいいと思うが、ユーザー以外裏切ったと言えないならあなたが裏切りと思えないとわざわざ表明するのと矛盾してる】 ごめんなさい!僕の読解力の無さなんでしょうが、表明とか何を言ってるのかわかりません! 裏切りを全部書けとは言いませんが、一社だけを責めるのはどうなのかな。。。と。 僕にとってはOM廃止よりFD廃止の方がショックでしたね。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 11:26)
    →ニコン好き : M-KEYさん今日は >どちらもメイン使用はAPS-Cで, だったらメモリーがシングルスロットで問題ないじゃん まるで鬼の首を取ったようにニコンZ7/Z6を、ぼろくそに叩いて >(ソニーAPS-Cでダブルスロットが必要ならα7RM3を使っています) それで良いじゃん。 >単焦点を徐々にFEレンズに入れ替えている途中です。 キヤノンがボディー内五軸手ぶれ補正機能を載せて ソニーの旗色が悪くなったら、どうするんでしょうね。 >ZのF1.8単焦点は光学性能の偏重で大きく重く高価で、 ニコンZは、大きく重く高価なのは、駄目だけど ソニーとかカールツァイスで出してるレンズは、 大きく重く高価なのはOKなんですか? >ZシステムそのものがFXとDXの併用を重視していないように見えます。 想定してる客層が違う。 フルサイズZレンズを使いたい方はAFが使えるから、どうぞお使い下さい。 M-KEYはD7500のシングルスロットも叩いていたな α6600はどうなんだろう?
  • User Avatarニコン好き小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:55)
    →フルサイズ用ニコンZレンズは、ニコンZ7/Z6で使うのが 本来の使い方だから、何も問題は無い。 ニコンZ50で使うのは応用だね。 >ZDXのしょぼいラインナップ EOS Kiss Mを買った人は、ほとんどは、キットレンズだけなのでは?
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:38)
    →『ニコンZ50は、フルサイズ用のZレンズが使いたい人は、 AFは出来るからどうぞお使い。下さい』 バカですか? あんたのいい口では「ニコンZには、VRの付いてないレンズしかないが、これをどうする?」 だろ。 『キャノンRFレンズは、IS(手ぶれ補正機能)の付いてないレンズが ゴロゴロ転がってるが、これをどうする?』 まだ理解できてないのか。ZDXの2本のような標準、望遠ズームはRFでもIS付き。Fマウントもそうだが、多数のレンズを揃えてすべて手ブレ補正付きというラインナップはない。ZDXのしょぼいラインナップをメリットと勘違いする愚かさ。
  • User Avatarニコン好き小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:35)
    →>今後APSーC用単焦点はVRなしのがゴロゴロ出てくると思うけどね。 出るかどうかは、知らんけど。 私は、買わないと言うか ニコンZ7が有るから普通にフルサイズ用Zレンズを買うね。
  • User Avatarニコン好き小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:26)
    →M-KEYさん今日は >どちらもメイン使用はAPS-Cで, だったらメモリーがシングルスロットで問題ないじゃん まるで鬼の首を取ったようにニコンZ7/Z6を、ぼろくそに叩いて >(ソニーAPS-Cでダブルスロットが必要ならα7RM3を使っています) それで良いじゃん。 >単焦点を徐々にFEレンズに入れ替えている途中です。 キヤノンがボディー内五軸手ぶれ補正機能を載せて ソニーの旗色が悪くなったら、どうするんでしょうね。 >ZのF1.8単焦点は光学性能の偏重で大きく重く高価で、 ニコンZは、大きく重く高価なのは、駄目だけど ソニーとかカールツァイスで出してるレンズは、 大きく重く高価なのはOKなんですか? >ZシステムそのものがFXとDXの併用を重視していないように見えます。 想定してる客層が違う。 フルサイズZレンズを使いたい方はAFが使えるから、どうぞお使い下さい。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 10:15)
    →ははは、ニコンのことになると急に都合のいい解釈するんだな、恥ずかしいやつ。 今後APSーC用単焦点はVRなしのがゴロゴロ出てくると思うけどね。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:54)
    →>こっちが本業で稼いでる ニコンも稼げるようになろうね。
  • User AvatarM-KEY小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:35)
    →私は、FマウントとEマウントの35mmフル機とAPS-C機をシームレスで使っています。 どちらもメイン使用はAPS-Cで,35mmフル機でもAPS-Cで使う事が多く 画角や要求解像度で必要な場合にのみ35mmフルを使います。 (ソニーAPS-Cでダブルスロットが必要ならα7RM3を使っています) Eマウントの場合は先にAPS-Cでレンズを揃えていたので、 単焦点を徐々にFEレンズに入れ替えている途中です。 (コンパクトな35mmF1.8はAPS-C用を継続使用) FマウントのDXは10-24mmと18-200mmのみで後はFXです。 (18−55はイベント貸し出し用で自分では使っていません) 35mmフル用レンズをAPS-Cで使うと口径食が目立ちませんし 最大撮影倍率が稼げると言う効果もあり、リーズナブルで小型軽量の FマウントのF1.8単焦点レンズの恩恵は大きいです。 が、ZのF1.8単焦点は光学性能の偏重で大きく重く高価で、 DX機ユーザーにとっては手を出しにくいのが残念です。 ZシステムそのものがFXとDXの併用を重視していないように見えます。
  • User Avatarオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:27)
    →何とかして自分の主張を正当化しようとそれぞれのコメントにあの手この手で言い返してるから、だんだん支離滅裂になってくる。 最低だな。
  • User Avatarオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:19)
    →>だってM4/3ユーザーじゃないのに裏切った!と騒げないでしょ。 別に表明してもいいと思うが、ユーザー以外裏切ったと言えないならあなたが裏切りと思えないとわざわざ表明するのと矛盾してる。言い逃ればかり考えるから辻褄あわなくなるんだよ。 >OLYMPUSだけが裏切りばかりするみたいな感じで。 いちいち全部書かないといけないって、正気ですか? それにOLYMPUSは群を抜いて、ユーザーにデメリットが大きい裏切りの回数が多いと思う。スマメに失敗したあとxdピクチャーカードで同じ失敗をしたことなどは、同情の余地はない。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:14)
    →DX16-50mm は軽くて小さくて、よく頑張ったなあと思うよ。 DXミラーレスにふさわしいレンズ。 でも50-250mm は一眼レフ用のエントリークラスと何ら変わらない スペック。間に合わせ感が半端ない。 到底エンスージアスト向けとは思えない。 まあ手抜きじゃなくて、標準ズームで力尽きちゃったんだろうね。
  • User AvatarM-KEYオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:10)
    →一眼レフのフォーサーズユーザーでしたが、MFTが裏切りだなんて 微塵も感じていません。 むしろ、ミラーレス化によって大幅に小型軽量化することで フォーサーズが延命できる訳で歓迎でした。 充分な移行期間もありましたし。 FDからEFマウントへの変更も、当時はショッキングでしたが、 実際には、EOS発売後もFDシステムも並売されていましたし マウント変更しなかったニコンやペンタックスでもAFの恩恵を 受けるなら、AFボディとレンズを購入する必要はあり、 結局は、どちらもユーザーの負担はたいして変わらないと。 旧ユーザーが置いてけぼりになったと言う点ではミノルタの方が 深刻だったと思います。 オリンパスだってOMのAF化には失敗したものの、OMシステム自体は 21世紀になるまで継続(新製品も登場)していました。 xDピクチャーカードは廃止よりも、むしろ出した事の方が デジタルカメラ業界全体に対しての裏切りというか愚行でしたね。 (当時のレンズ一体型デジタルカメラのリーディングだった驕り) 当時、スマートメディアからSDカードへの移行は、ほぼ既定路線で 第4のメディアが出るなんて誰も想像していませんでした。 裏切りというなら、あれだけ期待されたDLの発売中止、 不変と言いながらも,どんどん古い製品を切り捨てるFマウント、 まったくの期待外れのZ7/6を出したニコンの方が罪は重いかも? 廃止のプロという観点でも「Nikon1」「KEYMISION」「NIKONOS」と 代替手段を用意しないという点では、なかなかあなどれません。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:07)
    →AFもVR手ぶれ補正機能も使えますよ。 訂正 AFもボディー内手ぶれ補正機能も使えますよ。
  • User Avatarニコン好き小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 09:03)
    →まず ニコンZ7/Z&とEOSR・RP それと ニコンZ50とEOS Kiss M は、想定する客層が違う。 ニコンZ50とEOS Kiss Mは、ダブルズームレンズキットでお使い下さい。 と言う客層 ニコンZ50は、フルサイズ用のZレンズが使いたい人は、 AFは出来るからどうぞお使い。下さい EOS Kiss Mは、RFレンズは、使いたくても使えない。悲しい~~~ ニコンZ7/Z&とEOSR・RPは、どうぞフルサイズ用レンズ ZレンズとRFレンズをお使い下さい。 ただし ニコンZ7/Z&は、フルサイズ用ZレンズもAPS-C用ZDXレンズも両方 AFもVR手ぶれ補正機能も使えますよ。 EOSR・RPは、フルサイズ用RFレンズレンズは、使えるけど APS-C用EF-Mマウントレンズは使えない。悲しい~~~ しかも キャノンRFレンズは、IS(手ぶれ補正機能)の付いてないレンズが...
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 08:53)
    →のび太とスネ夫とジャイアンの悪いところを足して5倍した感じだな。
  • User Avatarkenオリンパス、エントリーミラーレス「PEN E-PL10」(デジカメWatch)へのコメント(10/22 08:52)
    →【自分本位で他者の立場におきかえられない、それがあなたの悪いところだよ。】 だってM4/3ユーザーじゃないのに裏切った!と騒げないでしょ。 OMのときは少し残念でしたが。 【おれは:Canonが裏切りじゃないなんて一言も言ってないが?】 裏切ったとも一言も言ってないよね。 OLYMPUSだけが裏切りばかりするみたいな感じで。
  • User Avatar小型ボディに秘められた実力を検証――Nikon Z 50(デジカメWatch)へのコメント(10/22 08:49)
    →>口径が大きいと強度が増す マウントとの接合面積の違いでは?

アーカイブ