デジタルカメラ情報サイト

デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」10週連続1位(ITmedia NEWS)

【デジタルカメラ総合販売ランキング(4月1日~4月7日)】
by 佐々木千之,ITmedia

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (16)

    • 匿名
    • 2019年 5月 14日

    Nikonは廉価版ミラーレスがないのが致命的になったようだ。早く巻き返して貰いたい。Nikonが浮上しないと業界のバランスが悪い。

      • 匿名
      • 2019年 5月 14日

      nikon 1という廉価版ミラーレス機があったんだけどね。あれがどうしようもない失敗作で….(-_-;)

        • ken
        • 2019年 5月 14日

        あれはほぼほぼコンデジでしたからねえ。。。
        しかもそんなに安くなかったし。

          • M-KEY
          • 2019年 5月 14日

          Nikon 1 の失敗はニコン自体の「やる気のなさ」が見えてしまったのが原因でしょう。

          • 岩清水
          • 2019年 5月 14日

          ユーザーは一眼レフを置き換える規格を期待していたと思うのでそういう風に見えてしまったのだと思います。せめてDXならそのままアダプタでDXレンズが使えていたから存続した可能性があったと思います。ちょっと小型化にこだわりすぎましたね。

          • 匿名
          • 2019年 5月 16日

          Nikon 1撤退の一番の原因はセンサー供給元のAptinaがOn Semiに買収されて民生用センサーの生産をやめたことでしょ。もちろん、ビジネス的に成功はしてなかったが、交換レンズ群もあるから、銀塩のFM10の様な形でほそぼそと続けるということもできただろうが、なにせセンサーがなくなれば作れないから、終わりにせざるを得なかった。
          Sonyに頼めばといっても、Nikon 1のセンサーは格子状に位相差素子を配することでクロスセンサー化することで像面位相差のみで一眼レフに近い位相差AFの性能をだすというものだから、Sonyに委託したらすぐにリバースエンジニアリングで解析されてしまうからね。苦労して国際特許を取った技術だから、外に出したくはないだろう。運の悪いことにもう一つの機密を厳守してくれるセンサーの製造委託先のルネサスが丁度経営再建のリストらの嵐でゴタゴタしてて、D5のセンサーを東芝に譲るくらいだったからね。経営持ち直しお手米国の半導体メーカーを買収しまくっている今のルネサスなら引き受けられただろうけど、On Semiの民生センサー撤退の時点では無理だったわけだから。

          • 岩清水
          • 2019年 5月 16日

          まあ、センサの供給が止まったのが原因としてもレンズのラインナップの寂しさからして、やっぱりあまり売れてなかったのかなと思います。特にF2.8通しの標準ズームがないのが不便ですね。

            • M-KEY
            • 2019年 5月 16日

            1型センサーという事を考慮すれば
            F2.8ではなく、F2クラスの標準ズームが欲しかったです。
            それこそ、DLの8.8-31-3mmF1.8-2.8がニコン1用なら魅力的だったのに・・・

        • 匿名
        • 2019年 5月 16日

        動体AFが結構いい(機種があった)のとマウントアダプタでFマウントレンズが超望遠に早変わりだったので、鳥撮りには評判よかった記憶が。

        まあ1インチコンデジがあんなに出てくるとは想像してなかったのでしょうね。

          • 岩清水
          • 2019年 5月 16日

          200-500のAFが動かないのが痛い。タムロン製らしい。

      • M-KEY
      • 2019年 5月 14日

      廉価ボディ、Z6から何を引けばいいんでしょうか?
      Z7/6の筐体にD5600センサーはアリだとは思いますが、
      その場合、10-20mmF4、16-80mmF4、18-140mmF3.5-4.5
      あたりが必要になります。
      それよりも35mmフル用の撒き餌レンズが先だと思います。
      廉価ボディよりは28-70mmF3.5-5.6付きのZ6がキャッシュバック込みで
      実質20万円のほうがずっとインパクトがあると思います。

    • 匿名
    • 2019年 5月 14日

    大部分の購買層はRマウントとの互換性なんて気にしないってことですね。

      • 匿名
      • 2019年 5月 14日

      このクラスを買う層が何十万もするカメラを買うわけがない
      ┐(´~`;)┌

        • 匿名
        • 2019年 5月 14日

        でもさ、販売の大多数を占めるエントリーユーザがマウントの互換性をあまり気にしないとしたら、あんだけ苦労して変えなかったFマウントってなんだったんだろうなって思う。
        もっと早く変えても良かったのかもね。もしかしたら。

          • 匿名
          • 2019年 5月 14日

          キットレンズで終わる層は、マウントにこだわらないが
          交換レンズを数本買うヘヴィユザーにとってマウントは重要

    • 岩清水
    • 2019年 5月 14日

    7DMKII売ってこれ買いました。AIサーボの食いつきもなかなかで連写も速くなかなか鉄道写真に使えます。でもバッテリがやっぱり持たないんですね。でもメインで使うわけでないので気になりません。メインはあくまでD850です。
    そうそう、いままでニコンのマグニファイヤDG-2でピント合わせをやってましたがビクセンの4倍単眼鏡を使うようになりました。こっちのほうがクリアに見えますね。これならスプリットでなくてレーザーマット面でも合わせられなくもないです。

コメントは利用できません。

滑らかな光が特徴のポケットに収まるLEDライト――Litra torch 2.0(デジカメWatch)

ソニー「α7 III」の猫瞳AFを外猫で試した結果!(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ