デジタルカメラ情報サイト

ミラーレスカメラのオートフォーカス(デジカメWatch)

【ミラーレスカメラ・テクノロジー(その3)】
コントラスト検出方式と位相差検出方式
それぞれの方式の長所、短所
トランスルーセントミラーAF
像面位相差AF
デュアルピクセルCMOS
空間認識AF
認識技術との連携
by 豊田堅二

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • 匿名
    • 2019年 5月 30日

    ずうっと以前、ニフティのSNIKONフォーラムでトヨケン先生に随分お世話になった。
    その後も写真関係の集会で何回かお目に掛かったが、何時もながら解説は明快で分かり易い。
    デジタル一眼の時代になり、トヨケン先生のような多くの機械工学の専門家達がカメラメーカーを離れて行かれた。
    カメラは精密機械から電子機器に変わってしまい、当方もフルサイズからMFTまでデジタル1眼のお世話になっているが、ニコンSP、F、F2は今でも使用、これらは単に後期高齢者の懐古趣味にすぎないかもしれないが、自分最大のお宝です。

      • 匿名
      • 2019年 5月 30日

      me too! SNIKONストラップは今も大切にとってあります。ペンネームで記事を書かれていたカメラレビュー誌も!

    • 匿名
    • 2019年 5月 30日

    豊田堅二って、金野剛志を名乗っていたこともあったね。作例は一貫して下手だけど。

      • 岩清水
      • 2019年 6月 05日

      チョウセンジンですね、よくわかります。

    • 匿名
    • 2019年 6月 02日

    位相差AFのセパレーターの解説をするなら、ミラーレスの像面位相差はラインセンサーではないからクロスセンサーには出来ないことや、セパレーターに独立した拡大レンズを入れられないから、有効基線長は横構図で36mm・縦構図で24mmが物理的な限界になる。位相差AFだけで合焦まで持っていくには広角から標準では問題なくても、望遠だと精度がでない。レンズ交換式レンジファインダーでは基線長70mm前後が多くて、それで135mmまでが限界だったから、半分の基線長の像面位相差だと75mmの中望遠までが精度の限界ということになるだろう。勿論、ミラーレスはコントラストAFとのハイブリッドだから、位相差AF単独で精度を出す必要もないから望遠でAFの精度が出ないことにはならないが、フィールドスポーツのように目まぐるしく被写体の距離がかわる場合は応答性では今のままでは一眼レフには敵わないことになるから、コントラスト式自体で速度を上げる空間認識AFと像面位相差の組合わせで一眼レフの位相差を応答性でも追い抜くようにしていく必要があるだろう。

      • M-MEY
      • 2019年 6月 02日

      像面位相差には限界があるという観点でいえば、ソニーのTLMは合理的に思えるのですが、
      被写体とのマッティングまで考慮すれば、一眼レフが優位ですね。

        • 匿名
        • 2019年 6月 05日

        位相差での基線長の話だとソニーのTLMも像面も条件は変わらんだろうに。
        どちらでもイメージサークルサイズに縛られるってだけで。

          • M-KEY
          • 2019年 6月 05日

          「クロスセンサー」が使えるという点でTLMが優位かと。

      • 匿名
      • 2019年 6月 02日

      >レンズ交換式レンジファインダーでは基線長70mm前後が多くて、

      距離計連動カメラに無知な人のようだ。そんなに基線長が長いレンズ交換式レンジファインダーカメラ多い訳がない。
      それに、基線長にファインダー倍率をかけ合わせたものが「有効基線長」で実際にはこの有効基線長がピント合わせの精度を決める。

      • 匿名
      • 2019年 6月 03日

      基線長に関しては、像面位相差の弱点だからね。
      そこには触れないライター陣ばかり。
      もっとも、まったく知らない人もいる。
      豊田氏は知ってても伏せているのか知らんが、
      あえて切り込んで欲しかった。
      メーカーへの忖度にはガッカリ。

        • M-KEY
        • 2019年 6月 03日

        像面位相差の場合、測距もTTLだから、焦点距離が長くなると有効基線長も長くなり
        望遠だから精度が出ないということはないと思いますし、
        最終的な微調整を撮影素子上のコントラスト式で行うのであれば
        精度面では一眼レフ用の別体の位相差センサーよりも有利なハズです。

        • 匿名
        • 2019年 6月 03日

        半可通の御仁が距離計精度について述べているが「有効基線長」を知らないのか?
        忖度以前に匿名氏の無知のほうが恥ずかしいよ。

    • 岩清水
    • 2019年 6月 05日

    ミラーレスの場合は絞ると暗所の精度が落ちるので、まだまだ一眼も捨てがたいんですよねー

コメントは利用できません。

1本で様々なシチュエーションに対応 ポートレートが楽しくなるレンズ――TAMRON 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD(デジカメWatch)

1億200万画素ミラーレス機の各部とメニューをチェック――FUJIFILM GFX100(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ