デジタルカメラ情報サイト

EIZOクオリティがここまで身近に! “5万円台で買えるColorEdge”の魅力(デジカメWatch)

【特別企画】
どこまで使えるのか? フォトグラファーに聞いてみた
信頼感のある「ColorEdge」ブランド
sRGBでも実用上十分
ハードウェア・キャリブレーションにもしっかり対応
この品質でこの価格!さらに写真を楽しみたい人に
by 榊信康

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 16日

    安いのは良いね。昨年CG279X買ったばっかり。もうちょっと安くならんもんかな。
    センサー内蔵の方が楽だからいいんだけど。

    • 雇われ息子
    • 2019年 5月 16日

    広告記事だし、現物見てないから言いようがないけど、スペックだけ見て
    AdobeRGBと大きさにこだわらなければ、これはこれで十分かもしれないね。
    ウチも基本フロンティアでの銀塩プリントがメインだから。

    しかし5万円台はColorEdgeとしては安すぎだわ。
    今年の初めにCS2730買った身としては、インターフェースのスペックが
    ほぼ同じなので少し悲しいです。

    • 匿名
    • 2019年 5月 16日

    エイゾーの品質は近年とても落ちている。ブランド名だけで売ろうとしている。もう韓国・台湾品と違いはない。

      • 匿名
      • 2019年 5月 17日

      何がどう落ちてるの?

        • 匿名
        • 2019年 5月 17日

        バックライトからの光漏れがひどい。夜景の画像で本来暗黒のはずの部分に光があたっているかのように見える。
        内蔵されているスピーカーも音が出なかった。値段だけが「国産品」レベル!(苦笑)

          • 匿名
          • 2019年 5月 17日

          それでも、価格差が殆どなくなれば韓国台湾のハードウェアキャリブレーション付モニターと違って、何かあった時にすぐに国内のサポートに持って行けるのは大きな差。たとえ有料修理でも納期が圧倒的に違う。韓国台湾はサポートが糞。修理してくれても本国送りになるから、納期が滅茶苦茶長い。

            • 匿名
            • 2019年 5月 17日

            「何かあったときすぐに」って 何があるんだ?
            iMac Retinaを5年間使っているが何も問題起きてない。

    • 匿名
    • 2019年 5月 16日

    EIZOのモニター持ってるけど、最近はiMacでしか作業してない。
    カラーマッチングっていうけど、モニターとプリントは透過と反射だからまったく別物なんだよ。
    極端に色味が違うのは困るけど、基本は出力に対して調整するものだからなあ。
    しかし安くなったもんだね。

      • 匿名
      • 2019年 5月 16日

      カラーマッチングなら出力媒体に合わせるだけだから、
      手元にターゲットとする出力環境があれば理屈だと
      どんなモニターでも合わせられる。
      でもそれが難しいからiMacだけで作業する方が効率的、ということかな?
      Retinaの細かいのが好きなだけだったら、それは知らん。

      • nroff
      • 2019年 5月 17日

      色域が狭くダイナミックレンジが小さい紙(プリンタ)に合わせてモニタの表示品質を落とすのは、楽しくないなぁ。

      最終型はマネージメントされてないスマホやパソコンで観るのだから、アマチュアはこだわりすぎても、という気がします。

      そんなに皆さんプリントするのですか?

        • 匿名
        • 2019年 5月 17日

        色域比べたら一目瞭然プレビューかけた時点でかなり残念感が漂う、写真家を目指してる人は経歴に書けるから紙媒体に印刷して個展を開く意味は少しはあるだろうけどそれも変わってくるだろうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

七工匠、1万円台で買える50mm F1.8(デジカメWatch)

ニコン、瞳AF対応など「Z 7/Z 6」最新ファームウェアを公開(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ