デジタルカメラ情報サイト

タムロン、”究極”を目指した「SP 35mm F/1.4 Di USD」正式発表(デジカメWatch)

SPシリーズ40周年 同社技術を結集した一眼レフカメラ用レンズ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (36)

    • 匿名
    • 2019年 6月 06日

    価格の初値は105000円か。1.8の初値が75000円だったので、安い。1.8が高過ぎただけか。

    • 匿名
    • 2019年 6月 06日

    Eマウント専用のやつも作って欲しいな

    • 匿名
    • 2019年 6月 07日

    ニコンZマウント専用のやつも作って欲しいですね。

      • 匿名
      • 2019年 6月 07日

      何を寝ぼけた事を言ってるんですか? 純正レンズが一番良いに決まっているではありませんか。

        • 匿名
        • 2019年 6月 07日

        そりゃそうだ。
        確かに純正の方が良いですね。
        寝ぼけた事言った見たい。
        失礼しました。

    • 匿名
    • 2019年 6月 07日

    一番安いMacProが60万越えの時代だよ?40年の技術を結集したと言うならもっと値段を上げても良さそうなものだが

      • 匿名
      • 2019年 6月 07日

      Macはむしろ安くなってるんだよ。昔は200万とか100万超えは当たり前だった。
      私が私用で初めて買ったパワーブックG4Tiはメモリーを含めると60万超えてた。

        • 匿名
        • 2019年 6月 07日

        G4Tiは一番高いやつのベース価格が39万、後期型でもPC133のRAM2枚しか挿せないのに60万越えって事はRAMもハードディスクも当時の一番大きいやつをブッ込んでとにかく値段上げたって感じだぞ?研究費が余ってる地方の国立大学教授とかが業者にぼられてるパターンじゃねぇか?

          • 匿名
          • 2019年 6月 07日

          G3の頃は標準的な仕様で60万円くらいだったが、G4の頃は25万円、G5では20万円くらいだった。
          Mac Proで少し高くなったがそれでも標準的な仕様なら30万円を切っていた。
          あ、モニターは別ね。

            • 匿名
            • 2019年 6月 07日

            新型はモニターだけで50万、スタンド10万、Mac Proをフル装備したら300万越え。

        • 匿名
        • 2019年 6月 08日

        そうだ60万じゃなくてメモリー50万だな
        確かMOやその他の周辺機器を入れて60万超えだったんだ
        でもPower Macになる前のセントリスとかは一番下のやつで70万くらいだったはず
        その前のFXは100万超えだった

          • 匿名
          • 2019年 6月 10日

          Macintoshu FXにメモリフル装備、24ビットビデオカード、
          19インチモニター、モリサワフォント23書体に
          外付けHDDとかMOドライブなどなんやかんやで600万円。
          「Mac買うかポルシュ買うか」で悩んだ時代だった。

            • nroff
            • 2019年 6月 10日

            その時代にはモリサワフォントはそんなに種類出てないですね。

            • 岩清水
            • 2019年 6月 11日

            よくわかります。そのころ私はマック用の19インチモニタの設計をやってましたから。ソニーからブラウン管買ってました。

            • M-KEY
            • 2019年 6月 11日

            三菱のダイヤモンドトロンもソニーのライセンスだったように記憶しています。
            というか、トリニトロンの末期は三菱製で、eMacのモニターも三菱製だといわれていました。

            • 匿名
            • 2019年 6月 11日

            それは違う。

            • M-KEY
            • 2019年 6月 11日

            違うのは
            1)三菱のダイヤモンドトロンはソニーのライセンスでつくられた
            2)トリニトロンの末期は三菱製である
            3)eMacのモニターが三菱製である
            どれでしょうか?

            • 岩清水
            • 2019年 6月 12日

            1990年ころはソニー製でしたが、途中からダイヤモンドトロンのほうが安いのでそちらに変えたと思います。管面が円筒形になっているのがソニーの特許で、ダイヤモンドトロンとトリニトロンの違いは電子銃の構造だったと思います。

      • 匿名
      • 2019年 6月 07日

      今度はMac miniをフルスペックで買う事にしたす

        • 匿名
        • 2019年 6月 07日

        40万越すよ!

          • 匿名
          • 2019年 6月 08日

          MacBook Pro もそれくらいしたから、まぁそれくらいなら良いんじゃない?
          Proだと高いし。

        • 匿名
        • 2019年 6月 11日

        俺は金がないからBig Macで我慢する

      • 匿名
      • 2019年 6月 10日

      80~90年代は「国民機」を謳ったNECのPCが、ロクな性能でもないのに100万円以上になってたなぁ

        • 匿名
        • 2019年 6月 10日

        当時の98エントリーで2、30万程度
        一部の機種でも40前後でしたが100万超えの機種はなんでしょう?

        • 匿名
        • 2019年 6月 11日

        98シリーズで100万円以上の機種なんてなかったような。

        • 匿名
        • 2019年 6月 11日

        そういわれて調べてみたところ、出てきた数字で一番高いのがPC-9821St20/L16の定価850,000円でした(Wikiより)
        失礼しました。

        しかし、全盛期がインターネット以前だったせいか、系統だった情報が少ないですね

        • 匿名
        • 2019年 6月 13日

        たしかPC-09XL系型番の機種が100万円超えてたはず。

          • 匿名
          • 2019年 6月 13日

          すみません、誤入力。
          PC-98XL、です。

            • 匿名
            • 2019年 6月 13日

            http://www.pc-9800.net/db_98/data/pc-98xl.htm

            100万は超えてないような
            産業向けなんかだと色々合わせて100万超える仕様もあったと思うけど、
            「80~90年代は「国民機」を謳ったNECのPCが、ロクな性能でもないのに100万円以上になってたなぁ」とは違うような

            デジカメになってカメラが普及して100万円以上になってた とかいうのと同じだと思うが(一部超えてるし間違いじゃないけどね)

            • 匿名
            • 2019年 6月 13日

            100万円超えたのはPC-98XAだったような
            http://www.pc-9800.net/db_98/data/pc-98xa.htm

    • 匿名
    • 2019年 6月 07日

    究極と言いながらもシグマ1.4の価格は無視できなかったんだろうね。

    • 匿名
    • 2019年 6月 07日

    Macと言えば、PowerMac 8100だろう。

      • 匿名
      • 2019年 6月 09日

      Macといえばパフォーマ5420でしょうよ。
      ブラックボディは神がかり的なカッコよさだった。

      • 匿名
      • 2019年 6月 11日

      Macといえば SE-30だろう。ちょうど30年前に買ったが、メモリー5MB,HDD80MB(GBじゃないぞ)モノクロモニター解像度512×384ピクセルで96万円だった。
      あのころプロポーショナルフォント使えたのはMacだけだったんだ。
      マイコロソフトのWordなんて重たいだけの糞ソフトだったから、軽く動くクラリスワークス使ってパンフレット作っていたわ。

    • 匿名
    • 2019年 6月 09日

    スパルタカスがいい

      • 匿名
      • 2019年 6月 10日

      なつかしす。
      あれはカッコよかったなあ。B&Oのオーディオみたいなデザインだった。
      90万くらいだった?

コメントは利用できません。

焦点工房、APS-C対応のLマウント/Eマウント用レンズ「7Artisans 55mm F1.4」(デジカメWatch)

突撃!月島のスタジオショップ(その3)(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ